【インタビュー】「キレイ-神様と待ち合わせした女-」阿部サダヲ、大河ドラマ主演を経て臨む舞台「新しい気持ちで挑もうと思う」

2019年10月8日 / 12:00

-「キレイ」のお稽古でも何か新しく試してみようと思っていますか。

 そうですね。この作品にもいろいろなタイプの役者の方々が出演するので、勉強したいし、挑戦もしてみたいと思っています。特に、今回は松尾さんがミュージカル色を強くしたいとおっしゃっているので、(自分の)歌のクオリティーを上げていきたいなと思います。

-本作は、東京公演の後、福岡、大阪での公演も控えています。長丁場の公演となりますが、公演中の体調管理はどのようにされていますか。

 実は、舞台をやっているときはそれだけで体調がいいんです。舞台は時間が決まっているので、規則正しい生活ができるんですよ。映像作品だと舞台よりも拘束時間が長いですし、決まった時間に終わるわけではないので、生活のリズムが崩れやすい。それに比べると、舞台は劇場に入って、決まった時間に終わる。だから、舞台をやっているときの方が、健康的ですし、体調もすごくいいんです。

-改めて本作の見どころを。

 再演とは言っていますが、キャストも新しくなり、新鮮な気持ちで見ていただけると思うので、今までの公演をご覧になった方も、初めて見る方も楽しんでいただけると思います。日本では、オリジナルのミュージカルはなかなかないんですが、この作品はまさにそれ。なんといっても、シアターコクーンの芸術監督(※)になった人の作品ですから!(笑)。これを機に、コクーンにも来てくれる人が増えるとうれしいです。そして、僕自身も大河とはまた違った、新しい気持ちで挑もうと思っています。実は、「いだてん」に出ている役者もこの作品には多数出演するんです。これだけ集まるのも珍しいと思うので、生きて、動いている「いだてん」の役者をぜひ生で見てください(笑)!

 ※松尾は、9月9日、Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督に就任したことを発表。本作が、芸術監督就任後、初の演出作品となる。

(取材・文・写真/嶋田真己)

「キレイ-神様と待ち合わせした女-」

 「キレイ―神様と待ち合わせした女―」は12月4日~29日、都内・Bunkamuraシアターコクーンほか、福岡、大阪で上演。
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」脚本・岡田惠和「この父母の間で生きてきたから、あの寅さんになるんだなと思いました」

ドラマ2019年10月18日

 映画『男はつらいよ』シリーズの主人公といえば、誰もが知っている車寅次郎。その生みの親である山田洋次監督が小説で描いた寅さんの少年時代をドラマ化した「少年寅次郎」が10月19日(土)からNHK総合で放送開始となる。寅次郎出生の秘密から、戦争 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、陸奥守吉行役・蒼木 陣インタビュー 「人生を懸けて挑みたい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成するシミュレーションゲームを原案とした舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)の最新作が11月22日からTOKYO DOME CITY … 続きを読む

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top