「熱量高く議論する人たちの思いが、宮藤官九郎さんの言葉の力で僕らにも乗り移ってくる。痛快です」松重豊(東龍太郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年11月24日 / 20:50

 オリンピック担当大臣を務める大物政治家・川島正次郎(浅野忠信)と対立した田畑政治(阿部サダヲ)は、インドネシアで開催されたアジア大会参加をめぐるトラブルの責任を取る形で、東京オリンピック組織委員会の事務総長を解任される。このとき、川島と田畑の間で板挟みとなり、結果的に田畑を裏切る形になったのが、互いに“東龍(とうりゅう)さん”、“まーちゃん”と呼び合っていた盟友で東京都知事の東龍太郎。演じる松重豊が、役に込めた思いを語ってくれた。

東龍太郎役の松重豊

-東が東京都知事に立候補したのは、田畑に頼み込まれたことがきっかけでしたね。

 都知事になったのは、幻に終わった1940年の東京オリンピックに関わっていたまーちゃんが、戦後の復興を目指して再びオリンピックを開催しようとした思いに打たれ、覚悟を決めたという展開になっています。「まーちゃんが言うなら何かしなきゃ」と。それぐらいの関係だったのではないかと思いながら演じています。

-やがて2人は、選手村が朝霞から代々木に変更されたことをきっかけに、徐々にすれ違っていきました。

 オリンピックをコンパクトなサイズ感でやりたいというまーちゃんの思いを、東がどこまでくみ取っていたのかは分かりません。都知事という立場になったことで、予算的な話や、政治的な圧力との板挟みで、まーちゃんの理想や信念よりも、「現実を取ろうよ」という気持ちも芽生えたでしょうから。川島やいろいろな人たちが、さまざまな思惑を持ってオリンピックに近づいてくる中で調整をするのは大変なことだったでしょうし。一方、理想論に突き動かされてきたまーちゃんから見れば、そこに温度差を感じるのはしょうがない。だから、政治の世界に片足を突っ込んでしまった東が、まーちゃんとすれ違っていくのは、リアルにあり得た話ではないかと。

-そんな東を、どんな人物だったとお考えでしょうか。

 東大のボート部出身で、医者で、学者肌。人の上に立つようなポジションよりも、一人で何かをすることが好きな方だったのではないかな…と。人間としては魅力的で、愛すべき人。ただ、都知事という役職の重圧は大きかったのだと思います。まーちゃんが組織委員会をクビになった後、一人でボートの練習台に乗って漕ぐ場面もありますが、それがすごく東らしい。その辺り、宮藤(官九郎)さんの脚本は、実にうまいなと。

-その宮藤さんの脚本に対する印象は?

 一番の印象は、せりふが覚えやすいことです。日本語の持つリズムをものすごく意識している作家さんで、しゃべり言葉、音の情報として乗せられている台本なので、大変なせりふも覚えやすい。宮藤さんのホンは、体が水を吸収するようにせりふが入ってくる。それは本当に驚きました。

-そんな宮藤さんの脚本を基に演じる皆さんのお芝居も熱量が高いですね。

 東京オリンピック近くになると、みんな年齢がかなり高いんですよね。登場人物のほとんどが60代、70代。そういう人たちが、つばを飛ばしながら、熱量高く議論し合う思いが、宮藤さんの言葉の力によって僕らにも乗り移ってくる。だから、非常にやりやすいし、痛快です。嘉納治五郎(役所広司)も、最後の方は晩年もいいところだったのに、あれほど熱量を持ってしゃべるジジイ、見たことないぞ…と(笑)。時代を動かしたのは、そういう人たちだったということなんでしょうね。

-ところで、序盤に何度か登場してから、後半で本格的に活躍するまで、だいぶ時間が空きましたね。

 長い待ち時間があったので、その間、完全に視聴者になっていました。でも、視聴者になると感情移入してしまい、よくないなぁ…と。特に、嘉納治五郎。僕は柔道部出身で講道館初段を持っていますが、そんな僕でも、今では嘉納治五郎と聞くと、役所広司さんの顔しか思い浮かびません(笑)。嘉納治五郎本人の写真を見ても、「線が細いな。あの人はもっとゴツいはず」と言いたくなるほどで…(笑)。役所さんとも今までいろいろな作品でご一緒し、ご本人もよく知っているのに、今では役所さんに会うと「嘉納さんだ…」と思って緊張し、どう言葉を掛けていいか分からなくなります(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】23年前のあの興奮がよみがえる『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』

映画2021年6月17日

 1998年、長野冬季五輪でのスキージャンプ団体の金メダル獲得を陰から支えたテストジャンパーたちの知られざる実話を映画化した『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』が、2度の公開延期を経て、6月18日から公開される。  94年、リレハンメル五 … 続きを読む

【インタビュー】映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』市原隼人「リカが夢に出てきそうです(笑)」

映画2021年6月17日

 第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した『リカ』シリーズが、ドラマ化を経て、ついに映画化。『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』として6月18日から公開される。本作は、幼い頃から愛に恵まれなかった雨宮リカ(高岡早紀)が、運命の男性を手に入れ … 続きを読む

【インタビュー】映画『あの夏のルカ』エンリコ・カサローザ監督&アンドレア・ウォーレンプロデューサー「この映画の中で、友情についての問い掛けを掘り下げたいと思いました」

映画2021年6月16日

 イタリアの小さな港町ポルトロッソの住民たちは、海の世界に住むシー・モンスターを恐れていたが、シー・モンスターも地上に住む人間を恐れていた。だが、好奇心旺盛なシー・モンスターの少年ルカは、海のおきてを破り、親友となったアルベルトと共に、ポル … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十八回「一橋の懐」“軍事から財政へ”栄一の変化を描いた濃密なドラマ

ドラマ2021年6月15日

 「武士とて、金は入り用。…(中略)…(反乱を起こした水戸天狗党の藤田)小四郎様たちは忠義だけを尊び、懐を整えることを怠った。両方なければ駄目なのです。それ故、それがしは一橋の懐具合を整えたいのでございます」  領地を回り、一橋家に仕える家 … 続きを読む

幕府のかじ取りに苦悩しつつ、いちずに妻を愛する若き将軍役「和宮様は家茂にとって大きな存在です」磯村勇斗(徳川家茂)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年6月13日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)が、徳川慶喜(草なぎ剛)の家臣となり、幕末の騒乱もいよいよ本格化してきた。江戸幕府第14代将軍としてその渦中に身を置くのが、徳川家茂だ。権力争いに巻き込まれた … 続きを読む

amazon

page top