古舘寛治、神木隆之介宅を“お忍び”訪問? 「2人だけの秘密にしていたのに」

2016年4月23日 / 14:32

(左から)古舘寛治、神木隆之介、門脇麦

 映画『太陽』の初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、門脇麦、古舘寛治、入江悠監督ほかが登壇した。

 本作は、原因不明のウイルスの拡散によって人口が激減した21世紀初頭を舞台に、太陽の下では生きられないが、若く健康な肉体と高い知能を有する新人類“ノクス”と、太陽の下で自由を満喫しつつも、暮らしは貧しい旧人類“キュリオ”の対立と決断を描く。

 主人公の奥寺鉄彦を演じた神木は「撮影はおととしの冬。長い月日を経てやっと今日という日を迎えられてうれしいです」としみじみとあいさつした。

 神木は、完成作を見た感想を「まだ自分でも全部は理解できていない」と率直に語りつつ「今回、僕が感じたのは、今の自分の年齢、環境で感じたことであって、5年後、10年後に見たらまた違うことを感じるんだと思う。自分の心の中でどんどん育てていくような作品になっていると思う」とアピールした。

 一方、キャスト同士の交流も深まり「撮影後に、神木が古舘を自宅に招いて将棋を指した」というエピソードも披露された。この話題を“ツイッター上”で知ったという古舘は「本当にびっくりした。こっそりマスクをして神木くんちに行ったのに。内緒で2人だけの秘密にしていたのに…」と嘆いた。

 これを聞いた神木は「一緒に唐揚げとかポテトとか買ったじゃないですか!」とオープンな訪問であったことを強調した。

 さらに古舘が「彼が今、将棋物の作品をやっているらしくて、その将棋の練習したくて“いいカモ見つけた”みたいな…。それぐらいの話です」と自虐的に語ると、神木は「ずっと現場でも一緒にお弁当食べていたじゃないですか!」と返した。

 最後は、気を取り直した古舘が「(神木とは)芸能人の中で一番仲がいいです!」とアピール。これには神木も「ちょっと言い方が…」と困惑した様子で、笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top