【インタビュー】映画『AI崩壊』広瀬アリス「初めての刑事役だったので、髪をバッサリ切りました」 三浦友和「若い女性とのバディは初めての経験。楽しくできました」

2020年1月30日 / 10:00

 1月31日(金)に全国公開となる『AI崩壊』は、2030年の日本を舞台に、社会に不可欠な存在となった人工知能=医療AI「のぞみ」の暴走が引き起こす危機を描いたサスペンス超大作だ。本作で「のぞみ」の暴走を引き起こしたテロリストとして追われることになった主人公・桐生浩介(大沢たかお)を追うのが、ベテラン刑事の合田京一と警視庁捜査一課の新米刑事・奥瀬久未。劇中で名コンビぶりを発揮する合田役の三浦友和と奥瀬役の広瀬アリスに撮影の舞台裏を聞いた。

三浦友和(左)と広瀬アリス

-本作は『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)などのヒット作を送り出してきた入江悠監督のオリジナル脚本による作品です。最初に脚本を読んだときの印象をお聞かせください。

広瀬 とてもスケールが大きくてボリュームのある話だったので、読み終わった後に思わず「フー…」っと息を吐きました(笑)。撮影に入ると、初日から大沢さんがグリーンバックを前に講演をするような大掛かりな場面だったので、「どんな作品になるんだろう?」と完成をすごく楽しみにしていました。

三浦 今は原作ものがすごく多いので、オリジナル脚本でこういう風刺的な題材を扱うということに、まず驚きました。スケール感もあって、すごく面白かったです。

-お二人の軽妙なやり取りが面白く、シリアスな物語の中で息を抜ける部分だと思いました。お芝居の手応えはいかがでしたか。

広瀬 最初に監督から「合田を上司だと思わなくていい」と言われていたんです。「合田さんを目上の人だと思っているのかな?ぐらいの感じでやり取りしてくれた方がいい」と。だから、お芝居するときも「きっと三浦さんが受け止めてくださるはず!」と思って、思い切りよく行きました。

三浦 合田は所轄のたたき上げの刑事で、奥瀬は警視庁のエリートです。だから、そこで面白いギャップが出せるといいなと思い、監督に相談してああいう芝居にしました。「面白かった」と思って頂ければうれしいです。

-広瀬さんは、年上の男性の俳優との共演が得意な印象ですね。

広瀬 年上の方とご一緒する機会が多いんです。逆に、同世代の方が少ないですね。何しろ、同世代の方たちが、制服を着てキラキラした映画やドラマに出ている間、私はテレビ東京で「釣りバカ日誌」(「釣りバカ日誌 ~新入社員 浜崎伝助~」15~)をやっていたくらいなので(笑)。だから「頼っちゃおう!」と思って、安心してやっています(笑)。

-三浦さんは、広瀬さんとのコンビはいかがでしたか。

三浦 最初は「きれいなお姉さん」ぐらいの印象しかなかったんです。でも、芝居をしてみたら「才能のある女優さんだな」と思って。おかげで、若い女性とのバディというのは初めての経験でしたが、楽しくやれました。

-それぞれ、お芝居や役作りで心掛けたことは?

広瀬 初めての刑事役だったので、まず見た目から作ろうと、髪をバッサリ切りました。女性らしさを出すよりも、ボーイッシュな感じの方がいいかと思って。25センチ以上は切りました。

三浦 僕も、一人で突っ走る刑事ということだったので、ちょっと変わり者の雰囲気を出そうと、無精ひげにしたり、ボサボサの髪形にしたり、形から作っていきました。桐生を走って追い駆けるシーンでは、とても追いつけるような相手じゃないと思ったので、監督に提案して、途中で彼女に追い越される形にしてもらいました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『#ハンド全力』醍醐虎汰朗「僕らが普段忘れがちなことをポップな形で気付かせてくれる映画」

映画2020年7月9日

 どうにもならない現実やSNSに翻弄(ほんろう)されながらも、熊本地震復興の盛り上げ役となった高校生たちの青春を描いた映画『#ハンド全力』が、7月31日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開される。SNSに投稿したかつての写真がバズったことか … 続きを読む

【インタビュー】PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」上白石萌歌「ゲルニカの人たちに起こったことは決して他人事じゃない」

舞台・ミュージカル2020年7月8日

 演出家の栗山民也と気鋭の劇作家・長田育恵が初タッグを組む、PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」が9月4日から上演される。本作は、栗山がスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来、温 … 続きを読む

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

【インタビュー】映画『MOTHER マザー』奥平大兼 「まるで別人のような長澤まさみさんに引っ張られて、僕も周平に成り切ることができました」

映画2020年7月1日

 17歳の少年が祖父母を殺害した実在の事件をヒントに製作された衝撃のヒューマンドラマ『MOTHER マザー』が7月3日から全国公開となる。長澤まさみ扮(ふん)する自堕落なシングルマザー秋子のゆがんだ愛情で育てられた息子・周平を演じたのが、本 … 続きを読む

page top