【インタビュー】ドラマ「死亡フラグが立ちました!」塚地武雅「アクション映画に出たい!」俳優としての秘めたる野望…

2019年10月23日 / 17:46

 ほかにも、ドラマや映画で、コントで培った味のある演技を見せているが、やはり本職は芸人。「芝居に笑いのエッセンスを注入できたり、モテない役でもあまり痛々しくならなかったり、お笑い芸人としての自分にニーズがあるから呼ばれているだけなので、俳優に転身したいとは考えていません。そうなったら本末転倒ですよね」と笑う。

 とはいえ、本作でアクションに挑戦したことは「快感」で、「諦めていた夢がかなって本当にうれしかったです」と感慨をにじませると、「やっぱりアクション映画に出たいです。僕がアクションもできるということは、このドラマを通して皆さんに分かってもらえるいい機会だと思います」と声を弾ませた。

 目指すは「和製サモ・ハン・キンポー」。日本の俳優では、武田鉄矢や西田敏行を目標に掲げ、「見た目は三枚目だけど二の線もいけるし、アクションもできるので憧れます」。特に、武田の主演映画シリーズ『刑事物語』は、「イケてない男が強いので、夢と希望をもらいました」といたく感動した様子。

 同シリーズは、くたびれた風貌だが、実は拳法「蟷螂拳」の達人・片山刑事が悪に立ち向かうストーリーで、「クライマックスシーンを身一つの殺陣で作っているんですよ。泣かせる芝居でエンディングを迎えるのもいいですけど、戦いで締めるなんてすてきですよね」と興奮気味に話すと、「『刑事物語』が理想で、こういうアクション映画をやりたいな…と考えながらジムに通っています」と秘めたる思いを口にした。

 意外なほど、アクションに対する情熱をほとばしらせる塚地。夢のアクション映画に向かう道の扉を開いた本作は要チェックだ。

(取材・文・写真/錦怜那)

「死亡フラグが立ちました!」

ドラマ「死亡フラグが立ちました!」
10月24日(木)スタート U-NEXT・カンテレ/毎週木曜深夜0時25分から。
https://bit.ly/2mcSoyS
出演:小関裕太、塚地武雅ほか
▼公式サイト https://www.ktv.jp/konomys/shibou-flag/

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「ハルシオン・デイズ2020」南沢奈央「こういった時代だからこそエンタメで心を癒やしてもらえたら」

舞台・ミュージカル2020年10月30日

 演出家・鴻上尚史による定期公演の第18弾「ハルシオン・デイズ2020」が、10月31日から開幕する。本作は、絶望と救済、希望をテーマに、Twitterの「#自殺」で出会った4人の登場人物たちの物語。柿澤勇人、南沢奈央、須藤蓮、石井一孝が出 … 続きを読む

【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

映画2020年10月30日

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

page top