31歳で“朝ドラヒロイン”挑戦の理由…「女優としてのキャリアがどうなるか知りたかった」戸田恵梨香(川原喜美子)【「スカーレット」インタビュー】

2019年9月30日 / 08:20

 戦後の滋賀・信楽を舞台に、男ばかりの陶芸の世界に飛び込み、やがて自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだしていく陶芸家・川原喜美子の波瀾(はらん)万丈の人生を描く「スカーレット」で主演を務める戸田恵梨香。31歳を迎えた今、戸田が“朝ドラヒロイン”に臨む理由とは? その心中を聞いた。

川原喜美子役の戸田恵梨香

-もともとは「若手・新人女優の登竜門」と言われていましたが、近年は、すでに人気や実力を備えている女優を起用する傾向にある“朝ドラ”。現在31歳で経験のある戸田さんが、本作のヒロインに挑戦しようと思った理由は何でしょうか。

 女優としてのキャリアがどうなるか知りたかったからです。11カ月を通して同じ人物を演じることはほかのドラマではほとんどないので、この経験を経て、自分がどう変化し、進化するのか確かめたいと思いました。今までの私は、場数を踏むことで役者としての実力や精神性が成長すると考えていましたが、“朝ドラ”に挑戦することで視野や世界観が広がり、大きく成長できると感じたので、やるしかないと決意しました。

-実際に挑戦している今の心境は?

 最初は“朝ドラ”が自分には合わない可能性があるとも思いましたが、今のところそれはなく、喜美子と一緒に成長していると実感しています。いろいろな踏ん切りもついて、壁のない広い精神を持った人間になれるような気がしています。

-クランクインから5カ月がたち、撮影も折り返し地点を過ぎましたが、現場の様子はいかがですか。

 共演者が多く、それぞれが流派の違うお芝居をされているので、それを見ているのは楽しいです。たくさんの愛情も頂いて、ほかのドラマの現場では味わえないぜいたくで充実した時間を過ごしています。だから5カ月はあっという間でした。「朝ドラはキャスト・スタッフ共に家族みたいになる」と言われている意味も分かりました。せりふ量が膨大で追い詰められる瞬間もありますが、みんなが支え合い、笑顔でいてくれるので頑張れます。

-幼い頃から川原家を支える働き者で、後に女性陶芸家の草分けとして歩み始める喜美子ですが、どのようなところに魅力を感じますか。

 深い愛情で周りに幸せを与えられるところや、いつも元気でニコニコしている姿、仕事や人に対して絶対に妥協しない懸命な姿が魅力的です。私も見習いたいです。撮影中、キャストだけではなく、スタッフみんなが笑顔になる瞬間がたくさんあるので、喜美子が人々を明るくて照らす存在になれると感じています。

-演じる上で、どのような準備をしましたか。

 15歳からのスタートだったので、体に丸みをつけるため、病院で体質や自分に合う体重の増やし方を調べてもらい、食生活を一気に変え、おなかがムカムカするぐらい食べました。お米は1食で1合半ぐらい食べることもありました。今後は陶芸家らしい筋肉質な体にしていこうと考えています。陶芸の稽古は約3カ月ほど行って、茶碗や花瓶、平皿など20点ほど作りました。あとは髪を伸ばしたり、前髪を切ったりしました。

-陶芸の撮影は吹き替えなしで行っているそうですね。

 女性陶芸家が少なくて、私に似た手が見つからないから『ご自身で作陶をやっていただけませんか』と言われたんです。吹き替えがあるとは思っていなかったけど、フォローぐらいはしてもらえるかなぁと淡い期待を抱いていたので度肝を抜かれました(笑)。絵付けに関しては、毎回本番前に「こんなふうにやってください」と言われてササッと練習するくらいなので、割と汗をかきます…。演出の中島さんから「あなたならいける!」と言われますが、その自信はどこから来るんですかね?(笑)でも、皆さんに見ていただけるぐらいにはなりました。

-陶芸や陶芸家に対してはどのような印象を持たれましたか。

 女性陶芸家は男性に比べて少ないと聞いたときに、なぜだろうと疑問でした。でも実際にやってみると、土を練るにも力が要るので、男性の方が有利な体力仕事だと実感しました。だから、喜美子が陶芸の道を選んだ勇気や決断力には驚きます。それから、土の練り方、指の入れ方、そのときの体調や環境、釉薬の配合などで作品の表情が変わって、同じものは二度と作れないので、奥深さを感じました。陶芸を趣味にしたらやめられないでしょうね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top