【軍師官兵衛インタビュー】速水もこみち「男性からも憧れてもらえるように演じたい」 黒田家家臣・母里太兵衛役

2014年2月28日 / 20:20

母里太兵衛を演じる速水もこみち

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」に母里太兵衛(もり・たへえ)役で出演している俳優の速水もこみちが、インタビューに応じ、役に懸ける思いや岡田准一ら共演者との関係性を語った。

 物語は智力をもって戦い、生涯五十幾度の合戦で一度も敗れなかった黒田官兵衛(岡田)の生涯と乱世の終えんを描く。

 速水が演じる太兵衛は、黒田家に仕える“黒田二十四騎”の一人でやりの名手。腕は立つものの口下手で荒くれ者の太兵衛は、黒田家旧臣・母里の姓を賜り五つ年上の善助(濱田岳)と義兄弟になってからは、善助に素直に従い、戦いでは常に先陣を切る勇猛果敢な忠臣となっていく。

 

-岡田さん、濱田さんにもお話を聞き、黒田家家臣団の結束の強さが伝わってきましたが、絆の強さをどのように感じていますか。

 絆の強さは、岡田さんが現場で常に官兵衛でいて下さるということにつながると思います。最初はみんなどうしていいか分からず迷いもあったと思うのですが、アドバイスというかヒントを下さったり、一緒になっていい作品を作っていこうという思いが強い。そういうこともあって、はじめの方からいいコミュニケーションが取れました。あと、地方ロケで皆さんとご飯に行った時に、5件はしごして回ったこともあって(笑)、撮影の方でも結束の強さにつながりました。

-善助役の濱田さんとは、実際の年は逆転しますがいいコンビ役だと思います。速水さんにとって濱田さんはどのような俳優さんですか。

  ドラマでは濱田さんが一番年上の役なので盛り上げ役です。無理にみんなを盛り上げているというより、キャラなのかどこかかわいらしいところがあります。いじられキャラというか、いじりやすい。合間にもよく殿(岡田)にちょっかいを出されていて、殺陣のまねをしながら斬られているのを何度か見ました(笑)。撮影に当たっては、濱田さんが善助という人間をどのように演じていくかを一つ一つ考えてやっていらっしゃるんだと感じます。そういうところを見るととてもすてきな俳優さんだなと思います。

-太兵衛の一番の魅力はどこでしょうか。

 暴れ回ることもありますが、気持ちの部分で黒田官兵衛にしっかり付いていこうと決め、貫くところでしょうか。「自分が死ぬまでずっと一緒にいるんだ」という決意がすごく人間らしいな、と。大変な時代で、太兵衛だけではなく善助も九郎右衛門(高橋一生)も同じだと思いますが、内面的な部分ですごく魅力を感じます。

-速水さんは太兵衛をどのように捉えて演じていますか。

  太兵衛は意外に資料が少なくて、どこで調べても大酒飲みの荒くれ者ということしか載っていないんです。あとは“日本号”というやりを福島正則から飲み取ったという話。資料が少なかったので、日本号が九州にあると聞いてそれだけを日帰りで見に行きました。見たら、すっと役に入れたというか。とにかく長いやりだったので、こういうやりを振り回したんだというイメージで、と今回はシンプルに分かりやすく演じようと思いました。性格的にも分かりやすい人間を演じようと思って現場に入りました。でも大変です。「ワーッ」と言っていることが多いので、声が枯れてしまうことがあります。

-久しぶりに演じる男っぽい役ということで、いろいろ経験したことを生かしていきたいなど目標はありますか。

 岡田さんのように、色っぽい男を目指していきたいなと思います。けれど、それは個人的になってしまうかな(笑)。男性から見て憧れてもらえるような男性像というか、そういう母里太兵衛を演じたいです。

-太兵衛は役柄的には荒くれ者ですが、演じていて荒くれ者になるスイッチみたいなものはありますか。

 日ごろのストレスをそこで発散します(笑)。前からやりたかった男らしい役でもあるので、気持ちよくせりふを言っています。スイッチは何だろう…? でも、現場がそういう空気にしてくれます。高橋さんや濱田さん、岡田さんが引っ張って下さるので、割とすんなりと入っていけます。

-太兵衛と速水さんとの共通点はありますか。

 今の自分と比べると時代が違うので分かりにくい部分があると思うんですが、「困っている人がいたら助ける」という気持ちでしょうか。山で何者かに襲われるシーンがあって、自ら前に出て助けたりするんですが、そういう人間っぽいところに魅力を感じました。不器用なんだけど、困っている人がいたら助けるという瞬間、自分に似てたりするのかなと思います。他は、けんかっ早かったり、イラッとしたらすぐ人をぶん殴ったりもしますが、今の時代それではまずいので(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top