佐藤浩市「登場人物の誰もが見る側の人たちのふに落ちる部分を持っている」、池松壮亮「愛と勇気と優しさをもらえる“アンパンマンみたいな映画”」、若葉竜也「この手触りは唯一無二」映画『愛にイナズマ』【インタビュー】

2023年10月26日 / 16:14

 26歳の折村花子(松岡茉優)は、理不尽な理由で映画監督のデビュー作から降ろされる。泣き寝入りはしないことを決意した花子は、10年以上音信不通だった“どうしようもない家族”のもとを訪れ、父と2人の兄にカメラを向けて夢を取り戻すべく反撃を開始する。石井裕也監督がオリジナル脚本で家族を描いたドラマ『愛にイナズマ』が10月27日から全国公開される。公開に先立ち、花子の父の治を演じた佐藤浩市、長兄の誠一を演じた池松壮亮、次兄の雄二を演じた若葉竜也に話を聞いた。

(C)2023「愛にイナズマ」製作委員会

 

-最初にこの映画の脚本を読んだ印象と、実際に演じてみてどう思ったかをお話しください。

佐藤 脚本を読んで勢いを感じました。物語の進め方や扱っている題材や素材とかではなくて脚本自体に勢いがあった。それをすごく感じたので、この勢いにみんなで乗っかって芝居をすると面白いんじゃないかと。キャスティングは最初からある程度決まっていたので、みんなでそういうことができるよなという感じがプンプンにおっていた脚本でした。カメラは当然何方向からも撮っているし、ワンシーン、ワンカットでもいけてる。そういう芝居というか、そういう絵をいくつも重ねながら、その中で、ちょっとお客さんに対する丁寧さも含めて、編集しながらカッティングをして見せていくというような作品だと思いました。

若葉 先ほど浩市さんがおっしゃったみたいに、この船に乗られなかったら後悔するだろうなと思ったし、ただでは帰らないぞっていう思いもありました。現場ではほとんどの皆さんが初共演の方でしたが、日に日に現場で過ごすことが好きになっていくのが実感できました。

池松 勢いとエネルギーがあって、繊細かつ大胆な構成で書き殴られた力強い脚本でした。石井さんの脚本はこれまでもたくさん読ませてもらってきましたが、中でも異様なエネルギーとポップさ、さらに形容しようのないエモーションがありました。世間はもうコロナがあったあの頃のことなんて忘れて、とっとと新しい時代に向かいたいのかもしれません。ですが、自分たちがあの時確かに感じたこと、悲しさや悔しさややるせなさ、これまで受けた理不尽なこと、そしてこれまで生きてきたこと。あらゆる欺瞞(ぎまん)を捨ててマスクと共にはがし、カメラで暴き、イナズマによって照らす。本当に大切なものをなんとか取り返そうと、必死に守ろうと奮闘するこの主人公をはじめとした登場人物たちの心の叫びに賛同し、何とか後押ししたいと思いました。

-「カメラを向けられると、人は演技をするという」せりふがとても印象的でした。花子にカメラを向けられた時の三者三様の反応が面白かったのですが、あのせりふとシーンについて感じたことがあれば教えてください。

佐藤 僕も昔から言っていたんだけど、本当にその通りですよね。それこそドキュメンタリーの名作と言われている作品を見てもそうだけど、やっぱりカメラを向けられた瞬間に人は演じてしまうんです。自意識過剰になってしまって感情をコントロールできなくなる。それがあるということは前々から自分でも思っていました。だから、その通りのことだと思ったし、そういうことが改めて表現できたのはよかったです。

若葉 本当にその通りだと思います。僕も俳優であるという意識がなくてカメラを向けられたら、あのぐらい挙動不審になってしまうかもしれません(笑)。それを解放したというか、そういう仮面を全部取ったという感じでした。

佐藤 いや、難しいんだけど、演者だから逆に行こうとするんだよね。カメラを向けられた時に。そうじゃない普通の演技経験がない人がカメラを向けられると、よりそうではなくなる。『ゆきゆきて、神軍』(87)なんてまさに明らかに意図がそこにあるわけだし。

池松 その通りだと思います。普段からカメラを向けられていることに慣れているどんな俳優であっても、カメラを向けられることでそこに意識が生まれます。カメラというのは視線であって時に暴力を伴うものでもあります。そのことを俳優は人よりもより知っているものだと思います。カメラを向けられることで、本来意識的にも無意識的にも演じる生き物である人は、より何かを演じるものだと思います。とあるシーンで、浩市さん演じるおやじが、カメラをチラチラ見ながら自意識と戦っている姿には最高に笑わせてもらいました(笑)。それを見た花子からは「駄目だ!全然駄目!クソ!」とか言いたい放題言われて(笑)。浩市さんに向かってそんなこと言っちゃ駄目だよと思いながら隣で聞いていました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

Willfriends

page top