飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

2024年5月27日 / 17:00

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる公演で、吉田羊扮(ふん)する主人公ハムレットの恋人オフィーリアを演じるのは、「君と世界が終わる日に」、「岸辺露伴」シリーズなど、数々の人気ドラマで活躍する飯豊まりえ。シェークスピアの名作に挑む意気込みなどを聞いた。

飯豊まりえ(ヘアメイク:星野加奈子、スタイリスト:髙山エリ)(C)エンタメOVO

-まずは、出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

 舞台は自分の中で「立ち入ってはいけない場所」のような感覚があり、今までほとんど経験してこなかったんです。でも今回は、演出が森新太郎さんでハムレットを吉田羊さんが演じられるとお聞きして、「挑戦してみたい!」と好奇心をかき立てられました。それに、最初に知ったシェークスピア作品が『ハムレット』で、以前から「ご縁があればシェークスピアの舞台をやってみたい」と思っていたので、とてもうれしかったです。

-森さんのどんなところに興味を引かれたのでしょうか。

 以前から「舞台をやるなら、厳しい環境で演劇を勉強したい」と思っていたんです。森さんについては「“千本ノック”と言われるほどお稽古が厳しい」といううわさを聞いていたのですが、自分の忍耐力を鍛えることができ、役をより深められる作業になるはず、とポジティブに捉えていました。瞬発力が求められるテレビドラマと違って、稽古を重ねて本番に臨む舞台は作品に向き合う時間も長いですし、森さんの演出でシェークスピアに挑むなら、この作品を愛しながら演じることができるのでは、と思いました。

-実際にお稽古に入ってみた印象はいかがですか。

 お稽古に入る前、本読みが1週間くらいあり、せりふを一つずつ確認しながら読み込むことができたのは、とてもありがたかったです。

-いい舞台に巡り合えたわけですね。

 といっても、実際にお稽古することで初めてわかることも多くて。ただ、森さんは「違った」と思えば「ごめん」とすぐに切り替え、可能性を一緒に探ってくださるんです。皆さんが持ってきたものを受け入れてくださる懐の深さもあって。その分、稽古場の風通しもよく、毎日「ここはこうしてみようか」と、みんなで作品を作っている感覚があります。お芝居のヒントになることも多く、いろんなことを試せるので、日々刺激的で楽しいです。

飯豊まりえ(C)エンタメOVO

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top