蓮佛美沙子、松田龍平は「想像の2倍しゃべる」 「イメージと違って、かわいい方なんだなと」

2022年8月3日 / 06:18

(左から)工藤阿須加、蓮佛美沙子、入江悠監督 (C)エンタメOVO

 WOWOW「連続ドラマW 鵜頭川村事件」完成報告会が2日、東京都内で行われ、出演者の蓮佛美沙子、工藤阿須加と入江悠監督が登壇。当初出席予定だった松田龍平と伊武雅刀は体調不良のため欠席した。

 本作は、櫛木理宇氏の同名小説を、時代や設定を改編して映像化したもの。

 舞台は日本の片隅にある鵜頭川(うずかわ)という名の村。行方不明の妻(蓮佛)を捜す医師の岩森(松田)は、娘を連れて妻の故郷の村を訪れるが、村は集中豪雨による土砂崩れで孤立。不安が渦巻く中、殺人事件が発生し…というパニック・スリラー。

 岩森の妻と、双子の妹の一人二役を演じた蓮佛は、これが松田とは初共演。その印象を問われると、「さっき監督が『あまりしゃべる方じゃない』とおっしゃっていましたが、私の想像の2倍しゃべる方でした。私にだけ?」と首をかしげた。

 蓮佛は「初日から結構ノンストップでしゃべられていた。待機中も娘役の子と3人で一緒にゲームをしたり…。誰にも平等に接する方で、かつ、おしゃべりなので、最終的に娘役の子とけんかをしていました。イメージと違って、かわいい方なんだな、と思いました」と笑顔で振り返った。

 それを聞いた入江監督が「今日(松田が)いないので言っちゃいますが、待ち時間に聞いたら『蓮佛さんが癒やしだ』と言っていました」と明かした。

 真冬の長野で過酷な撮影だったといい、「寒いし、娯楽もない。基本むさ苦しい男ばかりの現場だったので、松田さんにとっての癒やしだったのでしょう。僕と2人だと全然しゃべらないのに」と笑わせた。

 蓮佛は「初めて聞きました」と驚きながらも、「ありがとうございます。龍平さん、見てますか?」とカメラに向かって手を振った。

 鵜頭川村青年団の団長役を演じた工藤は、松田について「ちょっと怖いイメージがあったのですが、ス~ッと近付いてきて『工藤くん、(芝居に対する)気持ちがあるから、すごくいいと思う』と言ってくださって。意外と松田さんから話し掛けてくれることが多かったです」と振り返った。

 ドラマは、8月28日午後10時から放送・配信スタート(全6話)。


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top