【インタビュー】「キレイ-神様と待ち合わせした女-」阿部サダヲ、大河ドラマ主演を経て臨む舞台「新しい気持ちで挑もうと思う」

2019年10月8日 / 12:00

 2000年に大人計画を主宰する松尾スズキによる本格ミュージカルとしてBunkamuraシアターコクーンで初演されて以降、再演を重ねている「キレイ-神様と待ち合わせした女-」。12月4日からは、キャストを新たに4度目の上演がスタートする。戦争・民族紛争・少女監禁といった独特な設定やストーリーを、松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えた本作に、初演時から出演し、今回はマジシャン役を演じる阿部サダヲに、公演への意気込みを聞いた。

マジシャン役の阿部サダヲ

-4度目の出演が決まったお気持ちは?

 4度目ではあるのですが、毎回同じ役ではないので、すごく新鮮に感じています。まさか自分がマジシャンという役をやると思っていなかったのでこの役をやれることも、そして、初演時に僕が演じたハリコナという役を、今回は神木(隆之介)くんがやるのも楽しみです。僕が初演でハリコナを演じたときは、30歳だったのですが、改めてすごいことだなと思っています。初演から20年近くたっているということですから。

-阿部さんが思う、本作の魅力は?

 何回上演しても面白いし、色あせないことだと思います。20年近く前の作品なのに、現在に通じるような事件が描かれていて、古い作品だと思えない。場所も特定していないし、時代も分からない作品ですが、だからこそ、いつの時代にもマッチする。なんとも不思議な作品だと思います。今回、マジシャンを演じるので、マジシャン側で考えてみれば、マジシャンのような事件を起こす人も世の中にはいるでしょうし、彼のような悲しい人、思いがかなわない人も現在にも存在すると思うので、共感できる部分もあるのではないかと思います。

-今現在、マジシャンという役をどのように捉え、どんなところを意識して演じようと思っていますか。

 今までまったく意識していなかったから、全部意識していますよ(笑)。でも、(本作は)これまで3回上演されていますが、3回ともマジシャン役は違う方がやっていて、三者三様だったと思うので、やりようはたくさんあると思っています。

-本作では、これまではご自身も出演されていた松尾さんが演出に専念されるそうですね。

 初めてなんですよね、演出に懸けているというのは。なので、実際にはどうなるかは分からないですが(笑)、ただ、本気のミュージカルをやろうとはしているんだと思います。まあ、本気とはいっても、松尾さんは本気でおかしいことをやるのが大好きなので、笑いの部分でも持ってくるのかなと思いますが。いずれにしろ、今までの焼き直しではないと思います。

-今回、主演となるケガレ役を生田絵梨花さんが演じられます。生田さんの印象は?

 実は、生田さんとの共演は今回が初めてなんです。なので、まだお会いできていないのですが、すごく明るくて、ミュージカルを得意としている方だという印象があります。でも、現役のアイドルである生田さんがケガレを演じるのはすごく難しいと思うんです。普段のイメージとは全く違う役柄ですから。それをどう演じるのか、楽しみです。

-阿部さんは、現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に主演の田畑政治役で出演中です。大河ドラマに主演したことで、役者としての考えや演技は変わりましたか。

 今のところ、そんなに変化はないと思います。ただ、たくさんの年代、いろいろなタイプの役者の皆さんとご一緒できたことは、勉強になりました。(「いだてん」は)世界を舞台にした話なので、(現場には)たくさん外国の方もいらっしゃって、いろいろな国の人の話を聞くことができましたし、僕にはない感覚で演技されている方もいて、面白かったです。よく、こういったインタビューで「どういうふうにせりふを覚えますか」という質問をされるのですが、「いだてん」の収録中は、ほかの方がやっているというやり方をいろいろと試してみました(笑)。演技や考えではないですが、そういうチャレンジはしてみました。せりふを書いてみたり、せりふを自分で読んで録音して聞いてみたり…。でも、結局は僕には合いませんでした(笑)。やっぱり、自分が長くやってきたやり方が一番でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top