【インタビュー】「有村架純の撮休」有村架純「8通りの自分を演じることを心掛けました」 是枝裕和監督「有村さんはきちんと違うものを出している。さすがだなと思いました」

2020年3月20日 / 17:58

 朝ドラヒロインも務めた国民的女優・有村架純は、一体休日に何をしているのだろうか…? そんな誰もが気になる姿を、気鋭のクリエイターたちが妄想を膨らませて描き出す1話完結のオムニバスドラマが、3月20日からWOWOWでスタートする。その名も「有村架純の撮休」。ときには帰省して母と再会したり、ときには人間ドックへ行ってみたり…。全8話にそれぞれ違った顔を持つ人の有村架純が登場し、趣向を凝らしたユニークな物語が繰り広げられる。その中の2話を監督したのが、日本を代表する映画監督・是枝裕和。主演の有村と是枝監督に、作品の見どころを聞いた。 

是枝裕和監督(左)と有村架純(スタイリング:瀬川結美子/ヘアメイク:尾曲いずみ)

-有村さんは本作について「自分のお芝居について、ちょっと迷いや不安を感じ始めてきたときに、今回のお話を頂き、次の扉を開くきっかけになるかもしれないと思いました」とコメントされています。その意味を教えてください。

 有村 これまで、等身大の女性を演じる機会がとても多かったので、自分の中で「それぞれ、どう違いを出していけばいいんだろう?」という状態になっていたんです。「こういう役が続くと、もう出すものがないかも…」というほどで。そんなところにこのお話を頂き、「いろいろなことを試せるいい機会かもしれない」と思いました。「有村架純だけどそうでない人物を、いいバランスでどう演じるか」ということに挑戦してみてもいいかな…と。だから、なるべく8通りの自分を演じることを心掛けました。

-8通りの有村架純を演じる上で、役作りはどのように?

 有村 是枝さんの「ただいまの後に」(第1話)が、すごく自分に近かったので、それを軸に、他をどうするか考えていきました。それぞれ脚本を読んだ印象を基に、「これはこういう部分を出してみたらいいかな…?」と、なるべく自分の中に潜んでいるものを出すようにして。ただ、そこから離れ過ぎると、有村架純ではなく、別のキャラクターになってしまうので、行き過ぎないように気を付けました。そういう意味では、どの作品もどこかに私らしさは出ていると思います。

是枝 僕も2本やらせていただき、津野愛(7話監督・脚本)さんの現場ものぞかせてもらいましたが、「いかにも」といった演じ分けではない形で、きちんと違うものを出している。さすがだなと思いました。

-有村さんが是枝監督との2本で、印象に残っているシーンは?

有村 「ただいまの後に」(第話)は、久しぶりに帰省して母親と再会する話ですが、母親役の風吹(ジュン)さんとのやり取り全般がすごく好きです。親子とはいっても、離れて暮らしていると、見えないものがありますよね。だから、久しぶりに会うと、状況もいろいろ変わっている。そういうところは、すごく分かるな…と。たまに会うと、背中が小さく見える…みたいな経験は私にもありますから。1人の人間として向き合うことになった親子が、よそよそしい感じでお互いの状況を探り合うやりとりが、すごくリアルに感じられました。

-是枝監督が母娘の会話を撮るときに意識したことは?

是枝 有村さんが言ったように、母が違う生き物に見える瞬間があり、そこで関係や言葉遣いが変わってくる。そういう娘の目線の中に芽生えるイラつきやいたわり、さらにはその感情が自分に跳ね返ってきたときの戸惑い…みたいな微妙なものを、きちんと捉えたいと思っていました。

-是枝監督は、ご自身が監督された2本の中で、印象に残ったシーンは?

是枝 「ただいまの後に」の、有村さんと風吹さんの芝居は、撮っていて楽しかったです。特に印象的だったのが、けんかが始まって、台所にいる母親の背中を見ながら文句を言って近づいていくところ。画面の隅で切れる瞬間、有村さんが「ふんっ!」と鼻で笑ったんです。「ふんっ!」の最後には、もう本人が画面から消えているぐらいのタイミングで。その絶妙な感じが素晴らしくて(笑)。

有村 

是枝 「人間ドック」(第3話)は、病院のエコー室で再会した元カレの検査技師との会話が中心ですが、2人の距離感が変化していく様子を、なるべくいろいろな形で撮ろうと思っていました。ずっと検査用のベッドに横たわったままなので、シチュエーションは変わらない。でも、その中で恋愛ドラマとして、2人の距離感の変化を表現したいと。有村さんは期待通り、患者から女になる瞬間を表現してくれたと思います。ただ、あんなに長く人の“おへそ”を撮ったのは、初めてでしたけど(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top