【インタビュー】ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」宮藤官九郎 大河ドラマを終え、次に描くのはストレスフルな人間たちの群像劇

2020年2月13日 / 12:00
 脚本家で演出家、俳優としても活動する宮藤官九郎が、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」を終え、次に挑むのは自身が所属する「大人計画」の劇団公演「ウーマンリブシリーズ」だ。同シリーズは、宮藤が作・演出を務め、何ものにも捉われず、今やりたいことを自由に、ストレートに表現する公演。シリーズ第14作目となる今回は、「もうがまんできない」と題し「ストレス」をキーワードに、解散寸前のお笑いコンビ、デリヘル嬢と店長、浮気妻と間男が交差する物語をワンシチュエーションで描く。宮藤に本作を描くに至った心境や、見どころを聞いた。
 

ウーマンリブvol.14「もうがまんできない」作・演出の宮藤官九郎  スタイリング:チヨ(コラソン)

-「ウーマンリブシリーズ」は5年ぶりの公演となりますね。

 「ウーマンリブシリーズ」が久しぶりということももちろんですが、松尾(スズキ)さん、阿部(サダヲ)くん、荒川(良々)くんといった劇団員の人と舞台を作るのも5年ぶりなので、それがうれしいし、楽しみです。
 

-今回、「ストレス」をテーマに書こうと思ったきっかけは?

 日常生活は日々、便利になっていきますが、ストレスはむしろ増えている気がします。例えば、みんながスマホを持って、それを使って生活するのが当たり前になっていますが、Wi-Fiがつながらないだけで不便さを感じるし、スマホが普及したことによって素人でも動画を撮れてしまって、それがテレビで流されたり…。ものは使いようなのですが、便利になったことで、むしろ新たなストレスの種が生まれ、イライラが募っていると、何となく生活していく中で感じていて、それをうまくお芝居にできないかな、と。こういうドラマ、こういう物語をやりたいというよりは、慢性的に皆さんが持っている気分がお芝居の中に漂っていたらいいなというのが最初に思ったことです。なので、芝居を書くというよりも、エッセーに近い感覚で書きました。
 

-劇団員のほかに、今回は柄本佑さんと要潤さんも出演されます。売れないお笑い芸人役ということですが、お二人を起用しようと思った理由は?

 佑くんは映像でも独特なお芝居をされる方なので、いつか舞台をご一緒したいと思っていました。もちろん、彼が舞台に出演しているのを見に行ったこともあって、僕が演出したらどうなるだろうと思っていたので、今回、ぜひに、と。要さんとは、(宮藤が脚本を担当したテレビドラマの)「うぬぼれ刑事」と「流星の絆」で一緒に仕事をしているのですが、彼はなぜか笑えるんですよ。顔はいいのに、ふざけたがっている空気があって…これまでのドラマでもそうだったんですが、要さんが間違ったことを言えばいうほど面白いんです。それが「ウーマンリブ」のムードにも合うんじゃないかなと思ってお願いしました。
 

-前回のウーマンリブシリーズ「七年ぶりの恋人」はコント形式でしたが、なぜ今回はノンストップのワンシチュエーションなのですか。

 もともと「ウーマンリブ」はそのときにやりたいことならばどんな形でもいいと思っていたので、「絶対にこの形」というのがあるわけではないのですが、でも、コントが2回続くのもどうかなと思ったというのはあります。それから、そもそもこの話の発想は、三つの物語がスマホをきっかけにして接点ができていくというところがスタートしたので。それを本多劇場で(2018年に宮藤が脚色・演出を担当した)「ロミオとジュリエット」のセットを毎日眺めながら思いついて(笑)、そこから(物語を)固めていって、当て書きをしていったんです。
 

-「いだてん」を終えての本作ですが、大河ドラマを手掛けたことで、心境や仕事のやり方など、変化したことはありましたか。

 まだないですね。でも、(2020年度のNHK大河ドラマ)「麒麟がくる」の第1話を見たら、大河ドラマってこれだなって思いました(笑)。それは自分のやっていたことが間違っていたと言いたいわけではなく、多くの方から「大河っぽくない」と言われていたのは、きっとこの映像の色彩だったり、ルックだったりしたんだろうな、と。これを見ていた人たちが大河の視聴者なんだよなと改めて思いました。
 

-でも、その「大河っぽくない」というのは、狙っていたものだったのでは?

 僕は狙ってないです。スタッフさんの中には、革新的な大河ドラマを作ろうという意気込みを持った方もいましたが、僕自身はあれは物語として大河ドラマだと思っていたし、あえて違うことをやってやろうとは思ってなかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「母を逃がす」瀬戸康史&三吉彩花が挑む、内面をえぐる人間ドラマ「『自分らしく生きる』ということを思い出させてくれる作品」

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 松尾スズキが旗揚げした「大人計画」で1999年に上演した話題作を、ノゾエ征爾の演出で送る「母を逃がす」が5月7日から上演される。本作は“自給自足自立自発の楽園”をスローガンに掲げた架空の農業集落「クマギリ第三農楽天」を舞台に、集落の頭目代 … 続きを読む

【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」生駒里奈 コンプレックスを強みに変えてくれた一言とは

舞台・ミュージカル2020年2月28日

 俳優・脚本家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。本作は、量子力学をテーマに壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーで、四次元世界と超能力を“イリュージ … 続きを読む

【独占ニュース】クリス・サンダース監督が『野性の呼び声』の魅力を語る 「観客はソーントンとバックの中に自分を見ることができると思う」

映画2020年2月27日

 19世紀末の米カリフォルニア。裕福な判事の屋敷で暮らしていた犬のバックは、男たちにさらわれ、ゴールドラッシュに沸く極寒の地ユーコンへと送られる。高値で売られたバックは、郵便配達員(オマール・シー)のそり犬となり、その後は、貪欲な男(ダン・ … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat “Adam”ツアーファイナル「全部ぶっ壊して帰ろうぜ」

音楽2020年2月27日

 2.5次元舞台や映像作品などを中心に活躍する俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として、PENICILLINのHAKUEIをプロデューサーに迎えて結成したThe Brow Beat。1月10日のZepp DiverCity(TOKY … 続きを読む

【インタビュー】映画『初恋』小西桜子 窪田正孝ら豪華キャスト出演作のヒロインに大抜てき「皆さんのお名前を知ったときは、びっくりして腰を抜かしました(笑)」

映画2020年2月27日

 話題作を続々と手掛ける名手・三池崇史監督の下、豪華キャストが集結した痛快エンターテインメント『初恋』が2月28日から全国ロードショーとなる。本作で、やくざ同士の抗争に巻き込まれ、主人公・葛城レオ(窪田正孝)と共に逃避行を繰り広げるヒロイン … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top