鶴見辰吾、俳優を続ける原動力は“人との出会い”「立ち止まらず、歩き続けていたい」【インタビュー】

2023年7月26日 / 08:00

 理想の上司からヒール役まで幅広い役柄を演じ分け、存在感を発揮する鶴見辰吾。9月7日から上演される、Daiwa House Presents ミュージカル「生きる」では、主人公・渡辺勘治の前に立ちはだかる助役を熱演する。鶴見に同作への意気込みや俳優業への思いを聞いた。

鶴見辰吾 (C)エンタメOVO

-本作は、2018年に市村正親さんと鹿賀丈史さんのダブルキャストで日本発のミュージカルとして初演され、2020年の再演も大きな話題を呼んだミュージカルです。出演が決まった時の心境を教えてください。

  最初に「生きる」がミュージカルになるというお話を聞いた時から、どういうふうにミュージカルとして成立するのかなと好奇心と期待を込めて楽しみにしていました。初演を市村さんのバージョンで拝見して、ここまでミュージカルに合っている作品だったんだなと一観客として感動し、再演の時には鹿賀さんバージョンを拝見して、本当にすばらしい、いいお芝居だと改めて感じていたので、今回参加できることをうれしく思っています。

-原作は、黒澤明監督の同名映画です。俳優として、やはり黒澤作品には特別な思いがありますか。

 そうですね、今でこそ日本の映画監督が世界で評価される機会も多くなりましたが、今から40年前に世界的に評価が高い日本の映画監督は数少なかったですから、やはり特別でした。若い頃の私は、世界に飛び立ちたいという野望もあり、いつか黒澤さんの映画に出演できるような俳優になれたらと思っていました。1998年に黒澤さんが亡くなられて、結局、映画に出演することはかないませんでしたが、こうした形で、自分の希望が結実したということには思うところがあります。

-映画『生きる』とは違う、ミュージカルならではの面白さはどんなところにあると思いますか。

 日本でミュージカルというと、海外で作られたものを翻訳して上演することがほとんどです。私たちが演じる役柄の名前もスティーブだったりエリザベスだったり(笑)、そうした人物を日本人の僕たちが演じています。ですが、この「生きる」はわれわれの隣にいるような男性の人生がテーマですから、非常に身近です。もちろん、描いているテーマは普遍的で、誰にでも共感しやすい。きっとミュージカルを初めてご覧になる方にも楽しんでいただける作品だと思います。

-今回、鶴見さんは助役を演じますが、現状ではどのように演じたいと考えていますか。

 初演、再演で助役を演じていた山西惇さんが作り上げた、かわいらしさやユーモラスな面がある助役を踏襲しつつ、自分なりに演じたいと思います。私はこの作品には、根っからの悪人はいないと思うんですよ。みんなが生きるのに精いっぱいだっただけだと思うんです。助役は渡辺勘治の夢に立ちはだかる存在ですが、彼の夢が大きければ大きいほど、その夢が切実であればあるほど、私の役が大事になってくると思うので肝に銘じて演じていこうと思っています。

-今作の助役も主人公の敵役ですが、鶴見さんが演じた「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の久我山秋晴役もその存在感で話題となりました。敵役を演じるときの面白さはどんなところに感じていますか。

 人間は、通り一辺倒ではなく、さまざまな内面を持っていると思います。敵役というのは、そうしたさまざまな内面の中から「本当はこんなことを言ったら嫌われるだろうな」とか「人間社会においてこの態度を取ったら転落してしまうよな」という危ない行動を選びとって実践します。なので、自分ではできないことを役としてできるという面白さはあります。助役は今でいうパワハラを行って周りを苦しめますが、そうした普段は自分でできないことを、役の上でやれるという自由さは敵役の面白さだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top