岡田准一、憧れの役所広司と初共演 「師匠と弟子のような関係を築いた」

2014年8月12日 / 18:30

 『蜩ノ記』で夫婦役を演じた役所広司(左)と原田美枝子

 映画『蜩ノ記』の完成報告会見が12日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、小泉堯史監督、原作者の葉室麟氏が登壇した。

 本作は、葉室氏の直木賞受賞作を映画化。“生きる時間を区切られてしまったとき、残された人生をどう生きるか”というテーマの下、夫婦の愛、家族の愛、初めての恋、そして師弟の愛などを描く。

 十年後の切腹という過酷な運命を背負いつつ、武士としての気高い生き方を貫く戸田秋谷を演じた役所は「このタイミングで小泉監督が手掛ける秋谷という役に出会えるとは。年を取って本当に良かった」と感慨深げにあいさつした。

 秋谷を監視するために派遣されたものの、やがて秋谷の人間性に引かれていく檀野庄三郎を演じた岡田も「役所さんと師匠と弟子のような関係を築きながら臨めた2カ月で、とても幸せだった」と振り返り、「個人的には、この作品を経験した前と後では自分の役者人生に大きな違いがあると思っている」と明かした。

 また役所は、本作が初共演となった岡田について「本当に歌って踊って跳ねたりしている人には見えない。最近の若者にはない硬質なものを感じた」と印象を語り、「居合の型をやるシーンでは、身体能力が本当に素晴らしかった。映画の中では僕が先生だけど、(普段は)岡田くんを見習うばかり」と絶賛した。

 さらに役所は、撮影後はよく一緒に宿の風呂に入ったことも明かし「『この筋肉を鍛えるにはどうしたらいいの?』とかいろいろ聞いた。これからも肉体的な運動などいろいろと教わりたい」と笑わせた。

 一方、岡田は役所について「本当に憧れの俳優さん。現場でもインタビューというか、どうやってお芝居に長年取り組まれているのか、時代劇で心掛けていることなどのお話を伺った。『心得は何ですか?』と聞いたら『破れかぶれ』、『なるようになる』と。僕はこの現場に入ったときにすごく考え過ぎてガチガチで挑んでいたので、すてきな言葉だなと撮影後にあらためて気付いた」と語った。

 映画は10月4日から全国東宝系で公開。


芸能ニュースNEWS

「季節のない街」「人の愚かさとおかしさと悲しさと優しさって全部切り離せない」「仲野太賀の演技は本当に心に残る」

ドラマ2024年4月13日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第二話「親おもい」が、12日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台 … 続きを読む

石橋静河「頼もしい先輩方と一緒にこの作品に挑める」稲垣吾郎&内田有紀との共演が力に ドラマ10「燕は戻ってこない」出演者会見

ドラマ2024年4月12日

 4月12日、東京都内のNHKでドラマ10「燕は戻ってこない」のマスコミ向け試写会と出演者会見が行われ、出演者の石橋静河、稲垣吾郎、内田有紀が出席した。  ドラマ10「燕は戻ってこない」は、「命は誰のものか」という重要なテーマを鮮烈なエンタ … 続きを読む

「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮に「オーラ抜群」と反響集まる  「いい年の取り方をしてる」「地上波に帰ってきてくれて泣いた」

ドラマ2024年4月12日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷大海”京本大我にハマる視聴者多数  「沼に落ちかけてる」「愛さずにはいられないキャラ」

ドラマ2024年4月10日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第2話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、蜜野まこと氏の同名漫画が原作。恋をしたことがない売れっ子の若手俳優・渋谷大海(京本)が、年の離れた妹のお … 続きを読む

「Destiny」“奏”石原さとみと“真樹”亀梨和也のラブシーンに「ドキドキ」 「奏と真樹は実は兄妹説」など早くも考察広がる

ドラマ2024年4月10日

 石原さとみが主演するドラマ「Destiny」(テレビ朝日系)の第1話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公の検事・西村奏(石原)が、学生時代の恋人・野木真樹(亀梨和也)と12年ぶりに再会を果たしたことで青春時代の … 続きを読む

Willfriends

page top