【独占ニュース】ブラッド・ピットが語る『アド・アストラ』製作の裏側 「これまで僕が関わった中で一番大変な映画」

2019年9月19日 / 12:00

 人気俳優のブラッド・ピットが初めて宇宙に挑み、『メン・イン・ブラック』シリーズや日本のCM でもおなじみのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする豪華な共演陣が話題となっている『アド・アストラ』が、9 月20 日(金)から公開される。本作で製作・主演を務めたピットが、本作の製作がこれまでで一番大変だったことを明かした。

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 本作は、ピット演じる主人公ロイ・マグブライドが、宇宙の彼方で消息を絶った父(ジョーンズ)と、その謎の“答え”を探すために宇宙へと旅立つ、衝撃の救出ミッションを描いたエンターテインメント大作。愛する者を地球に残し、かすかな父の情報をたどりながら、広大な宇宙へと旅立つ先にロイが見た真実とは…。

 ピットは「編集の段階になったとき、本作はこれまで僕が関わった中で一番大変な映画になったんだ」と語る。

 と、いうのも「とても繊細な編集が必要だったんだ。ナレーションのたった一行、そして音楽の出だし一つのタイミングのずれで、全てが台無しになる。もとに戻って初めからやり直さなければならなくなったんだ。全編を通してずっとそうだった。その点でとても難易度が高かった」とその詳細を明らかにした。

 ピットは、これまで自身の製作会社プランBエンターテインメントを通してさまざまな作品を手掛けてきた。『キック・アス』(10)や『ワールド・ウォーZ』(13)などのエンターテインメント作品から、『それでも夜は明ける』(13)や『ムーンライト』(16)などのオスカー受賞作品まで、そのジャンルは幅広く、今やハリウッドになくてはならない製作者の一人となった。

 そんなピットをして、“最も困難だった”と言わしめた本作は、超緻密な編集を経て遂に完成。初公開となった第76 回ベネチア国際映画祭での公式上映では、ピットたちの苦労のかいあって、名だたるメディアから絶賛の評を受けた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top