柴咲コウ」に関連する113件の記事

「井伊家をいかに守っていくのか、南渓さんは相当苦心したに違いありません」小林薫2(南渓和尚)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年9月24日

 武田軍の侵攻により、井伊谷が焦土と化した。直虎(柴咲コウ)が守って来たものが次々と失われる一方で、井伊谷の民は復興に動き出し、成長した虎松(菅田将暉)も帰還するなど、未来への希望も見えてきた。井伊家が絶えた後も井伊谷を守ろうと尽力してきた南渓和尚は、今・・・続きを読む

「徳川家のために物事を冷静に運ぶ才を見ていただけたら」尾美としのり(榊原康政)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年9月17日

 再び進撃を開始した武田信玄(松平健)が井伊谷に攻め寄せ、井伊谷城は炎に包まれた。激動する戦国の世は、井伊家再興を諦め、還俗した直虎(柴咲コウ)の運命を翻弄していく。そんな中、徳川家重臣・榊原康政が登場。後に「徳川四天王」の1人に数えられ、成長した虎松=・・・続きを読む

「政次の最期については、高橋一生くんと話して、僕なりにお芝居でお別れをさせてもらいました」橋本じゅん(近藤康用)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年9月15日

 今川から派遣された目付、井伊谷三人衆の1人として、直虎(柴咲コウ)が当主の座に就くと同時に登場した近藤康用。第33回で小野政次(高橋一生)を死に追いやった人物として、その名を脳裏に刻みつけた視聴者も多いに違いない。徳川に加勢して井伊谷を手中に収めながらも・・・続きを読む

【芸能コラム】視聴率だけでは分からないファンの熱量 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年9月9日

 小野政次(高橋一生)が壮絶な最期を遂げた第33回に続き、第34回では龍雲丸(柳楽優弥)率いる龍雲党が壊滅。一時は直虎(柴咲コウ)までもが正気を失うなどここ数回、ハードな展開が続いた「おんな城主 直虎」。  固唾(かたず)を飲んで見守っていた視聴者も、南・・・続きを読む

【芸能コラム】必見!小野政次=高橋一生の魅力が光るベストエピソード5 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年8月25日

 高橋一生演じる小野政次の壮絶な最期に、誰もが言葉を失った第33回「嫌われ政次の一生」。放送終了後、twitter上には「神回」などと称賛する言葉があふれ、追悼CDまで発売されるなど、大きな話題を集めた。  その第33回を見ていないという人には、とにかく「見て!」・・・続きを読む

「この現場には、『もう死んでもいい』と思える瞬間が何度もありました」高橋一生(小野政次)3【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年8月20日

 幼なじみの直虎(柴咲コウ)を支えて、時に「裏切り者」の汚名を着せられつつも、必死に井伊谷を守ってきた井伊家家老・小野政次が、戦国の世に散っていった。第33回「嫌われ政次の一生」での最期に、胸いっぱいになった視聴者も少なくないに違いない。放送開始から半年以・・・続きを読む

【芸能コラム】巧みな脚本と俳優陣の好演が生む登場人物の魅力―中野直之と奥山六左衛門の場合― 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年8月11日

 武田との戦(いくさ)に備える今川の陰謀により、井伊家に取り潰しの危機が迫った第31回「虎松の首」。だがそれは、同時に直虎(柴咲コウ)たちが築き上げた井伊家の結束の強さを証明する場ともなった。隠し里に逃れた一族の前で、直虎が小野政次(高橋一生)と通じ合・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎だけではない!乱世を生き抜く女たち 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年7月29日

 今川家と武田家の対立が表面化し、もはや戦は避けられない状況となってきた大河ドラマ「おんな城主 直虎」。その中で、直虎(柴咲コウ)は井伊谷を守るために動き始める。  男たちが時代の中心だった戦国の世で、女でありながら当主を務める直虎の存在は異色だが、・・・続きを読む

「直虎に対しては“次郎”という呼び方が、一番愛情を持って呼べると思います」小松和重(昊天)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月25日

 武芸に秀でた傑山(市原隼人)と共に、南渓和尚(小林薫)の右腕的存在として、豊富な知識を生かして井伊家の菩提寺・龍潭寺の運営を取り仕切る昊天。“次郎法師”を名乗って出家した当時の直虎(柴咲コウ)の教育係を務め、当主となった今もその活躍を温かく見守っている。・・・続きを読む

「強いだけではない、信玄の人間味を出せれば…」松平健(武田信玄)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月21日

 物語の序盤から幾度となくその存在がほのめかされてきた“甲斐の虎”武田信玄が、満を持して第28回(7月16日放送)から登場。勢力拡大を狙って、窮地に陥った今川に襲いかかろうとしている。平和な国造りを目指す直虎(柴咲コウ)の運命を大きく左右することになるこの戦国大・・・続きを読む

【芸能コラム】直虎のさらなる成長を促す龍雲丸の存在 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年7月16日

 第27回「気賀を我が手に」(7月9日放送)で、気賀に建設された堀川城の城主となった直虎(柴咲コウ)。誠実な人柄と大胆な発想で領主としての足場を着々と固めている。今後さらなる成長が期待されるが、その鍵を握る人物が、柳楽優弥演じる龍雲丸だ。  盗賊団の頭・・・続きを読む

「与太夫のような人は、衣装一つで商売の仕方が伝わります」本田博太郎(中村与太夫)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月9日

 第27回で商人たちの町・気賀に堀川城が完成。その城を井伊が治めることとなり、築城を巡る騒動は一件落着した。この騒動で活躍したのが、町衆の元締め的存在である中村与太夫。その個性的な風貌や振る舞いは一際目を引くが、そこには演じる本田博太郎のアイデアが多分に反・・・続きを読む

「出演が決まった時、実家は宝くじに当たったような大騒ぎになりました」田中美央(奥山六左衛門)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年7月2日

 井伊家重臣・奥山家の当主でありながら、武芸は不得意で性格も気弱。ちょっと頼りないところはあるものの、実直な働きぶりと憎めない人柄で、中野直之(矢本悠馬)と共に直虎(柴咲コウ)を支えるのが奥山六左衛門である。“六左”の愛称で親しまれるこの人物を好演している・・・続きを読む

【芸能コラム】いよいよ折り返し!前半25話の必見エピソード5選 「おんな城主 直虎」

ほぼ週刊芸能コラム2017年6月30日

 6月25日放送の第25回で折り返しを迎えた「おんな城主 直虎」。これまで、当主の座に就いた直虎(柴咲コウ)が、今川家の支配下で領地・井伊谷を豊かにすべく奮闘する姿を軸に物語が展開してきたが、第24回では遂に織田信長(市川海老蔵)が登場。松平健が武田信玄を・・・続きを読む

「高橋一生さんは、まるで詐欺師です(笑)」山口紗弥加(なつ)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年6月25日

 井伊家の家臣・奥山家から、小野政次(高橋一生)の弟・玄蕃(井上芳雄)のもとへ嫁ぎ、玄蕃亡き後、小野家に残って政次を支えるなつ。政次へ密かに思いを寄せる気配もうかがわせたが、第25回の、政次に抱きつくという大胆な行動に驚いた視聴者も多いに違いない。こうなる・・・続きを読む

「たけは、体いっぱいおとわを愛して、“おとわさま命”の人でした」梅沢昌代(たけ/梅)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年6月18日

 乳母として、おとわと呼ばれた幼いころから直虎に仕えてきたたけが、高齢からくる衰えを理由に自ら井伊谷を去っていった。第24回、直虎(柴咲コウ)との別れのシーンに心打たれた視聴者も多いに違いない。そして代わりに登場したのが、たけの姪・梅である。この、たけと梅・・・続きを読む

「自分を入り口に、このドラマの面白さを知ってほしい」真壁刀義(力也)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年6月12日

 次第に直虎(柴咲コウ)たちとの信頼関係を築き上げていく龍雲丸(柳楽優弥)一党。その顔ぶれには、一芸に秀でた個性的な面々がそろう。その中で、屈強な肉体を持つ力也を演じているのが、スイーツ好きとして知られ、“スイーツ真壁”の名でバラエティー番組でも人気のプロ・・・続きを読む

【芸能コラム】今からでも大丈夫!「おんな城主 直虎」を楽しむ三つのポイント

ほぼ週刊芸能コラム2017年6月9日

 中盤を迎え、ますます盛り上がる「おんな城主 直虎」。新たな登場人物も加わり、後半に向けてさらに期待が高まってきた。そこでここでは、これまでの物語を振り返り、今後の注目ポイントを整理してみたい。 注目したいのは、大きく分けて次の3点だ。1.地域振興の行方・・・続きを読む

「主演のようなテンションで盗賊団の頭を演じています」柳楽優弥(龍雲丸)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年6月4日

 直虎(柴咲コウ)の計らいにより、晴れて井伊の人々からその存在を認められた龍雲丸と盗賊団の仲間たち。直虎との絆も徐々に深まり、今後ますますの活躍を見せることになる。前回に続いて龍雲丸役の柳楽優弥が、盗賊団のメンバーとの共演や、役に込めた思いなどを語った。&・・・続きを読む

【芸能コラム】「おんな城主 直虎」の脚本家が描くもう一つの戦国 『花戦さ』

ほぼ週刊芸能コラム2017年6月2日

 新たな人物も続々と登場し、さらに勢いがついてきたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。女性の領主による領地経営という視点から戦国時代を描き、これまでにない作品となっている。鮮やかな筆致で脚本を手掛けるのは森下佳子。その森下が脚本を執筆し、戦国時代を舞台・・・続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top