山本舞香「改めて、声優さんはすごいなと思いました」 映画『ブレット・トレイン』プリンス役ジョーイ・キングの吹き替えを担当【インタビュー】

2022年8月29日 / 07:00

 伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を、『デッドプール2』のデビッド・リーチ監督が映画化した『ブレット・トレイン』が9月1日から公開される。本作で、ブラッド・ピットが演じる主人公レディバグを翻弄(ほんろう)する謎の女子学生プリンスを演じたジョーイ・キングの日本語吹き替えに山本舞香が起用された。吹き替え初挑戦となった山本に話を聞いた。

山本舞香(ヘアメーク/KUBOKI(Three PEACE)/スタイリスト/津野真吾(impiger) ) (C)エンタメOVO

-今回はどういうきっかけで、吹き替えをすることになったのですか。

 最初は、マネジャーから「ハリウッド映画の吹き替えどう?」という連絡が来て、「えっ、どうしよう。私でいいんですか」みたいな感じでした。でも、せっかく声を掛けていただいたので、やってみたいなと思い、挑戦してみました。自分の声にはコンプレックスがありましたが、声を掛けてくださった方が、私の声が好きだと思ってくださったのなら、それに応えたいなと思いました。

-では、初めての吹き替えはいかがでしたか。

 まず、試写を見て、プリンスのキャラクターや、ジョーイ・キングさんの声のトーンを勉強し、あまり懸け離れないようにしようと思いました。なので、地声からツートーンぐらい上げる感じでいいのかなと思って、ブースに入ってから監督と話し合いながら、作っていった感じです。

-吹き替えをする上で、気を付けたことは?

 声のトーンを上げることと、涙で震える声を何回か練習しました。ただ、私は、感覚でやってしまうところがあるので、一度やってみて、駄目だったらもう一度違う形でやってみようという感じでした。それほど作り込んだり、深く考えずにやった感じです。一人でブースにいると、いろんなことを考えます。一度映像を見てから、声を出してみて、ちょっと違うなと思ったら、「もう一度やらせてください」と何度もお願いしました。今回はとても監督に助けられました。

-普段の演技とは違う感じですか。

 気持ちとしては、普段のお芝居の方が楽です。どちらにしても私は感覚派なので、台本を読み込んだり、演技プランを練るわけでもないので、相手のお芝居を見て、それにハマるものができたらいいなと思っています。

-では、自分の吹き替えも含めて、日本語版を見てどう思いましたか。

 実は、一定のテンションでしゃべってしまい、やる気がなさそうに聞こえる自分の声があまり好きではありません(笑)。だから、日本語版を見ても、何か、慣れない感じがして恥ずかしかったです。その経験を踏まえて、改めて、声優さんはすごいなと思いました。好きな声優さんがやっていると、なおさらです。自分がやってみて、吹き替えに対する考え方が変わりました。声優さんは、声に懸けているんだなと思いました。実在しないものを演じる難しさはもちろんですが、知らない人の声を当てるというのは、その人の性格など、いろいろなことを考えなければできませんよね。それに、表情で表現できないことを声だけでやっているのはすごいと思いました。

-また吹き替えをしてみたいと思いましたか。

 今のところは思っていません(笑)。一度やっただけで、自分から「声優をやりたい」とは言えません。そんなことを言ったら、声優さんに失礼ですし。だから、また声を掛けていただけたら、自分の芝居の幅も広がっていくので、やりたいとは思いますが。自分から安易に「やりたいです」とは言えません。

-ジョーイ・キングとはほぼ同年代ですが、彼女の印象は? また、プリンスという役についてどう思いましたか。

 アフレコをしているときに、サプライズでコメントを頂いたのですが、その感じだとすごく明るい人なんだなと思いました。役としてはサイコパスを演じていたので、22歳でここまでできるのはすごいなと思いました。私も、何か闇があって、というような役が多くて、ハッピーな人物はあまり演じたことがないので、ちょっとつかめば、すぐに入り込めるのかなという気はしました。

-彼女の演技を見て、何か参考になるようなところはありましたか。

 何か取り入れたいなとは思いましたが、日本人が演じるのとは違いますから。日本人がああいうお芝居をすると、見る人は気持ち悪く感じますよね。だから、そこは難しいところだと思いました。

-主演のブラット・ピットについては、どう思いましたか。

 彼の映画は結構見ていて、素晴らしい方だと思っています。「いつか共演したいです」と言いましたが、それは夢のまた夢の話であって、多分無理だと思います(笑)。こうして、間接的にでも共演できたことは、すごくいい経験になったと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top