ディワンダ・ワイズ「次はバンパイアをやりたい!」 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』【インタビュー】

2022年7月30日 / 07:00

 現代によみがえった恐竜たちの姿をリアルかつスリリングに描いて人気を集めた「ジュラシック・パーク」シリーズの最終章『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が公開中。本作で、元軍人パイロットだが、今は裏社会で雇われ、貨物パイロットのエースとして活躍しているケイラを演じたディワンダ・ワイズに話を聞いた。

ケイラを演じたディワンダ・ワイズ

-まず、出演に至った経緯を教えてください。

 2019年の3月28日にコリン・トレボロウ監督から連絡があって、会うことになりました。これだけの大作からオファーをされることは、人生でそう何度も起きることではないので、日にちもしっかりと覚えています。会ってから3時間、とても美しくて長い会話をしました。それは、映画のアイコンともいえるキャラクターをどのようにして作っていくのかということでした。そして、最後に「ぜひ出演してほしいと」言われました。その後、6月に「(プロデューサーのスティーブン・)スピルバーグからOKが出たよ」という電話がありましたが、10月の正式発表までは、誰にも言えませんでした。

-何と! 3月28日は私の誕生日です。

 ワォー!(爆笑) イッツ・アメージング!

-初めてシナリオを読んだときに、元空軍のパイロットで、今は裏社会に雇われた運び屋という、ケイラのキャラクターについてどう思いましたか。

 私は、どんなキャラクターを演じるときも、そのキャラクターに対して、自分の視点や思いを入れるタイプです。でも、完璧過ぎるキャラクターはあまり好きではなくて、それは見ている人にもゆがんで見えると思います。キャラクターにもいろいろな側面があって、失敗したりする人の方が私は好きです。ケイラの場合も、自分の良心や品格をちょっと見失っているけれど、それを取り戻していくところが好きです。私自身も自分の弱さや短所は分かっているつもりです。だからこそ、演じるキャラクターに対してもジャッジはしないで、思いやりを持って見つめるようにしています。ケイラは生き延びるためにしなければならないことをしてきただけだと思いました。彼女にとっては、オーウェン(クリス・プラット)たちとの出会いが、今までのことは忘れて、新しく何かをしなければと思った瞬間だったのでしょう。

-ケイラのキャラクター作りにご自身のアイデアも生かされていると聞きましたが。

 私自身、内向的なところがあり、演じるキャラクターにもそうした傾向があります。ケイラには、もともと脚本の段階から一匹おおかみ的なところがありましたが、自分が演じることになって、スタッフと話し合う中で、そうした傾向がより強くなったと思います。また、オーウェンとケイラが氷上にいるとき、怖いと思っているケイラの気が散るように、わざとオーウェンが話をします。それは、クリスと話す中で生まれてきたやり取りでした。ヒーローがいつも勇ましいわけではなく、彼らにも怖いときはあるんだということを見せることができました。それから、私の出身地のメリーランド州は、軍に所属する人が多い所で、私の親戚にも何世代にもわたって女性の軍人がいます。今回、ケイラが元軍人だったという点では、アフリカ系アメリカ人の女性たちが、何世代にもわたって軍に所属してきたという事実を反映させることができて、とてもうれしかったです。それから、髪形や衣装についても、話し合いに参加させてもらったことで、貢献できたと自負しています。ちなみにケイラの手袋は手製です。

-ディワンダさんは、もともとは舞台俳優ですが、こうした特撮を生かした映画に出演することについてはどう考えていますか。見えない恐竜を相手にする演技は難しかったですか。

 実は舞台と映画といっても、それほどかけ離れてはいません。例えば、舞台では、何もないところで演技をすることもあります。そういうときは想像力に任せて演じなければなりません。ただ、今回の映画に関しては、もちろん恐竜がいない撮影もありましたが、私の場合は、ほぼそこに物がある状態で撮影しました。ただ、カーチェイスのシーンは、実際はF1ドライバーのスタントマンが運転しているので、想像力を働かさなければなりませんでした。でも、スタントマンが運転している動きに合わせて体を動かすのは、ビデオゲームのようでとても楽しかったです。

-これまでの「ジュラシック」シリーズは、どう見ていましたか。

 「ジュラシック」シリーズは、本当にマジカルだと思います。夢のある作品で、とても好きです。ほかの作品だと、見ながら、「ここは特撮を使っているね」と分かったりもしますが、93年に『ジュラシック・パーク』が公開されたときには、そんなことはなく、すごい技術だと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

醍醐虎汰朗&黒羽麻璃央が語る野球愛「野球を通して、一生付き合える仲間たちと出会える」【インタビュー】

映画2022年8月6日

 高校球児たちの知られざる日常と生態をリアルに描いた伝説的コミックを映画化した『野球部に花束を』が、8月11日から公開される。本作は、全ての青春を野球部に捧げた、球児たちの熱過ぎる汗と涙の“時代逆行型”エンターテインメント。青春をおう歌しよ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top