是枝裕和」に関連する30件の記事

【映画コラム】良くも悪くも“劇映画”になっている『検察側の罪人』

ほぼ週刊映画コラム2018年8月25日

 共にジャニーズ事務所に所属する木村拓哉と二宮和也が新旧の検事役で初共演した『検察側の罪人』が公開された。  本作は、雫井脩介の原作を、監督・脚本、原田眞人で映画化。検事の仕事を具体的に見せながら、法の矛盾、時効、罪と罰、善と悪、司法と検察、そして・・・続きを読む

【映画コラム】家族の絆について改めて考えてみたくなる『未来のミライ』

ほぼ週刊映画コラム2018年7月21日

 細田守監督のアニメーション映画最新作『未来のミライ』が公開された。  4歳の男の子くんちゃん(声=上白石萌歌)に妹ができる。ところが、両親(星野源、麻生久美子)の愛情を妹に奪われたと感じたくんちゃんは、ミライと名付けられた妹の存在を素直に受け入れ・・・続きを読む

リリー・フランキー『万引き家族』を語る 「治は1回もちゃんと父親になれていない」

TOPICS2018年7月14日

 映画『万引き家族』の大ヒット御礼!Q&Aイベントが13日、東京都内で行われ、出演者のリリー・フランキーと子役の城桧吏くんが登壇した。  是枝裕和監督が手掛けた本作は、東京の下町を舞台に、犯罪でしかつながれなかった家族の“許されない絆”を描いた物語。第71・・・続きを読む

【芸能コラム】安藤サクラ 玄人好みの演技派から世界が認める国民的女優へ 『万引き家族』

ほぼ週刊芸能コラム2018年6月25日

 「これから撮る映画の中であの泣き方をしたら、彼女のまねをしたと思ってください」  これは、今年のカンヌ国際映画祭で審査員長を務めた女優のケイト・ブランシェットが語った言葉だ。ここで言う「彼女」とは、最高賞パルム・ドールを受賞した『万引き家族』に出演した・・・続きを読む

【映画コラム】家族の在り方や描き方は多種多様『万引き家族』

ほぼ週刊映画コラム2018年6月9日

 祖母、父、母、叔母、息子、娘の六人家族。だが、その実態は、老婆の年金と、細々とした仕事、そして窃盗で生計を立てる、それぞれが訳ありの血のつながらない疑似家族。そんな彼らの日常を描いてカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞した『万引き家族』が公開された。 ・・・続きを読む

安藤サクラ「納豆ご飯のようだった」 “是枝組”での幸せな撮影を振り返る

TOPICS2018年6月9日

 映画『万引き家族』の公開記念舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者のリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、樹木希林、子役の城桧吏くん、佐々木みゆちゃんと是枝裕和監督が登壇した。  本作は、東京の下町を舞台に、犯罪でしかつながれなかっ・・・続きを読む

リリー・フランキー“劇中家族”に愛着 「撮影が終わってほしくなかった」

TOPICS2018年4月26日

 映画『万引き家族』の完成披露試写会が25日、東京都内で行われ、出演者のリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、子役の城桧吏くん、佐々木みゆちゃんと是枝裕和監督が登壇した。  本作は、東京の下町を舞台に、犯罪でしかつながれなかった家族の“許され・・・続きを読む

日本アカデミー賞『三度目の殺人』が6冠 最優秀主演男優賞は『あゝ、荒野』の菅田将暉に

TOPICS2018年3月3日

 第41回 日本アカデミー賞授賞式が2日、東京都内で行われ、是枝裕和監督の『三度目の殺人』が作品、監督、助演男女優を含む最多の6部門で最優秀賞に輝いた。  是枝監督にとっては『海街diary』(15)以来2度目の最優秀作品賞の受賞となった。  個人でも監督・・・続きを読む

福山雅治、是枝監督との3度目のタッグに意欲 是枝監督は「すっごい悪いやつをやってほしい」

TOPICS2017年9月19日

 映画『三度目の殺人』公開記念舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治と是枝裕和監督が出席した。  館内中からの大歓声と拍手に迎えられ、上映後のステージに立った福山は「見終わった後ですよね? この映画を見終わってこういう感じのリアクション・・・続きを読む

福山雅治、海外での役所広司の人気に驚き 「ベネチアでは“コージ”だった」

TOPICS2017年9月9日

 映画『三度目の殺人』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、役所広司、広瀬すず、満島真之介が出席した。  本作は、殺人の前科があり、死刑確定と思われていた三隅(役所)の弁護を引き受けた弁護士の重盛(福山)が、真相を追う中で深い闇に・・・続きを読む

福山雅治「またあんないい体験ができるのか…」 ベネチア国際映画祭への期待を語る

TOPICS2017年7月31日

 映画『三度目の殺人』の完成披露試写会が31日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、是枝裕和監督が出席した。  本作は、是枝監督が脚本も手掛けた法廷サスペンス。殺人の前科があり、死刑確定と思われていた・・・続きを読む

「主演のようなテンションで盗賊団の頭を演じています」柳楽優弥(龍雲丸)後編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

インタビュー2017年6月4日

 直虎(柴咲コウ)の計らいにより、晴れて井伊の人々からその存在を認められた龍雲丸と盗賊団の仲間たち。直虎との絆も徐々に深まり、今後ますますの活躍を見せることになる。前回に続いて龍雲丸役の柳楽優弥が、盗賊団のメンバーとの共演や、役に込めた思いなどを語った。&・・・続きを読む

池松壮亮「自分では敗者だと思っている」 是枝監督とのトークショーで率直な思いを吐露

TOPICS2016年11月26日

 映画『海よりもまだ深く』のBlu-ray&DVD発売記念イベントが26日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮と是枝裕和監督がトークショーを行った。 池松は、劇中で阿部寛演じる主人公・良多の職場の後輩を演じた。今回発売された特別限定版にはハナレグミの主題・・・続きを読む

【映画コラム】みんなが成りたかった大人に成れるわけじゃない『海よりもまだ深く』

ほぼ週刊映画コラム2016年5月21日

 『そして父になる』(13)『海街diary』(15)に続く、是枝裕和監督の家族映画『海よりもまだ深く』が公開された。タイトルはテレサ・テンの「別れの予感」の一節から取られている。  本作の主人公は、いい年をした売れない小説家の篠田良多(阿部寛)。ギャンブル好き・・・続きを読む

阿部寛、初のカンヌ映画祭に感激 樹木希林は阿部を「この風体がカンヌにぴったり」

TOPICS2016年5月21日

 映画『海よりもまだ深く』の初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の阿部寛、真木よう子、樹木希林が登壇した。  是枝裕和監督がメガホンを取った本作は、“成りたかった大人に成れなかった大人たちの物語”。かなわぬ夢ばかりを追い続ける情けない主人公、・・・続きを読む

広瀬すず「鳥肌が立ちっ放し」 日本アカデミー賞最優秀作品賞に『海街diary』

TOPICS2016年3月5日

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、最優秀作品賞を『海街diary』が受賞。是枝裕和監督と四姉妹を演じた綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずがそろって登壇した。  三女役の夏帆と次女役の長澤が優秀助演女優賞、長女役の綾瀬が優・・・続きを読む

広瀬すず“キネ旬”新人女優賞を受賞 「お姉ちゃんたちとの出会いが大きかった」

TOPICS2016年2月13日

 「2015年 第89回キネマ旬報ベスト・テン表彰式」が13日、東京都内で行われ、受賞者の深津絵里、二宮和也、本木雅弘、広瀬すず、篠原篤、橋口亮輔監督ほかが登壇した。  同賞は1919年に創刊された映画雑誌『キネマ旬報』が1924年度から発表している映画・・・続きを読む

綾瀬はるか&広瀬すず“姉妹”で女優賞を受賞 綾瀬「今日は“末っ子”に会えてとてもうれしい」

TOPICS2015年11月21日

 「第7回TAMA映画賞」の授賞式が21日、東京都内で行われ、最優秀女優賞を受賞した綾瀬はるか、最優秀新進女優賞を受賞した広瀬すずほかが登壇した。  本賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる“いきのいい”作品・監督・俳優・・・続きを読む

【映画コラム】 広瀬すずが素晴らしい!『海街diary』

ほぼ週刊映画コラム2015年6月13日

 鎌倉を舞台に、三姉妹と異母妹が家族としての絆を深めていく1年間を描いた是枝裕和監督の『海街diary』が13日から公開された。原作は吉田秋生の同名漫画。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが四姉妹を演じている。  祖母が残した、神奈川県鎌倉の一軒家で・・・続きを読む

綾瀬はるかが、長澤まさみらに手作りケーキを 「歯磨き粉と味が混ざっちゃった」

TOPICS2015年6月13日

 映画『海街 diary』の初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、是枝裕和監督ほかが登場した。  本作は、鎌倉で暮らす三姉妹が、15年前に家を出ていった父親の葬儀で出会った異母妹を引き取り、本当の家族に・・・続きを読む

  • 1
  • 2

page top