「日本中が心から応援する気持ちが『前畑がんばれ!』という言葉になった。とてもすてきなことだと思いました」上白石萌歌(前畑秀子)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年9月22日 / 20:50

 第36回、1936(昭和11)年のベルリンオリンピックで、ついに日本初の女性金メダリストが誕生。実況アナウンサーによる「前畑がんばれ!」の絶叫と共に、時代を超えて語り継がれる前畑秀子の二百メートル平泳ぎだ。80年以上の時を超えて甦った歴史的瞬間に、当時の人々と同様、胸を熱くした視聴者も少なくないはず。この名場面の中心となったのが、前畑秀子役の上白石萌歌。7キロの増量を含む入念な準備で挑んだ役に込めた思いを語ってくれた。

前畑秀子役の上白石萌歌

―第36回では、前畑秀子のベルリンオリンピック金メダルの場面が再現されました。撮影した感想は?

 無我夢中でした。私は水泳をずっとやってきましたが、思っていた以上に平泳ぎが奥深く、難しくて。泳ぎをいかにうまく見せるかということで頭がいっぱいで、他のことを考える余裕はなかったです。周りの外国の選手役の方の中には水泳で好成績を残した方もいて、体格はもちろん、ひとかきの伸びやパワーも、私とは段違い。おかげで当時、前畑さんが感じていたであろう恐怖心を私自身も感じることができ、本当にオリンピックで泳いでいるような気持ちになりました。

―日本オリンピック史上に残る名場面を演じてみて感じたことは?

 前畑さんには、相当な思いがあったんだろうな…と。前畑さん自身は前回のロス五輪の銀メダルで満足し、その後は普通の生活に戻って結婚しようと考えていました。でも、五輪後に「なぜ金メダルを獲ってくれなかったんだ」という思いがけない言葉を浴びせられた。かなり悔しい気持ちになったはずです。だから、いったん自分の願望を捨ててまで、4年間、血のにじむような思いで練習を重ねてベルリンに臨んだ。金メダルの裏には、そんな事情があったわけですから。

―ご自身も水泳経験者とのことですが、前畑さんの泳ぎはいかがでしたか。

 前畑さんの泳ぎは、全く別物でした。私は今まで伸びを意識して泳いでいましたが、当時の映像を見ると、前畑さんは瞬発力でガンガン前に進んでいく。ものすごく力強い印象を受けました。飛び込む速さも他の選手とは全然違うな…と。そういう映像も、泳ぎの参考にさせていただきました。

―今回、体重を7キロ増量して役作りに取り組んだそうですね。

 体からのアプローチというのは初めてで、今までとは全く違いました。半年くらい時間を頂き、水泳の練習を続けながら、食生活を改善していきました。サポーターの方に管理してもらいながら、一日五回食事を取り、夜中に脂質の多いパスタやお菓子を食べ…。ずっと胃の中に食べ物がある状態は想像以上に大変で、軽い食事をしたくなることもありました。ただ、時間を掛けるほど、自分が前畑さんに近づいていくような気がして、肉体からのアプローチは、セリフやその人の生き様を、今まで以上に自分のものとして落とし込めるものなんだと実感しました。

―他にはどんな準備を?

 出演が決まった後、前畑さんの出身地である和歌山県の橋本市を訪ねました。前畑秀子資料展示館で「前畑がんばれ!」の実況を録音したレコードを聞かせてもらいましたが、当時のレコードは片面で3~4分が限度。その時間に収まるスピードで泳いでいたことを考えたら、改めてすごいな…と。肉体の面では、日焼けサロンに通ったり、お化粧で肌を黒くしたりして、なるべく当時の方の肌の色に近づけるように準備しました。ただ、オリンピックのシーンの野外ロケで肌が焼け、途中から「メイク不要では…?」と思うくらい黒くなりましたが(笑)。そういう点も、ご本人に近づけたような気になり、うれしかったです。

―実際に「前畑がんばれ!」を聞いて、どんなことを感じましたか。

 「“がんばれ”の他に何かないの?」というセリフもありましたが、今回「いだてん」で描かれている前畑さんは、周りから「がんばれ」しか言われないような状況。普通だったら応援になる言葉も、マイナスにしか受け止められないくらい追い詰められていたんだな…と。私自身は「がんばれ」という言葉を、今までプラスにしか受け取ったことがなかったので、前畑さんの気持ちには想像を絶するものがありました。ただ、オリンピック本番では、日本中が前畑さんの泳ぎに注目し、心から応援する気持ちがそのまま言葉になった。それはとてもすてきなことだと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「少年寅次郎」脚本・岡田惠和「この父母の間で生きてきたから、あの寅さんになるんだなと思いました」

ドラマ2019年10月18日

 映画『男はつらいよ』シリーズの主人公といえば、誰もが知っている車寅次郎。その生みの親である山田洋次監督が小説で描いた寅さんの少年時代をドラマ化した「少年寅次郎」が10月19日(土)からNHK総合で放送開始となる。寅次郎出生の秘密から、戦争 … 続きを読む

【2.5次元】舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち、陸奥守吉行役・蒼木 陣インタビュー 「人生を懸けて挑みたい」

舞台・ミュージカル2019年10月18日

 名だたる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かなキャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成するシミュレーションゲームを原案とした舞台『刀剣乱舞』(以下、刀ステ)の最新作が11月22日からTOKYO DOME CITY … 続きを読む

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top