【インタビュー】映画『駅までの道をおしえて』新津ちせ「『オーディションに受かった』と聞いたときは、頭が真っ白でした」笈田ヨシ「『子役だから』と特別なことはなく、一緒に仕事をする相手として接しました」

2019年10月23日 / 15:04

 直木賞作家・伊集院静の小説を映画化した『駅までの道をおしえて』が10月18日からロードショー公開された。本作は、愛犬の帰りを待ち続ける少女サヤカと、孤独に生きるフセ老人の交流を、1年半にわたる丁寧な撮影でつづった温かな物語。サヤカとフセ老人を演じるのは、200人を超える候補者の中からオーディションを経て主役の座を勝ち取った新津ちせと、『沈黙 -サイレンス-』(16)などで世界的に活躍するフランス在住の笈田ヨシ。見事な共演を披露した年齢差77歳のコンビが、撮影の舞台裏を語ってくれた。

新津ちせ(左)と笈田ヨシ

-とても温かくて切ない、すてきな物語でした。まず、完成した映画を見た感想をお聞かせください。

新津 台本を読んだときとは、全然印象が違っていました。台本よりもグーッと胸が締めつけられるような気持ちになって、自分が自分じゃないように見えて、最後は泣いてしまいました。

笈田 映画には、ハラハラドキドキしたり、泣いたり笑ったりするものも多いですよね。でもこの映画は、そんなふうに刺激を求めるのではなく、ぷかぷか雲が浮かぶ空や、川が流れる風景を眺めるような、静かな気持ちで楽しんでいただけるのではないかな…と。その中で、人が生まれて、年を取って、亡くなり、また次の人が生まれて…という世の移り変わりに思いをめぐらせつつ、人生について考えてみる…。そういう時間を与えてくれる映画ではないかと思いました。

-それでは、出演が決まったときの気持ちを教えてください。

新津 私は以前から犬が大好きで「この役をやりたい!」と思っていたので、お母さんから「(オーディションに)受かった」と聞いたときは、信じられなくて、頭が真っ白になって、自然と涙がポロポロ出てきました。

笈田 オファーを受けたときは、まだ彼女とは面識がありませんでしたが、僕も犬が好きなので、犬と一緒に映画に出られることがうれしかったです。

-お互いに、会うのは初めてだったそうですが、初対面の印象は?

新津 笈田さんは世界中で活躍している俳優さんだと聞いていたので、ちょっと緊張していました。でも、会ってみたら優しく話し掛けてくださったので、すごくうれしかったです。私はもともと、人とお話をすることが好きで、学校でも新聞部に入って、同じ部のみんなと話し合ったりいろんな人に取材をしたりしながら新聞を作っています。笈田さんも、空き時間に「僕はこういうところに行って、こんなお芝居をしたんだよ」と話してくださったので、すぐに仲良くなることができました。

笈田 美人で、かわいいらしくて、礼儀正しくて、すてきなお嬢さんだな…と。『子役だから』と特別なことはなく、いつもと同じように、一緒に仕事をする相手として接しました。ただ、皆さんご存じのように、動物や子どもと一緒に仕事すると、俳優は“食われて”しまいます。この映画ではその両方が相手なので、「立派に“食われよう”」と思っていました(笑)。

-ちせちゃんは、サヤカに共感できましたか。

新津 台本を読んだとき、「自分に似ているな」と思いました。サヤカが、犬が好きなところもそうですし、ルーと出会って、飼いたいという気持ちを真剣に両親に伝えるところも。私も「これをやろう」と思ったら、すぐに行動する性格なので、似ているな…って。

-笈田さんは、ちせちゃんとお芝居をした感想はいかがでしょうか。

笈田 あまり芝居をしているという感じはしませんでした。僕が演じたフセ老人は、独りぼっちですが、僕も一人暮らしをしているので、サヤカと出会って癒やされる気持ちは、よく分かります。ですから、それは芝居というより、自分そのもの…みたいな気持ちで。だから、まるで普通に僕が思っていることをしゃべり、同時に彼女の話を聞いているような気分でした。おかげで、一緒にいる時間はとても幸せでした。一緒にサンドイッチを食べたときは、楽しかったよね(笑)。

新津 すごく楽しくて、おいしかったです(笑)。

-劇中にはルーとルースという2匹の犬が重要な役で登場します。犬たちとは、どんなふうに過ごしていましたか。

新津 2匹とも人懐こくて、すごくかわいかったので、お芝居しているときもしていないときも、同じように接していました。でも、ルーもルースも、撮影中にどんどん成長していくので、それを見ていたら「大きくなったなぁ…」と思いました(笑)。

-ちせちゃんが原っぱでルーと遊ぶシーンは、とても楽しそうですね。

新津 ルーは原っぱに行くとすぐに駆け出すので、あの場面は本当に遊んでいるような気持ちでした。ルーとは1年半ぐらい一緒に暮らして、ご飯をあげたりお世話をしていたので、ルーも懐いてくれて、すごく楽しかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top