中川大志「同世代の女の子と話すのはあまり得意じゃない」  「今夜は心だけ抱いて」で田中美佐子と恋に落ちる!?

2014年3月4日 / 17:28

 12年ぶりに再会した母と娘。事故で心が入れ替わってしまったことを機に、親子の絆を取り戻し、女性としての生き方をそれぞれに見詰め直すハートウオーミングドラマ「今夜は心だけ抱いて」(3月4日スタート)。中川大志が扮(ふん)するのは、田中美佐子演じる見た目は47歳、中身は17歳の主人公に恋心を抱く青年だ。劇中で見せるクールで大人っぽい表情とは異なり、インタビューでは穏やかな笑顔で役柄について誠実に語る。作品や役柄に対して深い部分まで理解するその感性には、15歳とは思えない風格を感じた。

「今夜は心だけ抱いて」に出演中の中川大志(写真◎若子jet)

 

――演じる透はどういうキャラクターですか?

 あまり感情を表に出さない不器用な男の子です。女の子と接するのが苦手な上に、感情表現もうまくないので、美羽(土屋太鳳)にも、かなりぶっきらぼうな対応になってしまっているのかなと。僕自身も普段、学校などで女の子と会話をするのはあまり得意じゃないんです。そういう機会も少ないし、ちょっと苦手意識が働いてしまいます(笑)。なので、そういう部分は似ているなと感じながら演じていました。

 

――逆に透とは似ていないと感じた部分は?

 勉強熱心なところ…かな(笑)。透は獣医になりたいという夢があって、そのために大学へ進学したいと思っています。父子家庭なので、家でやらなくてはいけないこともたくさんあるのに、大学進学の費用をためるためにバイトもしていて、時間のない中で受験勉強をしているんです。そういう姿は見習わなければと思いました。

 

――でも、中川さんも学校とお仕事で大変な日々を過ごされているのではないですか?

 そうですね…。でも、勉強の方はうまくいかなかったりもしています(笑)。もっと頑張らないと。

 

――中川さんは現在15歳ですが、役柄は18歳。実年齢よりも年上を演じることに難しさは感じますか?

 今までやらせていただいた役もほとんどが、自分の年齢よりも上の役だったので、あまり難しさは感じていないです。これまで共演させていただいた俳優さんでも、僕と同級生の役を演じられていても、実年齢は僕よりも上の方々がたくさんいらっしゃいました。身近にそうした年上の方がいたことで、“未知の世界”という感覚ではなくなっているのかもしれません。周りの環境に助けられていると思います。

 

――役作りをされるときは、ご自身と似ているところを探したり、そうやって周りで似ている境遇の人のことを考えたりして役を自分のものにしていっているのですか?

 そうですね。やはり実体験で似た出来事がないかを考えて、そのときの気持ちを引っ張り出して演じることが多いです。未知の役や分からない感情で、自分の引き出しにそんな経験がないときは、少しでも似たシチュエーションにいそうな人を観察しています。ですから普段から友だちを観察したり、街行く人の動きをチェックしたりしています(笑)。いろんな年齢、職業の方と話したりすることで引き出しを増やせていければと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

page top