スティーブン・スピルバーグ」に関連する27件の記事

【映画コラム】ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた『バーバラと心の巨人』と『ルイスと不思議の時計』

ほぼ週刊映画コラム2018年10月12日

 ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた2作が相次いで公開された。まずは、一人の風変わりな少女が主人公の『バーバラと心の巨人』から。  世界を滅ぼすという伝説の巨人の来襲を信じる少女バーバラ(マディソン・ウルフ)は、奇異な言動で周囲・・・続きを読む

【ライブリポート】「スター・ウォーズ in コンサート」 映画をライブ感覚で体験!

特集2018年7月30日

 「スター・ウォーズ in コンサート」初期3部作プレミア公演が29日、東京オペラシティ コンサートホールで行われた。  同コンサートは、映画のせりふや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが生演奏するもので、映画をライブ感覚で体験できる・・・続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

ほぼ週刊映画コラム2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われる中、オー・・・続きを読む

【インタビュー】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 製作・脚本コリン・トレボロウ「今回の大きなテーマは、恐竜と人間との関係であり、恐竜に対する共感や感情移入を追求することでした」

インタビュー2018年7月4日

 テーマパーク「ジュラシック・ワールド」が、恐竜たちによって破壊された事件から3年。オーウェンとクレアは、火山活動を始めた島から恐竜たちを救い出そうと行動を開始するが…。シリーズ5作目に当たる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日から公開される。前・・・続きを読む

【映画コラム】名優の生涯を描いた『MIFUNE THE LAST SAMURAI』と、名脚本家の監督デビュー作『モリーズ・ゲーム』

ほぼ週刊映画コラム2018年5月12日

 今回は、日本が世界に誇る名優の生涯を描いたドキュメンタリーと、実録ものを得意とする名脚本家の監督デビュー作を紹介しよう。  まずは、『ヒロシマナガサキ』(07)などで知られる日系3世のスティーブン・オカザキが監督した、名優・三船敏郎の生涯を描いたド・・・続きを読む

『レディ・プレイヤー1』メカゴジラVS ガンダムのバトル映像が公開

音楽ニュース2018年4月27日

 スティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』で、夢の競演として話題のメカゴジラとガンダムの本編映像が初公開された。  VRワールド<オアシス>の支配を目論む巨大企業と、<オアシス>を守ろうとする主人公ウェイドらの最終決戦で繰り広げられる本シーン・・・続きを読む

【映画コラム】素晴らしき“お子様ランチ映画”の集大成『レディ・プレイヤー1』

ほぼ週刊映画コラム2018年4月21日

 近未来のVR(仮想現実)内で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』が公開された。  2045年、街は荒廃し、若者たちは、想像したことが現実となり、アバターを通して何者にでも変・・・続きを読む

木梨憲武&佐藤健、監督の本音に駄目出し 「スピルバーグさんの映画は隠さなきゃ!」

TOPICS2018年4月21日

 映画『いぬやしき』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、伊勢谷友介と佐藤信介監督が登壇した。  本作の主人公は、定年を目前に控えた初老のサラリーマン犬屋敷壱郎(木梨)。ある日、謎の事故・・・続きを読む

映画『レディ・プレイヤー1』はなぜ洋楽ヒット満載に? スピルバーグが音楽面にも仕掛けた“イースター・エッグ”に注目

音楽ニュース2018年4月19日

 スティーブン・スピルバーグ監督による最新映画『レディ・プレイヤー1』が、いよいよ明日4月20日より公開となる。仮想現実ゲーム世界「オアシス」の覇権を掛けて、主人公と仲間たち、そしてライバルたちが謎解きに挑む一大アドベンチャー映画。最新の3D技術を駆使した圧倒・・・続きを読む

スピルバーグ監督「映画という共通言語を使えば、みんなが一つの絆で結ばれる」 日本の若き映像クリエーターたちにアドバイス

TOPICS2018年4月19日

 映画『レディ・プレイヤー1』のYouTube Spaceトークセッションが19日、東京都内で行われ、スティーブン・スピルバーグ監督と出演者のタイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンが登壇した。  イベントは、最新作『レディ・プレイヤー1』のプロモ・・・続きを読む

【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』スティーブン・スピルバーグ監督「皆さんを、空想と希望のある世界にいざないたかった」

インタビュー2018年4月19日

 ゴーグル一つで全ての夢が実現するVRワールド「オアシス」で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』が、4月20日から公開される。13年ぶりに来日したスピルバーグ監督に話を聞いた。 -・・・続きを読む

スピルバーグ監督が13年ぶりに来日! 「日本のポップカルチャーに魅了されています」

TOPICS2018年4月19日

 映画『レディ・プレイヤー1』のジャパンプレミアが18日、東京都内で行われ、本作を手掛けたスティーブン・スピルバーグ監督、出演者のタイ・シェリダン、オリビア・クック、森崎ウィンが登場。約500人のファンから熱烈な歓迎を受けた。  本作は、誰もがなりたいも・・・続きを読む

【インタビュー】『レディ・プレイヤー1』タイ・シェリダン&オリビア・クック&森崎ウィン「撮影中は監督がお父さんで、僕らは彼の子どものようでした」

インタビュー2018年4月18日

 ゴーグル一つで全ての夢が実現するVRワールド「オアシス」で繰り広げられるトレジャー・ハンティングの冒険を描いたスティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』が、いよいよ4月20日から公開される。日米の有名キャラクターが夢の共演を果たした本作で、・・・続きを読む

『レディ・プレイヤー1』3分超えの手に汗握るノンストップ・アクションシーン映像が公開

音楽ニュース2018年4月11日

 スピルバーグ監督が日本のファンのために特別に許可した映画『レディ・プレイヤー1』の3分間以上にもおよぶ本編映像が、世界初公開された。  誰もがなりたいものになれる夢の場所<オアシス>で、天才創設者の遺言に仕掛けられた3つの謎と、56兆円の莫大な財産をめぐって・・・続きを読む

【映画コラム】イメージギャップを生かした“変身”が面白い『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

ほぼ週刊映画コラム2018年4月7日

 謎のボードゲームの中の出来事が現実に起きてしまう様子を、特撮満載で描いた『ジュマンジ』(95)を、装いも新たに再映画化した『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が公開中だ。『スター・ウォーズ』シリーズの脚本家としても知られるローレンス・カスダン監督・・・続きを読む

全米No.1ヒット映画『レディ・プレイヤー1』、スピルバーグk監修の日本オリジナルポスターが完成

音楽ニュース2018年4月5日

 全米で過去10年のスティーブン・スピルバーグ監督作品史上No.1のオープニング記録で初登場1位を記録したエンターテイメント大作『レディ・プレイヤー1』が2018年4月20日より全国公開される。  今回公開された2つのポスターは、スピルバーグ監督自らが監修し、日本のため・・・続きを読む

【映画コラム】ドラマと映像の魅力を見事に共存させた職人技『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』

ほぼ週刊映画コラム2018年3月24日

 実話を基に映画化したスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』が3月30日から公開される。先に公開された『ザ・シークレットマン』や本作のような、過去の政治スキャンダルを描いた映画が続けて作られる背景には、トランプ政権への・・・続きを読む

【映画コラム】トランプ政権に対する不信感が反映された『ザ・シークレットマン』

ほぼ週刊映画コラム2018年2月24日

 1972年。当時の米大統領ニクソン(共和党)側が、元FBIなどを使って、対立する民主党本部に盗聴器を仕掛けようとしたことが発覚したウォーターゲート事件。5人の工作員が逮捕されたこの事件をきっかけとして、後にニクソンは辞任に追い込まれた。  そのウォー・・・続きを読む

【映画コラム】『E.T.』をほうふつとさせるが…『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

ほぼ週刊映画コラム2016年9月17日

 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』が公開された。 本作の原作は『チャーリーとチョコレート工場』でも知られるロアルド・ダールのブラックでシニカルな児童文学。チャールズ・ディケンズに代表される英国文学伝統の、孤・・・続きを読む

【映画コラム】久しぶりに『男はつらいよ』の味わいがよみがえった『家族はつらいよ』

ほぼ週刊映画コラム2016年3月12日

 山田洋次監督が約20年ぶりに撮った本格喜劇『家族はつらいよ』が公開された。  結婚50年を迎えて、いきなり妻(吉行和子)から離婚を切り出された夫(橋爪功)、夫婦げんかが絶えない長男夫婦(西村雅彦、夏川結衣)と長女夫婦(中嶋朋子、林家正蔵)、ついに結婚を決・・・続きを読む

  • 1
  • 2

page top