柿澤勇人&吉田鋼太郎が挑む「ハムレット」 「ずっと心に残る、一生の財産になる作品」に【インタビュー】

2024年4月7日 / 08:00

 故・蜷川幸雄から「彩の国シェイクスピア・シリーズ」のバトンを引き継ぎ、観客を魅了してきた吉田鋼太郎が、新たなシリーズを始動。記念すべき一作目に吉田が選んだのは、「ハムレット」だ。吉田と、主人公のハムレットを演じる柿澤勇人にシェークスピア作品への思いや公演への意気込みを聞いた。

吉田鋼太郎(左)と柿澤勇人(ヘアメーク:松田蓉子/スタイリスト:五十嵐堂寿)(C)エンタメOVO

-「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の2ndシーズンをスタートすることへの思いを聞かせてください。

吉田 元々は蜷川幸雄さんがシェークスピア37本全作上演を目標にスタートしたシリーズですが、結局、蜷川さんは5本を残して亡くなられてしまいました。その残りを上演するときにお声をかけていただいて、とにかく蜷川さんの遺志を受け継ごうと。蜷川さんとは本当に長いお付き合いをさせていただいたので、蜷川さんの演出方法や役者に対する接し方、そして蜷川さんの魂は分かっていたつもりだったので、それを引き継いで、最後までしっかり走り抜こうと思ってスタートしたのですが、今回はシリーズの第2弾で新シリーズになります。要するにまた1からスタートとなります。改めて考えると今の方が重圧を感じています。蜷川さんが、彩の国さいたま芸術劇場をお客さまを集めることのできる劇場に育て上げてきました。それが途中で失速してしまったらどうしようという気持ちが強いです。とにかく心を込めて良いものを作らなければいけないなと責任重大な思いと強い決意があります。

-2ndシリーズ1作目に「ハムレット」を選んだ理由は? もちろん「ハムレット」は最高傑作ともいわれる作品だと思いますが。

吉田 僕も最高傑作だと思います。僕はこれまでにもさまざまな役で「ハムレット」に出演しているので、どういう作品なのか知っているつもりでもいます。どういう戯曲なのかをずっと考え続けてもいます。それくらい自分の中では大事な作品で、よく分かっているつもりの作品なので、あまり迷いなく、ブレることなく皆さんと一緒に作っていけるのではないかと思い、1作目を「ハムレット」とさせていただきました。しかも、人気戯曲ですので、皆さんの注目もおそらく集まるのではないかなと。そういう思いがありました。

-吉田さんが柿澤さんにハムレットを演じてもらいたいとお声をかけたと聞いています。柿澤さんはハムレット役に決まり、どんな思いがありましたか。

柿澤 おそらく僕の役者人生の中で1番、せりふが多い作品になると思います(笑)。ハムレットは、僕の年代の役者にとっては1番の目標でもあり、夢なので、鋼太郎さんから直々にお声をかけていただけて「やれるんじゃないの?」と言ってもらったときはとてもうれしかったですし、「ついていきます! やります!!」という感じでした。ただ、いざ台本を目の前にしたらやっぱり震えますね(笑)。毎日毎日、台本と向き合っていますが、これは大変だなと。今は、ハムレットができるという喜びよりも、とにかく一生懸命やるしかないという思いでいっぱいです。

-吉田さんは、柿澤さんのどんなところに魅力を感じてオファーしたのですか。

吉田 イギリスには「ハムレット役者」という言葉があるくらい、選ばれた特別な俳優しかできない役がハムレットだと僕は思います。元々の戯曲をカットせずに上演すると、おそらく4時間半から5時間かかるくらい長いんですよ。その時間、ほぼ出ずっぱりで話し続けなければならない。なので、アスリートのような体力が必要なんですよ。基本的な発声法、ブレスの取り方もできないといけない。それから持続力と瞬発力も必要です。そういう意味でも、柿澤くんは劇団四季というすさまじいところで鍛えられているし、ミュージカルで鍛えられている。歌って踊って芝居もしているわけですから、体力はお墨付きだと思います。それから、僕はそう思いませんが、ハムレットには悩める青年、影のある青年というイメージが一般的にはあります。それが、柿澤くんが持っている影にマッチしている。しかも、彼は、その影を明るさに転換する力を持っている。そして、相手とのコミュニケーションの中で世界を作っていける俳優でもある。(芝居の中で)いいかっこうをするとか自分だけで話すということがないんですよ。あとはこの見た目です。非常に女性に人気があって、品がある。そう考えるとハムレットに必要なもの全てがあるんですよ。きっとハムレットを演じたら面白いものになると思うし、彼は「ハムレット役者」になれるんじゃないかなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top