鶴見辰吾「舞いあがれ!」で舞の父親・浩太の元同僚役 「本当に克典さんのお嬢さんに接しているような感覚」

2023年1月11日 / 13:45

「菱崎重工」の重役・荒金正人役の鶴見辰吾 (C)NHK

 NHKで放送中の連続テレビ小説「舞いあがれ!」の新たな出演者として、11日、鶴見辰吾、八木莉可子、川島潤哉、駿河太郎、久保田磨希が発表された。

 本作は、ヒロイン・岩倉舞(福原遥)が、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人々との絆を育みながら、空への憧れに向かってまい進する物語。

 新キャストの5人は、舞が新たに東大阪で出会う人々として登場する。

 鶴見は、重工業の国内トップクラスである「菱崎重工」の重役・荒金正人役。新人の頃、亡くなった舞の父親の浩太(高橋克典)と、長崎の職場で一緒に働いていたという役どころだ。

 鶴見は、福原について「真っすぐに吸い込まれるような瞳で、岩倉舞を演じています。それに引き込まれて、周りの多くの人たちが彼女を応援してしまう。私の役もその一人です」とコメント。

 また、「高橋克典さんは、幾度となく共演してきた、同い年の信頼できる俳優仲間です。おかげで、本当に克典さんのお嬢さんに接しているような感覚で演じられます。それは、この年齢まで俳優を続けてきたからこそ味わえる面白さだと感じています」と語った。

 八木は、舞の幼なじみ・梅津貴司(赤楚衛二)の短歌に心を打たれる秋月史子を演じる。史子は「デラシネ」を探し出して貴司に会いに来る。苦労人で、自らも外見からは想像ができないような短歌を詠む。

 朝ドラ初出演となる八木は「自分自身、普段短歌を詠んだりするので、滋賀県出身なことも含め、史子とは共通点が多くうれしかったです。芯の強さとピュアさを兼ね備えた史子を、どうか皆さまにも愛していただけたら、すごくうれしいです」とコメントを寄せた。

 川島は、中堅出版社のうさんくさい短歌担当編集者のリュー北條役、駿河は、舞が大学時代に在籍した人力飛行機サークル「なにわバードマン」のOBで、東大阪市の町おこしを担当する職員・安川龍平役、久保田は、東大阪で板金加工を専門とする工場の社長・我妻花江役をそれぞれ演じる。


芸能ニュースNEWS

「6秒間の軌跡」「そりゃなないぜ、ふみかさん…」「4人の会話劇が見ていて本当に楽しい」

ドラマ2024年5月26日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第7話が、25日に放送された。  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高橋)の前に、死んだはずの … 続きを読む

「季節のない街」「勝手にハモんないでくれる」「泉谷しげるさんの『春夏秋冬』でタイトル回収」

ドラマ2024年5月25日

 企画・監督・脚本、宮藤官九郎氏によるドラマ「季節のない街」(テレビ東京系)の第八話「がんもどき後編」が、24日深夜に放送された。  本作は、黒澤明監督が『どですかでん』(70)として映画化したことでも知られる山本周五郎の同名小説をベースに … 続きを読む

「Re:リベンジ」悲痛な展開に「何ともいえない虚脱感…」 「この怒りは“大友先生”錦戸亮に託すしかない」

ドラマ2024年5月24日

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  天堂記念病院では、朝比奈陽月(芳根京子)の妹・美咲(白山乃愛)の手術が行われていた。血管から出血し、危険 … 続きを読む

「Believe」“狩山”木村拓哉、まさかのラスト展開に反響 「ラスト5分の展開は怒涛過ぎて混乱中」

ドラマ2024年5月24日

 木村拓哉が主演するドラマ「Believe-君にかける橋-」(テレビ朝日系)の第5話が、23日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  テレビ朝日開局65周年として制作される本作は、大手ゼネコンで橋づくりに情熱を燃やす、狩山陸(木村)が刑務 … 続きを読む

「お迎え渋谷くん」“渋谷くん”京本大我の愛の告白に反響多数  「渋谷くんの告白は100億点満点」「キュンが止まらない」

ドラマ2024年5月22日

 京本大我が主演するドラマ「お迎え渋谷くん」(カンテレ・フジテレビ系)の第8話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、売れっ子俳優の渋谷大海(京本)が、保育士・青田愛花(田辺桃子)に出会い、不器用ながらも恋を育んでいく“ … 続きを読む

Willfriends

page top