ディワンダ・ワイズ「次はバンパイアをやりたい!」 『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』【インタビュー】

2022年7月30日 / 07:00

 現代によみがえった恐竜たちの姿をリアルかつスリリングに描いて人気を集めた「ジュラシック・パーク」シリーズの最終章『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が公開中。本作で、元軍人パイロットだが、今は裏社会で雇われ、貨物パイロットのエースとして活躍しているケイラを演じたディワンダ・ワイズに話を聞いた。

ケイラを演じたディワンダ・ワイズ (C)エンタメOVO

-まず、出演に至った経緯を教えてください。

 2019年の3月28日にコリン・トレボロウ監督から連絡があって、会うことになりました。これだけの大作からオファーをされることは、人生でそう何度も起きることではないので、日にちもしっかりと覚えています。会ってから3時間、とても美しくて長い会話をしました。それは、映画のアイコンともいえるキャラクターをどのようにして作っていくのかということでした。そして、最後に「ぜひ出演してほしいと」言われました。その後、6月に「(プロデューサーのスティーブン・)スピルバーグからOKが出たよ」という電話がありましたが、10月の正式発表までは、誰にも言えませんでした。

-何と! 3月28日は私の誕生日です。

 ワォー!(爆笑) イッツ・アメージング!

-初めてシナリオを読んだときに、元空軍のパイロットで、今は裏社会に雇われた運び屋という、ケイラのキャラクターについてどう思いましたか。

 私は、どんなキャラクターを演じるときも、そのキャラクターに対して、自分の視点や思いを入れるタイプです。でも、完璧過ぎるキャラクターはあまり好きではなくて、それは見ている人にもゆがんで見えると思います。キャラクターにもいろいろな側面があって、失敗したりする人の方が私は好きです。ケイラの場合も、自分の良心や品格をちょっと見失っているけれど、それを取り戻していくところが好きです。私自身も自分の弱さや短所は分かっているつもりです。だからこそ、演じるキャラクターに対してもジャッジはしないで、思いやりを持って見つめるようにしています。ケイラは生き延びるためにしなければならないことをしてきただけだと思いました。彼女にとっては、オーウェン(クリス・プラット)たちとの出会いが、今までのことは忘れて、新しく何かをしなければと思った瞬間だったのでしょう。

-ケイラのキャラクター作りにご自身のアイデアも生かされていると聞きましたが。

 私自身、内向的なところがあり、演じるキャラクターにもそうした傾向があります。ケイラには、もともと脚本の段階から一匹おおかみ的なところがありましたが、自分が演じることになって、スタッフと話し合う中で、そうした傾向がより強くなったと思います。また、オーウェンとケイラが氷上にいるとき、怖いと思っているケイラの気が散るように、わざとオーウェンが話をします。それは、クリスと話す中で生まれてきたやり取りでした。ヒーローがいつも勇ましいわけではなく、彼らにも怖いときはあるんだということを見せることができました。それから、私の出身地のメリーランド州は、軍に所属する人が多い所で、私の親戚にも何世代にもわたって女性の軍人がいます。今回、ケイラが元軍人だったという点では、アフリカ系アメリカ人の女性たちが、何世代にもわたって軍に所属してきたという事実を反映させることができて、とてもうれしかったです。それから、髪形や衣装についても、話し合いに参加させてもらったことで、貢献できたと自負しています。ちなみにケイラの手袋は手製です。

-ディワンダさんは、もともとは舞台俳優ですが、こうした特撮を生かした映画に出演することについてはどう考えていますか。見えない恐竜を相手にする演技は難しかったですか。

 実は舞台と映画といっても、それほどかけ離れてはいません。例えば、舞台では、何もないところで演技をすることもあります。そういうときは想像力に任せて演じなければなりません。ただ、今回の映画に関しては、もちろん恐竜がいない撮影もありましたが、私の場合は、ほぼそこに物がある状態で撮影しました。ただ、カーチェイスのシーンは、実際はF1ドライバーのスタントマンが運転しているので、想像力を働かさなければなりませんでした。でも、スタントマンが運転している動きに合わせて体を動かすのは、ビデオゲームのようでとても楽しかったです。

-これまでの「ジュラシック」シリーズは、どう見ていましたか。

 「ジュラシック」シリーズは、本当にマジカルだと思います。夢のある作品で、とても好きです。ほかの作品だと、見ながら、「ここは特撮を使っているね」と分かったりもしますが、93年に『ジュラシック・パーク』が公開されたときには、そんなことはなく、すごい技術だと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

岩田剛典 花岡の謝罪は「すべてが集約された大事なシーン」初の朝ドラで主人公・寅子の同級生・花岡悟を熱演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年4月25日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。明律大学女子部を卒業した主人公・猪爪寅子(伊藤沙莉)は、同級生たちと共に法学部へ進学。男子学生と一緒に法律を学び始めた。そんな寅子の前に現れたのが、同級生の花岡悟だ。これから寅子と関わっていく … 続きを読む

瀬戸利樹、セラピスト役は「マッチョな体も見どころ」 役作りは「実際に施術を見学して、レクチャーを受けました」

ドラマ2024年4月24日

 現在放送中のドラマ「買われた男」で主演を務める瀬戸利樹が取材に応じ、本作の魅力や役作りについて語った。  本作は、三並央実氏と芹沢由紀子氏による漫画『買われた男~女性限定快感セラピスト~』が原作。セックスレスの主婦、芸能人、女社長、風俗嬢 … 続きを読む

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

Willfriends

page top