「ヒトラーをどう撮るべきか、悩みました」大根仁(演出)「東京がオリンピックを返上する流れを、できるだけ正確に」訓覇圭(制作統括)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年9月27日 / 18:55

-ユダヤ人通訳ヤーコプのエピソードに、モデルとなった方はいるのでしょうか。

訓覇 ベルリンの選手村の村長代理の方の実話が基になっています。それを、通訳のヤーコブに置き換えて描きました。

-この物語を通じて、視聴者に伝えたいことは?

訓覇 この時代を、エンターテインメントとしてしっかり見せたいというのが第一です。僕も近現代史に詳しいわけではありませんが、この作品が興味を持つきっかけになってくれたら…と。そこには、それぐらい「この時代を扱ってこなかった」という思いがあります。だから、ベルリンがどんな大会で、その後、東京がオリンピック開催を返上する…という流れは、できるだけ正確に伝えたいと考えています。

-第36回はこの作品にとって、どんな位置づけになるとお考えでしょうか。

大根 大きなターニングポイントになると思います。スポーツの概念すらなかった時代、金栗四三(中村勘九郎)や三島弥彦(生田斗真)がたった2人で初めてストックホルムオリンピックに参加するところから始まった日本スポーツ界にとって、ベルリン大会は戦前のピーク。その後、東京はオリンピック開催を返上し、全く別の空気に変わっていくわけですから。そういう回を担当できたことは演出家としては喜びですし、終盤の演出を井上さんに任せたのも成功だったな…と。

訓覇 「いだてん」はもともと、「オリンピックを題材にすれば、この時代がより身近に感じられるのでは?」と考えてスタートした作品です。第36回は、前畑の姿を通じてスポーツの持つポジティブなパワーが発揮されるピークであるとともに、世界が激変していこうとする空気ともリンクする。目指していたものが、非常に新鮮な形で、分かりやすく表現できたのではないかと思っています。さらに、第39回では金栗さんや(美濃部)孝蔵(森山未來)の物語が一つのクライマックスを迎えることになりますが、第36回はそこへ向かうプロセスの幕開けにも当たります。ぜひ今後の物語に注目してください。

(取材・文/井上健一)

「いだてん」第36回から

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

page top