【インタビュー】ドラマ「TOKYO VICE」アンセル・エルゴート「実際に日本に住んだことが、この役のためにとても役立ちました」

2022年4月22日 / 07:00

 WOWOWと米HBO Maxの共同制作オリジナルドラマ「TOKYO VICE」のWOWOW独占放送が、4月24日からスタートする。物語の舞台は1990年代の東京。日本の大手新聞社に就職したアメリカ人青年ジェイクが、特ダネを追い掛けるうちに、危険な闇社会へと入り込んでいく様子が描かれる。ジェイク役のアンセル・エルゴートに話を聞いた。役柄同様、日本語が主体で時折英語が混ざるスタイルでの受け答えに驚かされた。

ジェイク役のアンセル・エルゴート (C)エンタメOVO

-日本語のせりふを覚えるのは大変だったと思いますが、今回は、日本語を話すだけではなく書くシーンもあったので、驚きました。どのようにして覚えたのでしょうか。また、演じるに当たって何かリサーチはしましたか。

 本間さんという、日本語と歴史の先生と一緒に、毎日4時間勉強しました。書き方も教わりました。また、事件記者を演じるために、ロサンゼルスでは本物の記者と一緒に取材をしたり、シャドーイングもしました。ジャーナリズムを勉強する学生として、インタビューの仕方を習ったり、実際に記事も書きました。合気道もしましたし、翻訳のためにいろいろなものを準備して勉強もしました。それがマイケル・マン監督のスタイルで、その役に成り切り、役に没入することで、実際に役を演じたときには、観客には、地に足の付いたリアルな印象を与えることができるのだと思います。

-理解するのが難しかった日本の文化や風習はありましたか。

 それほど難しいことはありませんでした。実は新型コロナの影響で新年を日本で迎えました。そのとき、(共演者の伊藤)英明さんがふるさとに招いてくださいました。毎日温泉に入って、ご家族と一緒に食事をして、お母さんの手料理をごちそうになりました。初詣にも行きました。英明さんの息子さんと一緒におみくじをして、大吉を引きました。だから、私はベリー・ラッキーガイです(笑)。

-今回の監督はマイケル・マンで、先の『ウエスト・サイド・ストーリー』はスティーブン・スピルバーグが監督でした。彼らのような巨匠の演出というのはどのような感じですか。

 マイケル・マンはとても力強い監督です。考えていることを明確に表現します。クルーにはちょっと厳しいときもありますが(笑)、そんな監督を皆尊敬しています。スピルバーグもそうですが、2人とも、撮影前にしっかりと準備をするので、撮影をするときにはとても居心地がいいです。また、準備万端なので、ちょっとでもおかしなところがあればすぐにそれが分かります。とてもリアルで没入感のある経験ができました。2人と一緒に仕事ができて、とても幸せです。マイケル・マンは「1日に9時間、日本語の勉強をしろ」と言いました(笑)。実際は4時間だったのですが、でもその後に、代々木公園で友だちを作って、日本語で話したり、レストランでも日本語で注文しました。実際に日本に住んだことが、この役のためにとても役立ちました。

-入社試験の時の表情の変化や目の動きなどがとても印象的でした。

 実際に、私もジェイクと同じように一生懸命日本語の勉強をしました。だから入社試験のシーンのときは、自分がひらがなの書き方を覚えたことが重なって、髪をかきむしるジェイクと同じ気持ちになりました。それに、マイケル・マンがカメラのま後ろにいて、いろいろとうるさいことを言ってきたので大変でした。彼はそういう監督です(笑)。とてもいい経験をしました。

-このドラマは、今後のキャリアにどのような影響があると考えていますか。

 まずは、この「TOKYO VICE」のシリーズをもっと続けていきたいです。それは日本語を勉強することも楽しいし、日本にいることがとても好きだからということもあります。私にとっては、初めて学んだ外国語が日本語でした。その経験はとても素晴らしいものでした。なので、今後はほかの言語も習えたらと思います。でも、まずは日本語をマスターしたいです。時間はかかるかもしれませんが、とても有意義なチャレンジだと思います。

-日本の作品に出てみたいと思うことはありますか。

 もちろんです。

-このドラマは、ハリウッドのクルーが日本に来て撮ったものですが、完成作を見て、どう思いましたか。

 エピソード1は、長いプロローグのようなものなので、舞台設定をしているだけです。この後、実際にジェイクがやくざを調べていったりして、どんどんと面白くなっていきます。ほかのキャラクターも役割が大きくなっていって、ジェイクとは別の意味で、主役のようになっていきます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top