「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に杉咲花が再登場 「大好きな現場にまだまだいられる!」

2019年9月17日 / 10:02

りく役の杉咲花

 現在放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。9月15日放送の第35回「民族の祭典」で、物語前半の第一部にシマ役で出演していた杉咲花が増野りく役で再登場した。

 杉咲は当初、第1回からシマ役で出演。日本初のオリンピック選手・三島弥彦(生田斗真)の家で女中として働く中、スポーツの魅力に目覚め、日本における女性スポーツの先駆者となるが、関東大震災で行方不明になっていた。そのシマと夫の増野(柄本佑)の間に生まれた娘がりく。

 第35回では、1940(昭和15)年の東京オリンピックに向けて熊本から上京した金栗四三(中村勘九郎)が、足袋屋“ハリマヤ製作所”で働くりくと店先で遭遇。シマと瓜二つのその姿に、四三がシマ本人と見間違えるという形で登場した。

 今回の再出演について、杉咲がコメントを発表。りく役で再出演すると知った時は「夢のようでした。大好きないだてんの現場にまだまだいられる!という喜びが一番大きかったです」と喜びを表した。

 また、シマ役で共演場面の多かった中村勘九郎との再会については、次のようにコメント。「劇中で、シマと四三さんは同志、りくと四三さんはいとこのような関係性なのかなと個人的に思っていました。休憩時も含め、りくとして現場にいさせていただいて、感覚的な距離感としてもよりそういう関係性に変わっていたような気がして、すごくうれしかったです」

 さらに、シマとりくの演技については「最初の方は自分で演じていてもシマみたいになってしまっている気がする…と苦戦することが多かったのですが、演じていくうちに、りくはシマより少し控えめな女の子ということが分かった気がしたので、そこを一番心掛けました」と、その違いを語っている。

 既に劇中で、シマが古今亭志ん生(ビートたけし)の弟子・五りん(神木隆之介)の祖母であることが明らかになっており、りくが今後、物語にどう関わってくるのか、気になるところ。物語は現在、1936(昭和11)年のベルリンオリンピックに突入。9月22日放送予定の第36回「前畑がんばれ」では、伝説となっている水泳平泳ぎの前畑秀子(上白石萌歌)のレースが再現される。

 終盤に向けてさらに加速していく「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。物語の行方から、まだまだ目が離せない。


芸能ニュースNEWS

ENEOS応援団特設サイトで ドラマ「その火は、必ず来る」公開開始 

CM2020年1月20日

 東京 2020 オリンピック聖火リレーサポーティングパートナーのENEOSは 、3月に福島県からスタートするオリンピック聖火リレーを盛り上げるため、「東京 2020 オリンピック聖火リレーを応援しよう!ENEOS応援団」を結成した。  総 … 続きを読む

伊織もえ「ルーズソックスの長さにびっくり」 イベントで“制服コスプレ姿”を披露

トレンド2020年1月20日

 「とある電撃姫の蹴自販機」設置記念イベントが20日、東京都内で行われ、人気コスプレイヤーの伊織もえが出席した。 続きを読む

村井良大、初舞台の甲斐翔真に「すごくフレッシュ!」 吉柳咲良「今までの役とは正反対の役」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 ミュージカル「デスノート THE MUSICAL」の公開フォトコールと囲み取材が19日に、東京都内で行われ、出演者の村井良大、甲斐翔真、高橋颯、吉柳咲良が登壇した。  大ヒット漫画『DEATH NOTE』をミュージカル化した本作。今回は2 … 続きを読む

観月ありさ、4K撮影に苦笑 「見えちゃいけないものまで…」

ドラマ2020年1月20日

 プレミアムドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の観月ありさ、田辺誠一が出席した。  本作は、妻(観月)は刑事、夫(田辺)はミステリー作家、という最強の夫婦が、一人息子と共に、ご近所や出先で起 … 続きを読む

三浦翔平、真面目なのにスタッフから注意 三浦「真面目にやっていますけど」

ドラマ2020年1月20日

 WOWWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」のトークイベントが17日、東京都内で行われ、出演者の三浦翔平、須賀健太、崎山つばさが出席した。  本作は、5月に上演される同名舞台と連動したシチュエーションコメ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top