【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

2020年2月13日 / 12:00

-では、大河ならではのことはありましたか。

 1年間にわたって、毎週自分の作品を見られるというのはすごくうれしかったです。それから、これは大河だからというよりも「いだてん」のチームがということですが、全てにおいて僕の想像をはるかに上回っていて、僕が考えていたものよりも数段高いレベルのものが出来上がったというのがすごいことだなと思いました。セット一つとっても、すごく精巧で…プールまで作っちゃってますしね(笑)。
 

-そのような環境の中、1年間、大河ドラマに携わられてきて、逆に本多劇場が恋しいと思うこともありましたか。

 あるって言った方がいいんでしょうが、なかったです(笑)。本多劇場はすぐに戻れるところだと思っているというのがあるんだと思います。でも、今回の公演もそうですが、本多劇場でお芝居をすることは、これはこれで大河とはまた違う楽しさがあるんです。特に俳優として出演すると、自分の中で小さなことだと思ったことまでお客さんにきちんと伝わっていることを感じられるので、そういった気持ちよさがあります。
 

-最後に、作品の見どころを。

 役者を見に来てもらえるといいなと思います。佑くんや要さんはこれまであまり映像で見たことがないような役をやってくださいますし、普段見ている松尾さんや阿部くんとはまた違う一面を見られると思うので、役者を見るつもりで来てもらえると、お話も面白く感じると思います。
 
(取材・文・写真/嶋田真己)
 

ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」

 
 ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」は4月2日~5月3日、都内・下北沢本多劇場、5月9日~21日、大阪・サンケイホールブリーゼで上演。
公式サイト http://otonakeikaku.jp/
 
  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「母を逃がす」瀬戸康史&三吉彩花が挑む、内面をえぐる人間ドラマ「『自分らしく生きる』ということを思い出させてくれる作品」

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 松尾スズキが旗揚げした「大人計画」で1999年に上演した話題作を、ノゾエ征爾の演出で送る「母を逃がす」が5月7日から上演される。本作は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」を舞台に、集落の頭目代 … 続きを読む

【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」生駒里奈 コンプレックスを強みに変えてくれた一言とは

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 俳優・脚本家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。本作は、量子力学をテーマに壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーで、四次元世界と超能力を“イリュージ … 続きを読む

【独占ニュース】クリス・サンダース監督が『野性の呼び声』の魅力を語る 「観客はソーントンとバックの中に自分を見ることができると思う」

映画2020年2月27日

 19世紀末の米カリフォルニア。裕福な判事の屋敷で暮らしていた犬のバックは、男たちにさらわれ、ゴールドラッシュに沸く極寒の地ユーコンへと送られる。高値で売られたバックは、郵便配達員(オマール・シー)のそり犬となり、その後は、貪欲な男(ダン・ … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat “Adam”ツアーファイナル「全部ぶっ壊して帰ろうぜ」

音楽2020年2月27日

 2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILLINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したThe Brow Beat。1月10日のZepp DiverCity(TOKY … 続きを読む

【インタビュー】映画『初恋』小西桜子 窪田正孝ら豪華キャスト出演作のヒロインに大抜てき「皆さんのお名前を知ったときは、びっくりして腰を抜かしました(笑)」

映画2020年2月27日

 話題作を続々と手掛ける名手・三池崇史監督の下、豪華キャストが集結した痛快エンターテインメント『初恋』が2月28日から全国ロードショーとなる。本作で、やくざ同士の抗争に巻き込まれ、主人公・葛城レオ(窪田正孝)と共に逃避行を繰り広げるヒロイン … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top