【映画コラム】タランティーノのハリウッドへの偏愛に満ちた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

2019年8月27日 / 10:02

 クエンティン・タランティーノ監督が虚実を入り乱れさせながら1969年のハリウッドを描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日から公開される。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 本作は、もし、1969年のロサンゼルス(ハリウッド)に、落ち目のテレビ西部劇スターのリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、彼のスタントマンを務めるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)がいたら…。そして、リックの家の隣にロマン・ポランスキー監督と女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が住んでいたら…という一種のおとぎ話であり、パラレルワールドを描いたと言ってもいいだろう。

 物語の骨子は、本作にそっくりさんが登場するスティーブ・マックィーンとバド・エキンズ、あるいは、本作に出演予定だったが亡くなったバート・レイノルズとハル・ニーダムのような、スターとスタントマンとの友情や信頼関係(スター同士のディカプリオとピットがそれを演じる面白さ)に、カルト集団のマンソン・ファミリーによるシャロンの惨殺事件の顛末(てんまつ)を絡めたもの。

 この時代から活躍していたアル・パチーノ、ブルース・ダーンのほか、“タランティーノ一家”のカート・ラッセル、マイケル・マドセンらも顔を見せる。

 また、映画狂で知られるタランティーノが、自らの少年時代への追憶を込めて描いているためか、テレビに映る「FBI」や「マニックス」などのドラマ、カーラジオから流れる「ミセス・ロビンソン」「サークル・ゲーム」「夢のカリフォルニア」といったヒット曲をはじめ、マニアックな小ネタが満載されている。

 それは、例えば、虚の部分では、リックが『大脱走』(63)でマックィーンが演じたヒルツ役の候補になっていた。ブルース・リーとクリフ(ピット)が対決した。サム・ワナメイカーがリックに演技指導をした。リックがイタリア産のマカロニ・ウエスタンのスターになった…など。これらはタランティーノ流のお遊びであり、大笑いさせられる。

 一方、これらは虚実がはっきりしないが、シャロンが出演作『サイレンサー破壊部隊』(68)を映画館でうれしそうに見たり、リーからアクションを習ったり、夫のためにトーマス・ハーディの『テス』(ポランスキーが79年に映画化した)の本を買う姿も映る。こちらは彼女のその後の運命を知っているから、見ていてちょっと切なくなる。

 
  • 1
  • 2

page top