鶴見辰吾」に関連する15件の記事

「季節のない街」「さすがクドカン。深夜の朝ドラ感が最高!」「『あまちゃん』やないかい!」

TOPICS2024年4月6日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第一話「街へいく電車」が、5日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに、舞台となる街を12年前・・・続きを読む

鶴見辰吾、俳優を続ける原動力は“人との出会い”「立ち止まらず、歩き続けていたい」【インタビュー】

インタビュー2023年7月25日

 理想の上司からヒール役まで幅広い役柄を演じ分け、存在感を発揮する鶴見辰吾。9月7日から上演される、Daiwa House Presents ミュージカル「生きる」では、主人公・渡辺勘治の前に立ちはだかる助役を熱演する。鶴見に同作への意気込みや俳優業への思いを聞いた。 ・・・続きを読む

「それってパク」“高梨”常盤貴子と“又坂”ともさかりえが、因縁の芹沢(鶴見辰吾)と対決 「常盤さん、隣にトヨエツがいてもおかしくないかわいさだった」

TOPICS2023年6月1日

 芳根京子主演のドラマ「それってパクリじゃないですか?」(日本テレビ系)の第8話が、31日に放送された。  本作は、会社員の藤崎亜季(芳根)と弁理士の資格を持つエリート上司の北脇雅美(重岡大毅)が、知的財産に関するさまざまな問題と向き合いながら奮闘する姿を・・・続きを読む

「Get Ready!」“ジョーカー”藤原竜也の「なんたる悲劇」が話題に “水面”當真あみは「かわいいだけじゃなくて演技もうまい」

TOPICS2023年2月12日

 妻夫木聡が主演する日曜劇場「Get Ready!」(TBS系)の第6話が、12日に放送された。  本作は、多額の報酬と引き換えに、手段を選ばず患者の命を救う正体不明の闇医者チームを描いた医療エンターテインメント。(※以下、ネタバレあり)  闇医者チームの交渉担当のジョ・・・続きを読む

鶴見辰吾「舞いあがれ!」で舞の父親・浩太の元同僚役 「本当に克典さんのお嬢さんに接しているような感覚」

TOPICS2023年1月11日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「舞いあがれ!」の新たな出演者として、11日、鶴見辰吾、八木莉可子、川島潤哉、駿河太郎、久保田磨希が発表された。  本作は、ヒロイン・岩倉舞(福原遥)が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人々との絆を育・・・続きを読む

藤ヶ谷太輔「その日にできることをその日に出し切るつもりで」 色男ドン・ジュアン役に再挑戦

TOPICS2021年10月21日

 ミュージカル「ドン・ジュアン」公開稽古および取材会が21日、東京都内で行われ、出演者の藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、真彩希帆、鶴見辰吾ほかが出席した。  本作は、本作は、ヨーロッパで広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を基に、毎夜、欲望の赴くままに女と酒を求め・・・続きを読む

【映画コラム】複雑なクライムサスペンスを見事に99分でまとめた『サイレント・トーキョー』

ほぼ週刊映画コラム2020年12月4日

 「アンフェア」シリーズの脚本などで知られる秦建日子が、ジョン・レノンの「Happy X-mas (War Is Over)」に影響を受けて執筆した小説を映画化した『サイレント・トーキョー』が公開された。  クリスマス間近の東京・恵比寿のショッピングモールで爆破テロが発・・・続きを読む

吉岡里帆「新年会は森田剛さんのご自宅で」 舞台「FORTUNE」初日前会見

TOPICS2020年1月14日

 舞台「FORTUNE(フォーチュン)」公開フォトコール・囲み取材が12日、東京都内で行われ、出演者の森田剛、吉岡里帆、田畑智子、根岸季衣、鶴見辰吾が登壇した。  本作は、英国を代表する劇作家サイモン・スティーブンスが手掛けた世界初上演の作品。悪魔に魂を・・・続きを読む

藤ヶ谷太輔「抱かれるような気持ちで来て」 初ミュージカルでプレーボーイ役を熱演

TOPICS2019年8月30日

 ミュージカル「ドン・ジュアン」公開稽古&囲み取材が30日、東京都内で行われ、出演者の藤ヶ谷太輔、蓮佛美沙子、鶴見辰吾ほかが登壇した。  本作は、ヨーロッパで広く知られる「ドン・ジュアン伝説」をミュージカル化したもの。プレーボーイのドン・ジュアンを取り巻・・・続きを読む

吉柳咲良「13歳にしかできないピーターパンを」 先輩・鶴見辰吾も“フレッシュな魅力”に太鼓判

TOPICS2017年6月29日

 ブロードウエーミュージカル「ピーターパン」制作発表記者会見が29日、東京都内で行われ、出演者の吉柳咲良、鶴見辰吾、神田沙也加、石井正則、宮澤佐江、入絵加奈子、久保田磨希、演出の藤田俊太郎氏が登壇した。  榊原郁恵のピーターパン役による1981年の初演以・・・続きを読む

【コラム 2016年注目の俳優たち】 第24回 哀川翔&岡本健一ほか 多彩な顔ぶれがそろった大坂五人衆 「真田丸」

コラム2016年10月25日

 着々と大坂の陣へ向けて進む「真田丸」。第42回「味方」では、大阪城にあふれる牢人たちを率いる五人の大将“五人衆”、すなわち真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、長宗我部盛親、明石全登が集結。次第に決戦の雰囲気が高まってきた。 だがその顔ぶれは、小日向文世、山本耕・・・続きを読む

【映画コラム】橋本環奈参上! 角川アイドル映画の伝統をよみがえらせた『セーラー服と機関銃 -卒業-』

ほぼ週刊映画コラム2016年3月5日

 1981年に公開され、薬師丸ひろ子の人気を不動のものとした赤川次郎原作の『セーラー服と機関銃』。その続編に当たる、橋本環奈主演の『セーラー服と機関銃 -卒業-』が、角川映画40周年記念作品として公開された。  前作『セーラー服と機関銃』は、アイドル映画でありな・・・続きを読む

【映画コラム】キャプテン妻夫木、エース亀梨…野球が人々に希望を与える『バンクーバーの朝日』

ほぼ週刊映画コラム2014年12月20日

 戦前のカナダに実在した日本人野球チームの選手と家族、隣人たちの姿を、実話を基に描いた『バンクーバーの朝日』が20日から公開された。  19世紀末から戦前にかけて、貧しい日本を飛び出し、一獲千金を夢見てアメリカ大陸へ渡った日本人たち。彼らを待ち受けていたの・・・続きを読む

【軍師官兵衛インタビュー】鶴見辰吾 「官兵衛の瞳の奥に何かを感じた」 官兵衛を認める思慮深い小早川隆景役

インタビュー2014年8月28日

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、毛利元就の三男、小早川隆景を演じている鶴見辰吾。隆景は羽柴秀吉(竹中直人)軍と激しく敵対するが、和睦の過程で黒田官兵衛(岡田准一)の実力と人間性に触れ、生涯にわたって互いを認め合う仲になる。戦国を見抜く隆景の・・・続きを読む

入江甚儀「いい親孝行ができた」 鶴見辰吾「“悪役の美学”はハカイダーから学んだ」

TOPICS2014年5月24日

 映画『キカイダー REBOOT』の初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の入江甚儀、佐津川愛美、高橋メアリージュン、伴大介、鶴見辰吾、下山天監督が登壇した。  本作は、1970年代に人気を博した石ノ森章太郎原作の特撮ヒーロードラマ「人造人間・・・続きを読む

  • 1
Willfriends

page top