チュートリアル・徳井、アラフォー女性の魅力を語る 海外ドラマ「溺れる女たち ~ミストレス~」の声優に挑戦

2014年2月21日 / 12:46

海外ドラマ「溺れる女たち ~ミストレス~」のミニコーナー「徳井義実の溺れたい女たち」のナビゲーターを務め、ゲスト声優としても出演するお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実

 英国版の「セックス・アンド・ザ・シティ」や「デスパレートな妻たち」と評され、イギリスで大ヒットを収めた海外ドラマ「ミストレス」のアメリカリメーク版「溺れる女たち ~ミストレス~」が、3月2日からDlifeで放送開始する。キャストも新たにアメリカでリメークされた同ドラマのミニコーナー「徳井義実が溺れたい女たち」のナビゲーターを務め、第4話ではゲスト声優としても出演するお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実がインタビューに答えた。

 主人公は学生時代から仲の良いアラフォー女性4人組。キャリアも人生経験も豊富な自立した4人が結婚・恋愛・仕事に悩みながら、うそと裏切りにまみれ、いつしか愛人という立場へと落ちていくさまをスキャンダラスに描く。

――吹き替えに挑戦した感想はいかがですか?

 楽しかったですね。小さいころから吹き替えは見ていたので、ああ(自分も)こんなものをやらせてもらっているんだという感じがしました。

――ナビゲーターのオファーが来たときは、どんな感じでしたか?

 ちょうど海外ドラマにハマりつつあった時期なので楽しみでした。僕はこういうドロドロ系のドラマや女の子が見る漫画やドラマが好きなのでうれしかったです。

 ――女の子の見るものではどんなものが好き?

  女の子が読む漫画とか、あと若い子が読むような女性ファッション誌もチェックしてます。女の子目線のものが好きなんですよ。(笑)

 ――「溺れる女たち ~ミストレス~」を見た感想は?

  1話の冒頭からハマりましたね。ヒロイン4人にそれぞれに話があって、一気に4つの話を見ている感じで展開も速くて面白いです。

――見どころは? 

 ドロドロしているんですけど、僕たちの身近にも十分にあるようなことで、親近感を抱くのではと思います。友達を見回したら誰かしらこんなタイプの人がいるし、こんな問題を抱えているんじゃないかなって思えるところが見どころですね。

――やり手の女性弁護士サヴァンナ、自由奔放で独身を謳歌(おうか)するジョスリン、夫を亡くしたエイプリル、精神科医のカレンと4人のヒロインが出てきますが、どの女性に一番引かれますか? 関係を持ってもいいかなと思う人は?

 カレンですね。この人の頭の良さとかに引かれますね。見た目でいったらジョスリンの方が全然好きですけど、カレンは頭が良くて癒やし系というか。奥さんでは埋められない穴を埋めてくれる人やと思うんです、こういうタイプって。多分これは男にしか分からないと思います。

――4人のようなアラフォー女性の生き方を見てどう感じますか?

  やっぱりアラフォーの女性って、それぞれに物語があって、それがすごく面白いんじゃないかなって思いました。まあ、それだけ世のアラフォー女性って抱えるものがいっぱいあって男より大変なんでしょうね、複雑なんじゃないですか。

 ――アラフォー女性の魅力は?

 強さと弱さが同居しているところが魅力ですね。

 ――最後に、ミニコーナー「徳井義実が溺れたい女たち」のナビゲーターを務めるにあたっての意気込みは?

  話の技術的なことじゃなくて、僕の「見ていて楽しいです」ってテンションが伝われば、それが一番かと思います。

 ドラマ情報
 「溺れる女たち ~ミストレス~」 Dlifeで3月2日から放送開始。吹替版は、毎週日曜日23時から24時まで、字幕版は毎週土曜日27時から28時まで放送。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

page top