「パリピ孔明」“諸葛孔明”向井理が “英子” 上白石萌歌の軍師に転生 「大手レーベルを魏軍とかめっちゃ笑った」

2023年9月28日 / 14:36

「パリピ孔明」 (C)フジテレビ

  向井理が主演するドラマ「パリピ孔明」(フジテレビ系)の第1話が、27日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

  本作は、三国志に登場する蜀の天才軍師・諸葛孔明(向井)が、2023年の渋谷に転生し、ひょんなことから出会ったアマチュアシンガー・月見英子(上白石萌歌)の軍師(マネジャー)となり、英子を成功に導いていく音楽青春コメディー。原作は、「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の同名コミックで、脚本はドラマ「監察医朝顔」(フジテレビ系)などを手がける根本ノンジ。

   2023年のハロウィーンの渋谷に転生した孔明は、若者たちにライブハウスに連れて行かれると、孔明は英子が歌うステージを見て、その歌声に魅了される。

  翌朝、酔いつぶれた孔明は、ライブハウスでアルバイトをしている英子に介抱されると、自分の姿が若返っていることに気付く。するとスマホなどの現代文明に激しい衝撃を受ける。

  その後、三国志オタクのオーナー・小林(森山未來)が現れると、小林は孔明に蜀の武将・馬謖(ばしょく)についての問いを投げかける。すると小林は、孔明をアルバイトに採用する。

  一方、シンガーとして行き詰まっていた英子は「もうやめようかな、歌」と孔明に打ち明ける。すると孔明は、英子を励ますと「私が、あなたの軍師になります」と宣言する。

  またある日、英子のマネジャーとなった孔明と英子は、人気シンガー・ミア西表(菅原小春)のライブを視察に行く。すると、英子はミア西表からイベント出演のオファーを受ける。

  放送終了後、SNS上には、「コスプレっぽくなる孔明をちゃんと孔明にさせる向井理がスゴイ」「上白石萌歌は原作をしっかり読み込んだのがわかるぐらい雰囲気ぴったりの演技ですごい」「菅原小春さんのライブシーン死ぬほどかっこよかった」などの感想が投稿された。  

 このほか、「原作読んでた人もアニメ見てた人も知らないオーナーの引き出し(陣形のジオラマ)が出てきたところでもう優勝だよ」「唯一の欠点はチキチキバンバン(アニメ版OP曲)じゃないところだな」「三国志ギャグちょいちょい入ってくるのがすごく良い。大手レーベルを魏軍とかめっちゃ笑った」といった声も寄せられた。

「パリピ孔明」 (C)フジテレビ

 

 


芸能ニュースNEWS

「厨房のありす」“ありす”門脇麦のピュアな告白に視聴者涙  「ありすを受け止める“倖生”永瀬廉にキュンキュンした」

ドラマ2024年2月26日

 門脇麦が主演するドラマ「厨房のありす」(日本テレビ系)の第6話が25日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、自閉スペクトラム症(ASD)の料理人・八重森ありす(門脇)と彼女と暮らすゲイのシングルファーザー(大森南朋)、彼女の料 … 続きを読む

「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」「今週はまさかの鏑木さんに泣かされた」「天音ちゃんのストーリーからも目が離せない」

ドラマ2024年2月26日

 西島秀俊が主演する日曜劇場「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、“ある事件”で家族も音楽も失った父親と、そんな父を拒絶し、音楽を嫌う娘が、地方オーケストラを通して失った情 … 続きを読む

「おっパン」“大地”中島颯太&“円”東啓介カップルに「尊い」の声 「嫉妬してすねる円先輩がかわいい」「幸せになってほしい」

ドラマ2024年2月26日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第8話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、世間の古い常識や偏見で凝り固まった中年男・沖田誠(原田)が、二回り以上年 … 続きを読む

「離婚しない男」“ナオミ”藤原紀香のハニートラップに反響 “渉”伊藤淳史とのキスシーンが「面白過ぎる」

ドラマ2024年2月25日

 伊藤淳史が主演するドラマ「離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―」(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、妻の不倫に気付かぬフリをしながら、あえて離婚せず証拠収集し、父親が親権を獲得できる率わずか1 … 続きを読む

「不適切にもほどがある!」「笑って泣けて…神回だった。やっぱりクドカンはすごい」「お義父さんの背広♪で涙腺崩壊」

ドラマ2024年2月24日

 阿部サダヲが主演する「不適切にもほどがある!」(TBS系)の第5話が、23日に放送された。  本作は、中学校の体育教師・小川市郎(阿部)が、ひょんなことから1986年から2024年へタイムスリップし、昭和の駄目おやじの「不適切」発言が令和 … 続きを読む

Willfriends

page top