ブラッド・ピット」に関連する19件の記事

【インタビュー】『君が君で君だ』満島真之介「尾崎豊の歌の力が、この映画を調和させている」

インタビュー2018年7月7日

 尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬。自分の名前を捨て、好きな女の子が好きな男に成り切り、10年間、一つの部屋でひそかに彼女を見守り続けた3人の男たち。だがある日、彼女に借金返済を迫る借金取りが彼らの前に現れたことから、平穏だった3人の日々は大きく揺り動か・・・続きを読む

ブラッド・ピット、ファン一丸で鏡開き 最新主演作をアピール「愛の結晶です」

TOPICS2017年5月24日

 Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』ジャパンプレミアが23日、東京都内で行われ、出演者のブラッド・ピットとデヴィッド・ミショッド監督、デデ・ガードナープロデューサー、ジェレミー・クライナープロデューサーが出席した。 本作は、・・・続きを読む

映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』記者会見にブラピ登場、主演・プロデュースの制作秘話を明かす

音楽ニュース2017年5月22日

 Netflix オリジナル映画『ウォー・マシン:戦争は話術だ!』の記者会見が5月22日に行われ、本作の主演・プロデューサーであるブラッド・ピット、メガホンを握ったデヴィッド・ミショッド監督、そしてブラッド・ピットとともにプロデューサーを務める制作会社プランBの代表・・・続きを読む

ブラッド・ピット「男性が一致団結してショートパンツをはやらせよう」 ステージ前方に立ち「歌を歌います」

TOPICS2017年5月22日

 Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』の来日記者会見が22日、東京都内で行われ、出演者のブラッド・ピットとデビッド・ミショッド監督ほかが出席した。 本作は、実在の人物を描いたベストセラーの原作から発想を得たオリジナル作品。将軍・・・続きを読む

ブラピの来日イベントに20組40名様ご招待! 『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』公開記念

音楽ニュース2017年5月5日

 Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』の、レッドカーペットイベントが、5月23日に開催されることが決定した。主演/プロデュースを務めたブラッド・ピットらが登壇する本イベントに、ビルボードジャパンの読者20組40名様をご招待。  『ウォー・マシ・・・続きを読む

【映画コラム】“私映画的“な色合いがとても強い『ムーンライト』

ほぼ週刊映画コラム2017年4月1日

 今年度のアカデミー賞で作品賞、脚色賞、助演男優賞を受賞した『ムーンライト』が公開された。人気スターのブラッド・ピットが、黒人奴隷の受難を描いた『それでも夜は明ける』(13)に続いてプロデュースした作品である。 マイアミの黒人コミュニティ(貧民街)を舞台に・・・続きを読む

アカデミー賞作品賞は『ムーンライト』 『ラ・ラ・ランド』が受賞と誤発表のハプニング

TOPICS2017年2月27日

 「第89回アカデミー賞」授賞式が現地時間26日、米ロサンゼルスで開催され、作品賞を『ムーンライト』が受賞した。 作品賞は一度『ラ・ラ・ランド』が受賞と発表され、キャストやスタッフがステージ上で喜ぶ中、改めて『ムーンライト』が受賞したと発表し直された。「・・・続きを読む

アカデミー賞8部門ノミネートの映画『ムーンライト』、場面写真解禁とともに監督コメント到着

音楽ニュース2017年2月17日

 第74回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)を受賞した映画『ムーンライト』。第89回アカデミー賞では8部門のノミネートを果たした本作の場面写真解禁が、監督のバリー・ジェンキンスからのコメントとともに届いた。  本作は、エグゼクティブプロデューサーにブ・・・続きを読む

ブラッド・ピット×マリオン・コティヤール×ロバート・ゼメキス監督『マリアンヌ』2017年2月全国公開

音楽ニュース2016年9月6日

 ブラッド・ピット主演最新作『ALLIED(原題)』の邦題が『マリアンヌ』に決定。2017年2月の全国公開へ向けて場面写真が公開された。  本作の監督は、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)、『フライト』(12)のオスカー監督ロバート・ゼメキス。主演にはアカデミー賞・・・続きを読む

【映画コラム】球春到来! 野球映画の“ベストナイン”を紹介

ほぼ週刊映画コラム2015年3月28日

 センバツ高校野球に続いて、プロ野球も開幕。いよいよ球春到来ということで、今回は趣向を変えて野球映画の“ベストナイン”を紹介する。 1番『42~世界を変えた男~』(13) 黒人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンの先駆者故の苦悩と栄光を描く。名選・・・続きを読む

【映画コラム】戦争の無意味さや無慈悲、残酷をリアルに描いた『フューリー』

ほぼ週刊映画コラム2014年12月1日

 たった5人で300人のドイツ軍に挑んだ男たちの壮絶な戦いと熱き絆を描く『フューリー』が11月28日から公開された。主演のブラッド・ピットが製作総指揮を兼ね、元軍人のデビッド・エアーが監督した本格戦争映画だ。  舞台は、第2次大戦末期のヨーロッパ戦線。“フュー・・・続きを読む

ブラッド・ピット「子どもたちにおもちゃを頼まれた」 『フューリー』来日会見に登場

TOPICS2014年11月15日

 映画『フューリー』の来日記者会見が15日、東京都内で行われ、出演者のブラッド・ピットとローガン・ラーマンが出席した。  本作は、第2次世界大戦末期が舞台。最後の抵抗を繰り広げるドイツ軍に、“フューリー(=激しい怒り)”と命名された戦車で立ち向かった米軍兵・・・続きを読む

【映画コラム】自由を奪われた者の壮絶な体験を描いた『それでも夜は明ける』

ほぼ週刊映画コラム2014年3月8日

 1841年、ニューヨーク在住のバイオリン奏者で“自由黒人”のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、演奏旅行の帰途にワシントンで誘拐され、奴隷商人を介して南部の農園に売られてしまう。  農園主たちから差別や虐待を受けながら生き抜いたソロモンの12年間の苦闘を・・・続きを読む

【映画コラム】 『パシフィック・リム』から『マン・オブ・スティール』まで。3D映画、真夏の大逆襲!?

ほぼ週刊映画コラム2013年8月10日

 2009年に公開された『アバター』の成功を機に、映画界を席巻した3D(立体)映画。新たな金の鉱脈発見かと騒がれたが、“猫もしゃくしも3Dで”という粗製乱造が災いし、ブームもすっかり下火になった感があった。ところが、猛暑が続く8月の日本で、3D大作が次々と公・・・続きを読む

壇蜜が「Z開脚」を披露 「地球のピンチに愛人は要らない」

TOPICS2013年8月10日

 映画『ワールド・ウォー Z』の日本最速上映会&カウントダウンイベントが9日、東京都内で行われ、壇蜜、お笑いコンビのハマカーン(浜谷健司、神田伸一郎)ほかが出席した。  本作は、全人類を絶滅へと導く“謎のウイルス”の感染の原因を解明するため、カオスと化した世・・・続きを読む

ブラッド・ピット、1年9カ月ぶりに「こんばんは」 アンジーと共に日本語であいさつ

TOPICS2013年7月29日

 映画『ワールド・ウォー Z』のジャパンプレミアが29日、東京都内で行われ、製作・主演を務めたブラッド・ピット、婚約者で女優のアンジェリーナ・ジョリー、マーク・フォースター監督、日本語吹き替え版で声優を務めた篠原涼子、子役の鈴木梨央、佐藤芽ほかが出席した・・・続きを読む

『ワールド・ウォー Z』ジャパンプレミアにブラピとアンジーが登場し、ファンに大サービス

音楽ニュース2013年7月29日

 8月10日に公開される映画『ワールド・ウォーZ』のジャパンプレミアが東京・六本木ヒルズで開催され、主演のブラット・ピットが出席。会場にはアンジェリーナ・ジョリーも連れ添い、集まったファンたちからの写真撮影やサインに応え大サービスのイベントとなった。  今月28・・・続きを読む

ダンテ・カーヴァーが正しいののしり方を伝授 あの優しい“お兄さん”が驚きの急変

ニュース2013年4月5日

 「映画『ジャッキー・コーガン』に学ぶ正しいののしり方講座」発表会見が4日、東京都内で行われ、ダンテ・カーヴァーが登場した。 本作は、ブラッド・ピットがクールな殺し屋を演じるサスペンス劇。登場する殺し屋や裏社会の男たちの“ののしり言葉がすごい”ということで・・・続きを読む

【映画コラム】 今年の洋画界はベテラン・スターたちの“アクション”に注目!

ほぼ週刊映画コラム2013年1月5日

   最近の日本のお父さんたちは元気がなさ過ぎる!? それに比べてハリウッドのベテラン・スターたちの頑張りぶりはすさまじいばかり。40、50代は当たり前、60歳を過ぎても、なお過激なアクションに挑戦し続けているのだ。仕事や生活で疲れたお父さんたちも、彼らの活躍・・・続きを読む

  • 1

page top