入江悠」に関連する件の記事

【インタビュー】『ビジランテ』大森南朋「こういう映画はずっとあり続けてほしい」鈴木浩介「篠田麻里子さんからは母性の強さを感じました」桐谷健太「監督の中の“毒”みたいなものが映画になった」

インタビュー2017年12月12日

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、三郎の三兄弟が運命に・・・続きを読む

篠田麻里子、仕事初めは“車内ラブシーン” 夫役・鈴木浩介と「そこで覚悟を決めました」

TOPICS2017年12月9日

 映画『ビジランテ』の公開初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、篠田麻里子、入江悠監督が出席した。  本作は、地方都市に生きる神藤家三兄弟の葛藤と衝突を、入江監督のオリジナル脚本で描いた衝撃作。長男・一郎を大森、・・・続きを読む

大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太が爆笑トーク 入江悠監督からのネギの贈呈に「ネギランテ?」

TOPICS2017年11月18日

 映画『ビジランテ』の完成披露試写会が17日、東京都内で行われ、トリプル主演を務めた大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太と入江悠監督が舞台あいさつに登壇した。  本作は、地方都市を舞台に、幼い頃に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員の次男・二郎(鈴木)、デリヘ・・・続きを読む

『22年目の告白』入江監督、原作を超えるため約2年かけ挑んだある問題とは?

音楽ニュース2017年6月17日

 映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が現在大ヒット公開中だが、入江悠監督が、“ある問題”を解決させるために、脚本を約2年かけ完成させたことを明らかにした。  その“ある問題”とは、現在の日本の法律で撤廃されている時効問題だ。原作『私が殺人犯だ』を映画化した本・・・続きを読む

古舘寛治、神木隆之介宅を“お忍び”訪問? 「2人だけの秘密にしていたのに」

TOPICS2016年4月23日

 映画『太陽』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、門脇麦、古舘寛治、入江悠監督ほかが登壇した。  本作は、原因不明のウイルスの拡散によって人口が激減した21世紀初頭を舞台に、太陽の下では生きられないが、若く健康な肉体と高い知・・・続きを読む

神木隆之介に“盛り過ぎ”疑惑!? 神木と古川雄輝の登場に女性ファンが絶叫

TOPICS2016年3月7日

 映画『太陽』の完成披露試写会が7日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、門脇麦、古川雄輝、古舘寛治、入江悠監督ほかが出席した。  2011年に劇団イキウメによって上演された同名舞台を実写映画化した本作は、ウイルスによって世界の人口が激減した21世紀初・・・続きを読む

野村周平、パンツ一丁で迫真ライブ  バースデーサプライズに蛭子能収も感激

TOPICS2014年10月23日

 映画『日々ロック』の完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、二階堂ふみ、前野朋哉、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、古舘佑太郎(The SALOVERS)、蛭子能収、竹中直人と入江悠監督が出席した。 劇中のロックバンド“ザ・ロックンロ・・・続きを読む

  • 1

page top