岡田准一「『好機が訪れましたぞ』が言いたかった」 「大河の主演としてはギリなぐらい悪い顔をしている」

2014年7月4日 / 18:28

 (左から)寺尾聰、江口洋介、竹中直人

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の第28回「本能寺の変」試写会・会見が4日、東京都内で行われ、黒田官兵衛役の岡田准一、織田信長役の江口洋介、羽柴秀吉役の竹中直人、徳川家康役の寺尾聰が出席した。

 戦国時代きっての天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描くドラマは13日に「本能寺の変」の放送を迎える。

 “三英傑”に囲まれた岡田は「役者として先輩方の格に追い付けるように、若造に見られないように頑張って黒田官兵衛を演じています」と近況を報告。

 岡田は、官兵衛が秀吉に信長の死を伝えるシーンを振り返り「『好機が訪れましたぞ』という有名なせりふが出てくるけど、それが言いたくて『(大河を)やります』と手を挙げたところもある。皆さんに納得していただける場面になっていればと思います」と語った。

 信長の死を知った秀吉が取り乱すシーンについては「竹中さんから(台本の)『会話のせりふが言えない』と言われたので、お互いに流れの勢いで演じることにした」といい、自身のせりふも「“ちょっと悪そうに言えたらいいな”と思っていた。少し笑っていたと思うけど自然とああなった。悔いはない」と撮影を振り返った。

 また「自分の中で、幽閉前と幽閉後で官兵衛像を変えて演じている。ここからが本当に“俺が官兵衛だ”というものを作らなければいけないと思っている」と意気込みを語った。

 「本能寺の変には官兵衛の黒幕説もある」という話題が出ると「最近の大河の主役としてはギリなぐらい悪い顔をしているから」と笑い飛ばし「個人的にはもっと悪くやりたいけど…、愛される真っすぐでピュアな官兵衛は前半部分でしっかりとやってきたつもりなので、それを残しながら今後は悪いところも出していけたら」と語った。


芸能ニュースNEWS

「知ってるワイフ」“澪”と“津山”が破局 覚悟を決めた“元春”大倉忠義に同情が集まる

ドラマ2021年3月5日

 大倉忠義主演のドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系)の第9話が、4日に放送された。  剣崎元春(大倉)への本当の思いに気付いた建石澪(広瀬アリス)は、銀行のマラソン大会の途中で告白し、キスをしてしまう。しかし、元春は澪の思いを受け入れな … 続きを読む

桜井玲香、咲妃みゆへの思いを告白  「好きが止まらないぐらいに大好き」

舞台・ミュージカル2021年3月4日

 舞台「GHOST」初日前日囲み取材&公開稽古が4日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、咲妃みゆ、桜井玲香、水田航生、森公美子が登場した。  本作は、大ヒット映画『ゴースト/ニューヨークの幻』をミュージカル化。温厚で誠実な銀行員のサム(浦 … 続きを読む

松坂桃李が“モンハン語”に挑戦 ミラ・ジョヴォヴィッチとオンライントーク

映画2021年3月4日

 映画『モンスターハンター』ジャパンプレミアムトークショーが4日、東京都内で行われ、出演者の山崎紘菜、日本語吹き替え版の声優を務めた本田貴子、松坂桃李が出席。主演のミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督もオンラインで参加し … 続きを読む

大泉洋、吉田大八監督にボヤき連発 「全然オーケーが出ない。どんどんパニクる」

映画2021年3月4日

 映画『騙し絵の牙』騙し合いバトル開幕式が3日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市と吉田大八監督が登場した。  本作は、作家の塩田武士氏が、大泉を主人公に当て書きした小説の … 続きを読む

「青のSP」“隆平”藤原竜也の恋人を殺した犯人が判明 「学校組織は裏がありありって感じ」

ドラマ2021年3月3日

 藤原竜也が主演するドラマ「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、2日に放送された。  本作は、公立赤嶺中学校に配属された学校内警察(スクールポリス)の嶋田隆平(藤原)が、学校内外で起こる … 続きを読む

amazon

page top