「おっパン」“誠”原田泰造、息子“翔”城桧吏の怒りにショック 「おっパンを鑑賞しながら、シンポジウムを開催してほしい」

2024年2月19日 / 07:04

(C)東海テレビ

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(東海テレビ・フジテレビ系)の第7話が17日に放送された。(※以下、ネタバレあり)
 
 家族4人で食卓を囲むことができた沖田家。ひとつの大きな壁を乗り越えた沖田誠(原田)だったが、職場では、誠の先輩にあたる昭和世代の古池(渡辺哲)の言動に、部下たちがピリついていた。

 一方、息子の翔(城桧吏)は同級生の香梨奈(並木彩華)のおかげで“自分のやりたいこと”を見つけることができる。それはメークアップアーティストへの道だった。

 そんな翔に、野球部の長谷川(坂上翔麻)が「沖田ってゲイなの?」と投げ掛ける。

 大地(中島颯太)は大地で悩んでいた。恋人の円(東啓介)が、大地と一緒にいるために獣医師試験を受けないというのだ。そんな円に大地はいつもの前向きさを失い…。

(C)東海テレビ

 放送終了後、SNS上には、「登場人物が根っからの悪い人がいないから、みんなの成長していく姿に引き込まれる良い作品」「世代間の違いや現代の問題をうまく取り入れていて面白い」「おっパンを鑑賞しながら、シンポジウムを開催してほしい。ポイントになるシーンを放映して、そのシーンで問題提起されているのはどんなことかを意見交換したい」などの感想が寄せられた。

 終盤では、翔が長谷川や香梨奈と話しているところを見掛けた誠が翔に、「父さんは翔が誰を好きでもいいと思う」と声を掛ける。すると翔は、「どうして誰かと仲良くしていると、すぐに好きとか付き合ってるとか考えるの? そういうふうに決め付けられると苦しくなる。もうほっといてよ!」と怒りをぶつけ、誠がショックを受ける場面が描かれた。

 このシーンについて、「息子がどんな人を好きになっても、異性でも同性でも応援したい、そんな気持ちで誠は言ったんだよね」「翔の気持ちがめちゃくちゃ分かる。私も嫌だった」「いつの時代も2人でいるだけで、恋愛に結び付ける人って多いよね」といった声が上がった。

(C)東海テレビ


芸能ニュースNEWS

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

「アンチヒーロー」「とんでもない“長谷川博己劇場”になっている」「岩ちゃんのその笑顔に私はだまされない」

ドラマ2024年4月22日

 長谷川博己主演の日曜劇場「アンチヒーロー」(TBS系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、弁護士ドラマの枠組みを超え、“正義とは果たして何なのか?”“世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?”を問い掛ける逆転パラドック … 続きを読む

「東京タワー」“透”永瀬廉の濃厚ラブシーンにもん絶 「私の全細胞が興奮した」「美し過ぎて心臓が持たない」

ドラマ2024年4月21日

 永瀬廉が主演するドラマ「東京タワー」(テレビ朝日系)の第1話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、江國香織氏の同名恋愛小説が原作。愛を知らない医大生・小島透(永瀬)が20歳上の大人の女性・浅野詩史(板谷由夏)との許さ … 続きを読む

Willfriends

page top