是枝裕和監督「特別なものが映っている映画になった」 安藤サクラ「自分の想像をはるかに超えた作品に参加させていただきました」

2023年5月9日 / 06:26

(左から)中村獅童、高畑充希、永山瑛太、柊木陽太、黒川想矢、安藤サクラ、脚本の坂元裕二氏、是枝裕和監督 (C)エンタメOVO

 映画『怪物』完成披露試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の安藤サクラ、永山瑛太、黒川想矢、柊木陽太、高畑充希、中村獅童、脚本の坂元裕二氏と是枝裕和監督が登壇した。

 『万引き家族』で知られる是枝監督が「今一番リスペクトしている」と語る坂元氏と初タッグを組んだ本作は、第76回カンヌ国際映画祭の「コンペティション部門」への正式出品も決定している。

 大きな湖のある郊外の町を舞台に、学校で起きたけんかが大ごとになり、子どもたちがこつぜんと姿を消す…というストーリー。

 是枝監督は「特別なものが映っている映画になったと思います。スタッフが完成試写を見て『全ての人がいい仕事をしていますね』と言ってくれたのが本当にうれしかった。あまり『是枝組』と言われるのは好きではないけれど、少しずつ変化しながらも、今本当にいいチームになっていて、素晴らしい映画ができたと確信しております」と語った。

 『万引き家族』以来の是枝組への参加となった安藤は、息子を愛するシングルマザーを演じた。

 オファーはコロナ禍前だったそうで、「こんなにも早く再び監督からお声掛けいただけてすごくうれしかったのですが、その反面、監督の現場にすぐに戻ることに、とても大きなハードルを感じてしまって、おじけづいておりました」と告白。

 「覚悟を決められない時間が割と長く続いた」そうだが、最終的に参加を決意。完成作をスクリーンで見た今となっては「そのときの自分を一発殴ってやりたい気持ち。自分の想像をはるかに超えた作品に参加させていただきました」と語った。

 主役の2人の少年を演じた黒川と柊木は、オーディションで選ばれた。安藤の息子役の黒川は、撮影の休日に、教師役の永山がドライブに連れ出してくれたエピソードを披露。

 「自分がどういう演技をするかではなく『役者さんは基本、監督の脳みそにあるものを表現するんだよ』と教えてもらって(心に)響きました」と明かした。

 音楽は3月に死去した坂本龍一さんが担当した。是枝監督は「亡くなられたのは残念ですが、最後にこういう形でご一緒できたのが自分にとっての誇り。この作品には坂本さんの音楽が必要でした」と言葉に力を込めた。

 映画は6月2日から公開。


芸能ニュースNEWS

「Eye Love You」“花岡”中川大志の苦しい“心の声”に「涙が出た」 「花岡の感情があふれ出した瞬間が圧巻だった」

ドラマ2024年2月21日

 二階堂ふみが主演するドラマ「Eye Love You」(TBS系)の第5話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、目が合うと相手の心の声が聞こえる“テレパス”の能力を持つ主人公・本宮侑里(二階堂)が、超ストレートな年下の … 続きを読む

「リビ松」“松永”中島健人の“元カノ”若月佑美の登場に波紋  「どのドラマも元カノって嫌」「モヤモヤする」

ドラマ2024年2月21日

 中島健人が主演するドラマ「リビングの松永さん」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、恋に不器用なアラサー男・松永(中島)と、ピュアで一生懸命な女子高生・美己(高橋ひかる)がシェアハウス … 続きを読む

「君が心をくれたから」ついに“太陽”山田裕貴が奇跡の真実を知る  「『触覚は幸せを確かめるもの』って、納得した」

ドラマ2024年2月20日

 永野芽郁が主演するドラマ「君が心をくれたから」(フジテレビ系)の第7話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、主人公・逢原雨(永野)が、愛する男性、朝野太陽(山田裕貴)のために自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから … 続きを読む

「春になったら」“岸”深澤辰哉の“瞳”奈緒への優しさに反響集まる  「岸くんがいい男過ぎる」「絶対に好きになっちゃう」

ドラマ2024年2月20日

 奈緒と木梨憲武がW主演するドラマ「春になったら」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、「3カ月後に結婚する娘」と「3カ月後にこの世を去る父」が「結婚までにやりたいことリスト」と「死ぬま … 続きを読む

「SHOGUN 将軍」ジャパンプレミア  真田広之「東西の壁を乗り越えて一丸となって作ったことがこの作品のメッセージ」

ドラマ2024年2月20日

 米ドラマシリーズ「SHOGUN 将軍」のジャパンプレミア試写会が19日、東京都内で行われ、主演とプロデューサーを務めた真田広之、コズモ・ジャービス、アンナ・サワイ、平岳大、西岡徳馬、二階堂ふみほかが登壇した。  本作は、徳川家康をはじめと … 続きを読む

Willfriends

page top