【軍師官兵衛インタビュー】速水もこみち「男性からも憧れてもらえるように演じたい」 黒田家家臣・母里太兵衛役

2014年2月28日 / 20:20

母里太兵衛を演じる速水もこみち

-大きなやりさばきなど、今まで大変だったことや、手応えを感じたシーンはありましたか。

 やりのさばきに関してはまだまだですが、最初に比べるとしっくりできるようになってきました。刃の部分で突くほかにも、反対の部分でつついたりたたいたりといろいろなバリエーションの技があります。大変な部分はありますが、指導して下さる先生も最初は厳しかったのですが、最近はあまり注意されなくなり、信用して下さるようにもなってきたので、今は伸び伸び演じています。少し恥ずかしいのですが、撮影前に自分でもやりを買って、真夜中に公園や家で練習したんですが、きっと通りかかった人は不思議に思ったんじゃないでしょうか(笑)。

 -やりの指導はどのくらいの期間受けられたんですか。

  クランインの1~2カ月前、空いている時間に1時間半ぐらいですけど、何日かやりました。それ以外に乗馬もあったので、それをやりながらスケジュールを合わせて、練習に行ったり。ビデオを撮ってもらって、それを焼いてもらって家で見直したりしました。

-時代劇ならではのことで、いいなと感じたことはありますか。

  純粋に自分でやりながらもあらためて勉強させていだだいています。歴史は得意ではなかったのですが、勉強し直したらすごく面白かった。この作品をやりながらも、もっといろいろな人物を勉強させていただこうと思いました。それが他の方にも伝わればいいなと思いながら演じています。でも(時代劇に詳しい)ファンの方がいっぱいいますから、そういう方の期待に応えられるようにしなければいけないと思っています。僕はしゃべるシーンが少なく、とにかく暴れていることが多い。それが前半の部分での太兵衛の見せどころだと思っています。

-かつらで扮装(ふんそう)するなど、時代劇と現代劇との違いを感じたというようなエピソードはありますか。

 スケールはすごいです。とにかくセットがすごくて、言葉遣いも違うし、現代劇とは違った意味で入り込んでいます。自然に役に入っていける空間にいさせてくれるスタッフさんがいるので、すごく感謝しています。

 -現場では、台本にない部分を表現してみようというような雰囲気はありますか。

  文章に関して全然分からない部分があるので、「どういう意味だろう?」と思ったり(笑)、調べるのに時間がかかったり。僕は忠実にやりながらも、動きに関してはいろいろ自分からも話は振るようにしています。

 -自分で考え、提案していくのは大変じゃないですか。

  戦や合戦の場面で大変なこともあります。相当活躍をしなければならないですし、みんなと同じ演技にならないよう、太兵衛に関しては、数人を相手にしたりやりを投げたり、(周りと)違ったアクションに挑戦させてもらっています。そうすれば見え方も変わってくるかなと思って。そういうところで差をつけたりもしています。

-滝と戦うむちゃな男という、ロケが大変そうなシーンも多いですが。

 10月に、山奥で撮ってものすごく寒かったです。「なんでこの時期に」と思いました(笑)。でも何度か撮影し、後日、完パケ(完全パッケージ)を見たらすごくいいものになっていたと思います。僕だけやたら脱いでいるんですよ。

-滝と戦ってるむちゃな男は、台本だと2行のシーンですね(笑)。

  僕も最初は理解できませんでした(笑)。このシーンで頑張り過ぎて、やりの先が飛んでいってしまうハプニングがありました。もう一回付け直して、寒い中で撮影し直しました。

-印象深いアクションシーンはありますか。

 馬上でのシーンは結構声を荒らげて出すので、「続け~!」と言ったらそれが馬に届いて、走りだしてしまったことがありました。下で手綱を持ってくれている人がいるんですが、その人も急に走り出してしまって。どうしたんだろうと思っていたらその人も転んでしまって、気付いたら手放しで馬に乗っていたり。そのときは、なんとかうまく乗れました。

 -岡田さんが、太兵衛が両手を離した状態でやりを打つシーンについて、すごいとおっしゃっていました。

  本当ですか? うれしいです。あれは僕もやっていて気持ちが良かったんですけど、15人ぐらいがバーッと来て、それを斬っていくというシーン。ゲームでいうなら、戦国無双のような(笑)。先生から「言い出したらきりがないから自由にやってくれ」と言われて、全部自分のアイデアで動きました。

-あらためて、岡田さんの印象をお聞かせください。

 最初は静かな方なのかなと思っていたんですが、たまにおちゃらけたところもあり、そしてすごく男っぽくて色っぽい人。現場ではずっと官兵衛でいるので、僕たちのこともスタッフのことも見ていて、気になったことは話しに行ったり、とても視野が広いです。そういう姿を見ていると、真面目な方だなと思います。あとは、格闘技の資格を持っているので剣術などもいろいろと教えていただいています。僕も興味があってトレーニングもしているのですが、岡田さんはナイフや刀を持ったりするカリ(フィリピンの武術)を何年も続けていらっしゃるので、それにも興味があってお話を聞いたり、護身術なども教えていただいています。僕はテコンドーや空手、ムエタイをやっていて、暴れるアクションシーンに反映させることもあります。

-スマートなイメージがありますが、こういう役で新たな速水もこみち像を見せたいという思いはありあますか。

 デビューしてからしばらくは、このような男っぽい役が多かったんです。どこからかすごく爽やかな感じの役どころ、純粋な人間(の役)が多くなったので、久しぶりに自分が目指したものに戻れてよかったなとは思います。正直、ようやくたどり着いた。いろいろ経験させていただいた中で、またこういう男っぽいところに戻ってこられたという思いがあります。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

【インタビュー】「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」崎山つばさ×須賀健太 “宇宙トーク”で空想爆発!「何人かに一人は宇宙人とのハーフ」

舞台・ミュージカル2019年12月2日

 WOWOW初となるオリジナルドラマ×舞台連動プロジェクト「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の出演キャストによる舞台版ビジュアル撮影が行われ、刑事・東山樹役の崎山つばさ、トリマー・赤井陽太役の須賀健太が役のイメージ衣装で撮影 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top