【独占ニュース】ブラッド・ピットが語る『アド・アストラ』製作の裏側 「これまで僕が関わった中で一番大変な映画」

2019年9月19日 / 12:00

 人気俳優のブラッド・ピットが初めて宇宙に挑み、『メン・イン・ブラック』シリーズや日本のCM でもおなじみのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする豪華な共演陣が話題となっている『アド・アストラ』が、9 月20 日(金)から公開される。本作で製作・主演を務めたピットが、本作の製作がこれまでで一番大変だったことを明かした。

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 本作は、ピット演じる主人公ロイ・マグブライドが、宇宙の彼方で消息を絶った父(ジョーンズ)と、その謎の“答え”を探すために宇宙へと旅立つ、衝撃の救出ミッションを描いたエンターテインメント大作。愛する者を地球に残し、かすかな父の情報をたどりながら、広大な宇宙へと旅立つ先にロイが見た真実とは…。

 ピットは「編集の段階になったとき、本作はこれまで僕が関わった中で一番大変な映画になったんだ」と語る。

 と、いうのも「とても繊細な編集が必要だったんだ。ナレーションのたった一行、そして音楽の出だし一つのタイミングのずれで、全てが台無しになる。もとに戻って初めからやり直さなければならなくなったんだ。全編を通してずっとそうだった。その点でとても難易度が高かった」とその詳細を明らかにした。

 ピットは、これまで自身の製作会社プランBエンターテインメントを通してさまざまな作品を手掛けてきた。『キック・アス』(10)や『ワールド・ウォーZ』(13)などのエンターテインメント作品から、『それでも夜は明ける』(13)や『ムーンライト』(16)などのオスカー受賞作品まで、そのジャンルは幅広く、今やハリウッドになくてはならない製作者の一人となった。

 そんなピットをして、“最も困難だった”と言わしめた本作は、超緻密な編集を経て遂に完成。初公開となった第76 回ベネチア国際映画祭での公式上映では、ピットたちの苦労のかいあって、名だたるメディアから絶賛の評を受けた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

【インタビュー】映画『一度も撃ってません』阪本順治監督「こういう時代だからこそ石橋蓮司を見てほしい」

映画2020年6月29日

 ハードボイルドを気取る、売れない小説家の市川進には、伝説の殺し屋というもう一つの顔があった。だが、実は彼は一度も人を撃ったことはないのだ…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃って … 続きを読む

【映画コラム】さらばランボー! その歴史に思いをはせる完結編『ランボー ラスト・ブラッド』

映画2020年6月27日

 『ランボー』(82)から38年。『ロッキー』シリーズとともに、シルベスター・スタローンの俳優人生を支えてきた『ランボー』シリーズの完結編『ランボー ラスト・ブラッド』が公開された。まずは、シリーズの流れから振り返ってみたい。  社会から孤 … 続きを読む

page top