「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

2024年2月24日 / 10:00

城桧吏(ヘアメーク:中島愛貴)(C)エンタメOVO

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまでの『自分の常識』をアップデートしていく物語。男らしさよりもかわいいものが好きで自分自身が何者かに悩む誠の息子・翔役を演じる城桧吏に、本作を通じて伝えたい思いや、17歳の自身が感じている「多様性」などについて語ってもらった。

―まずは、オファーを受けたときのお気持ちと原作を読んだ印象を教えてください。

 今までに演じたことがない役柄でしたし、原作漫画の翔はすてきなキャラクターなので、最初は僕でいいのかなという不安もありましたが、新しい自分が発見できるかもしれないとワクワクもしました。原作はキャラクターの個性が豊かで面白く描かれていますし、今の多様性の時代について深く考えるきっかけになりました。台本を読んでも原作のせりふや流れが再現されていて、とても撮影が楽しみでした。

―沖田翔くんは「自分が何者か」ということに悩んで不登校になる役どころですが、そういった繊細な部分は、どのように捉えて演じましたか。

 翔は自分の「好き」というものがしっかりとある芯の強い子で、自分の「好き」を貫ける、とても応援したくなるようなキャラクターだと思っています。繊細な子でもあるので、お父さんや友達から何かを言われたときに翔だったらどう思うんだろう? というのを大事に考えながら、感情の揺れ具合いによって、顔の表情や動きを話ごとに細かく変えるよう意識しました。

―役作りをするうえで、ほかに工夫したことはありますか。

 原作や台本を読んで、沖田翔はどういうキャラクターなのかというのを箇条書きにして、そこから役を作っていきました。翔は「メークが好き」「自分の好きを持っている」「繊細で優しさがある」というように書き出していって、そこから少しずつ理解を深めていきました。

―沖田翔というキャラクターとご自身に共通点は感じていますか?

 かわいいものが好きなところは似ているのかなと思います。僕自身もかわいいものが好きで、昔から弟と一緒にペンギンのぬいぐるみを集めています。今では家に10個くらいあって、昔からずっといる1匹は撮影やロケに出かけるときに持って行くこともあります。色もパステルカラーが好きなので、例えば学校の授業で何か創作をするときにピンクや薄紫色などを選んで描いたりしています。

―撮影でメークに挑戦した感想はいかがですか。

 メークは初めての挑戦だったのでグロスを塗ったりするのは難しかったです。髪の毛を編み込むシーンもあるのですが、メークさんに教えてもらいながらやってみて、意外と自分は器用なのかもという発見もありました。メークをして鏡に映った自分を見て「あ、かわいくなっている」と思ったりしました(笑)。

―撮影を経て感じた原田泰造さんや中島颯太さんの印象を教えてください。

 泰造さんは現場の雰囲気を明るくしてくれる方です。俳優としての泰造さんは何とも言えない表情など細かいところの表現がすごい方だなと思いました。僕もあんなふうに表現ができたらいいなと思いました。中島颯太さんは僕がボケたときにツッコんでくれたり、話し掛けてくれたり、お兄ちゃんみたいな存在でした。

―ドラマが放送されてから、反響の声は届いていますか?

周りの友達や親戚から「見たよ」という声を掛けてもらったり、「同じようなことを感じた」とか「すごく共感できる」という声をたくさんいただいています。

(C)東海テレビ

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top