岡田准一「『好機が訪れましたぞ』が言いたかった」 「大河の主演としてはギリなぐらい悪い顔をしている」

2014年7月4日 / 18:28

 (左から)寺尾聰、江口洋介、竹中直人

 NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の第28回「本能寺の変」試写会・会見が4日、東京都内で行われ、黒田官兵衛役の岡田准一、織田信長役の江口洋介、羽柴秀吉役の竹中直人、徳川家康役の寺尾聰が出席した。

 戦国時代きっての天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描くドラマは13日に「本能寺の変」の放送を迎える。

 “三英傑”に囲まれた岡田は「役者として先輩方の格に追い付けるように、若造に見られないように頑張って黒田官兵衛を演じています」と近況を報告。

 岡田は、官兵衛が秀吉に信長の死を伝えるシーンを振り返り「『好機が訪れましたぞ』という有名なせりふが出てくるけど、それが言いたくて『(大河を)やります』と手を挙げたところもある。皆さんに納得していただける場面になっていればと思います」と語った。

 信長の死を知った秀吉が取り乱すシーンについては「竹中さんから(台本の)『会話のせりふが言えない』と言われたので、お互いに流れの勢いで演じることにした」といい、自身のせりふも「“ちょっと悪そうに言えたらいいな”と思っていた。少し笑っていたと思うけど自然とああなった。悔いはない」と撮影を振り返った。

 また「自分の中で、幽閉前と幽閉後で官兵衛像を変えて演じている。ここからが本当に“俺が官兵衛だ”というものを作らなければいけないと思っている」と意気込みを語った。

 「本能寺の変には官兵衛の黒幕説もある」という話題が出ると「最近の大河の主役としてはギリなぐらい悪い顔をしているから」と笑い飛ばし「個人的にはもっと悪くやりたいけど…、愛される真っすぐでピュアな官兵衛は前半部分でしっかりとやってきたつもりなので、それを残しながら今後は悪いところも出していけたら」と語った。


芸能ニュースNEWS

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也が歩道橋キス 「真樹が罪な男過ぎる」「心を持っていかれた」

ドラマ2024年4月24日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第3話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“愛花”田辺桃子の元カレ“達也”宮近海斗が登場 「カッコ良過ぎて叫んだ」「手つなぎシーンがかわいい」

ドラマ2024年4月24日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第4話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹の … 続きを読む

「366日」次週予告の“遥斗”眞栄田郷敦に注目集まる  「複雑な展開になりそう」「三角関係が始まる予感!?」

ドラマ2024年4月23日

 広瀬アリスが主演するドラマ「366日」(フジテレビ系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、HYの名曲『366日』の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした … 続きを読む

「95」“秋久”高橋海人の家で起こった衝撃ラストに悲鳴  「心がえぐられてしまった」「ぶっ飛んだ展開」

ドラマ2024年4月23日

 高橋海人が主演するドラマ「95」(テレビ東京系)の第3話が、22日に放送された。(※以下、ネタバレあり)    本作は、早見和真氏の青春小説が原作。大人の作った社会の仕組みにあらがい、大切なものを守りながら1995年の渋谷をがむしゃらに駆 … 続きを読む

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

Willfriends

page top