蓮佛美沙子「松田龍平さんに引っ張られて、芝居が変わっていった」一人二役で挑んだパニック・スリラーの舞台裏 「連続ドラマW 鵜頭川村事件」【インタビュー】

2022年8月26日 / 12:00

 失踪した妻・仁美の行方を捜して、仁美の故郷・鵜頭川村を訪れた岩森明。だがそこは、血縁や世代間の不毛な争いが続き、絶望に支配された土地だった。その夜、大嵐に襲われた村は周囲との連絡が途絶し、完全に孤立する。そこに起こる連続殺人。仁美の双子の妹・有美と出会った岩森も、事件に巻き込まれていくが…。

 櫛木理宇の同名小説を原作にしたWOWOW初のパニック・スリラー「連続ドラマW 鵜頭川村事件」が8月28日に放送・配信スタートとなる。『AI崩壊』(20)の入江悠監督と主演の松田龍平がタッグを組んだ本作で、主人公・岩森の妻・仁美とその双子の妹・有美の二役を演じたのが、蓮佛美沙子。一人二役で挑んだ撮影の舞台裏を聞いた。

蓮佛美沙子(ヘアメーク:SAKURA(makiura office)/スタイリング:Ami Michihata) (C)エンタメOVO

-謎と殺人事件が積み重なっていく息詰まる物語の中、蓮佛さんが演じた仁美と有美の空気感が全く異なるのに驚きました。二役の演じ分けは、どの程度意識したのでしょうか。

 「双子だから演じ分けよう」みたいなことは一切考えていませんでした。基本的に、一人で一役をやるときも、撮影に入る前にその人を掘り下げていく作業をします。台本に書かれていないその人のバックボーンや歩んできた人生を脳内で全部作り上げる、みたいなことですね。今までも経験はありますが、一人二役の場合、その作業が×2になる感じです。そんなふうに個人個人を掘り下げていき、結果的にそれが違いとして見えたらいいのかな、と。

-では、有美と仁美を、それぞれどんな女性だと捉えましたか。

 足にハンディキャップを抱えている有美は、幼い頃から姉と比較され、それが当たり前の環境で育ってきた女性です。イメージとしては、モノクロの世界で生きてきたような感じ。見るもの全てが灰色で、そこには希望もなければ絶望もなく、それが普通、みたいな価値観で生きてきた女性なのかなと。逆に仁美は、本来はすごく明るくて普通の女性だったと思うんですけど、ある出来事をきっかけに人生が180度変わってしまった。そんな印象です。

-対照的な役なので、現場で有美と仁美を切り替えるのは難しそうですね。

 それは大丈夫でした。私は役を掘り下げてから現場に入って、現場で全部忘れようというタイプなので、「5分後に仁美で」、「5分後に有美で」と言われても「一回、魂を入れているから大丈夫」みたいな。ちょっと変な言い方かもしれませんが(笑)。

-それぞれの役を掘り下げた結果、ご自身の中に定着したものを、その場に応じて「このときは有美」、「このときは仁美」と、引き出しから取り出すような感じでしょうか。

 そうですね。「召喚する」みたいなイメージで(笑)。

-そこまで掘り下げた役を「現場では忘れる」というのは?

 現場では、監督も相手の役者さんもそれぞれの考えがあるので、それに柔軟に対応できるようにしておきたくて。もちろん、台本を読んだ際に、「ここはこうなるんだろうな」と想像はします。でも、それをガチガチに固めて、新しいものが生み出されるのを阻害してしまうのはもったいないと思うんです。私自身も常日頃から「自分はこういう人」と意識して生きているわけではありませんし。だから、一回入れ込んでしまった後は忘れて、素でその人になれるようにと。すごく概念的な話ですけど、どの作品も同じ気持ちでやっています。

-蓮佛さんのお芝居に対する考え方がよく分かりました。ところで、仁美も有美も、松田龍平さん演じる岩森と深く関わる女性です。劇中では、有美として接する場面が多かったと思いますが、松田さんのお芝居に影響を受けたところもあるのでしょうか。

 龍平さんとは初めてご一緒させていただきましたが、これまでの作品を拝見して、唯一無二の空気感や、誰もまねできない立ち居振る舞い、カメラの前でのお芝居まで含めて、すごくすてきだなと思っていました。ただ、今まで龍平さんには、感情をあらわにする印象があまりなかったんです。でも今回は中盤以降、怒鳴ったり叫んだりするシーンが結構あって、それが私にとっては新鮮でした。それに引っ張られて、私の芝居が変わっていった部分はあります。やっぱり、台本から想像したのと違うものに現場で出会えたときって、相手が誰であっても楽しいし、そこに乗っかりたいですから。

-逆に、仁美として接する場合はいかがでしたか。

 仁美としてご一緒するシーンは少なかったんですけど、有美のときとは明らかに違いました。ハッピーなシーンはほぼなかったんですけど、それでもやっぱり夫婦として体温を近くに感じる部分はあって。だから、楽しいシーンがもっとあってほしかったです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

鈴木梨央「特撮映画の魅力を実感しました」子役時代から活躍してきた若手俳優が、ファンタジー映画に主演『カミノフデ ~怪獣たちのいる島~』【インタビュー】

映画2024年7月25日

 高校生の時宮朱莉は、謎の男・穂積(斎藤工)と出会い、特殊美術造形家だった亡き祖父・時宮健三(佐野史郎)が制作を望んだ映画『神の筆』の世界に入り込んでしまう。怪獣ヤマタノオロチによって、その世界が危機にひんしていることを知った朱莉は、同級生 … 続きを読む

児玉すみれ、『怪盗グルーのミニオン超変身』で声優初挑戦「アグネスになりきれるのが楽しかった」【インタビュー】

映画2024年7月24日

 怪盗グルーとその相棒ミニオンたちが活躍する「怪盗グルー」シリーズの最新作『怪盗グルーのミニオン超変身』が7月19日から全国公開された。本作は、グルーとその家族に息子が生まれ、新たな町で身分を隠しながら奮闘する姿を描く。日本語吹替版で主人公 … 続きを読む

すとぷり「初めてのことに挑戦し続けていきたい」 初めてのアニメ映画『劇場版すとぷりはじまりの物語』公開中【インタビュー】

映画2024年7月23日

 2016年に結成され、動画配信サイトを中心にさまざまな活動を行う2.5次元アイドルグループ「すとぷり」。YouTube動画再生数82.8億回再生、YouTubeチャンネル登録者数313万人超えを記録するなど、今、絶大な人気を博している。2 … 続きを読む

高畑充希 視聴者を魅了した藤原定子役は「皆さんと作っていく中で生まれたものが大きかった」【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月21日放送の第二十八回「一帝二后」で、一条天皇(塩野瑛久)の寵愛を受けた中宮・藤原定子がこの世を去った。清少納言の「枕草子」では華やかな印象の定子だが、劇中では次々と苦難に見舞われ、悲劇的な … 続きを読む

黒羽麻璃央「松村さんに大きな愛をぶつけました」 松村沙友理「もしかしたら“交際0日婚”の可能性もあるのかも!?」 ドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」【インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 黒羽麻璃央と松村沙友理がW主演するドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」が読売テレビ、中京テレビほかで放送中だ。本作は、ハナツカシオリ氏の人気漫画『焼いてるふたり』をドラマ化。“交際0日”で結婚した恋に不器用な健太 … 続きを読む

Willfriends

page top