吉高由里子「なるべくみんなを巻き込んで、この作品にみんなで没頭できたらいいなと思います」 大河ドラマ「光る君へ」合同取材会

2024年1月5日 / 12:00

-大河ドラマの現場に主演として入ってみて、その魅力をどのように感じているかということと、主演として心掛けていることがあれば聞かせてください。

 一つ一つのワンカットがこんなに長いんだというぐらい、みんな本当に丁寧に仕上げています。例えば、「すいません。ちょっと待ってください」と言いながら、後ろの方の葉っぱをぬらし始めたりして…。そこまで見えるの? みたいなところまで、すごく丁寧に作り込んでいます。衣装も、平安時代ということもあってすごく鮮やかで、画面もすごくきれいなので、大きな画面で見るのが楽しみだなと思っています。

 主演としては、こんなに大人数のキャストが出ている作品に出ることなんて、今後あるのかも分からないですし。一度も共演せず、お会いしないまま、クランクアップしていく方もいらっしゃるので、自分と関わる方はなるべく巻き込んで楽しんでいきたいと思います。座長としてというよりも、人に甘えられるところは甘えて、なるべくみんなを巻き込んで、この作品にみんなで没頭できたらいいなと思います。

-まひろとして平安時代を生きてみて、カルチャーギャップを受けたところと、ここは今と変わらないと感じたところを教えてください。

 隙間風だらけ(笑)。すごく寒そうだなとか、冬は寒かったけど夏は涼しかったのかなと想像したりします。御簾1枚というプライバシーの環境も不思議だなと思いました。平安貴族は好き勝手にどこにでも行けるわけじゃないという、よく分からないルールのある時代だなと思ったり…。でもお金のない人たちには別に関係ない。だったらお金持ちとそうではない人とどちらがいいのだろうと思ったり、いろんな想像をします。同じだなと思ったのは、やっぱり人が好きなうわさ話とか、繰り返し人を好きになっていくこととか、浮いたり沈んだりする感情の起伏も変わらないのかなという感じです。

-吉高さんから見て、この作品のここを見ると楽しいよというところがあれば教えてください。

 画面がすごく優しいです。 色使いも、淡いものもあって繊細ですし、着物の色合わせでも、それとそれを組み合わせるんだというのもある。すごく五感に敏感な時代だと思います。目で見るもの、耳に聞こえるものにいかに触れるか。風景の中には人の心を揺さぶるものがいっぱいある。それが歌になって、今度は耳が楽しんでみたいにつながっていく、連鎖していく。今だったら見落としてしまうような小さな幸せを、うまく生かしているなと思います。それが作品として残ったりしているところが見どころ。本当に男性の着物も、すごくきれいなんです。だから、どう見えるんだろうというのが楽しみです。

-まひろは平安時代の女性ですが、視聴者が、まひろという人物を見るに当たって着目してほしい点があれば教えてください。

 自分の周りで起きた出来事について、何かを感じることについては、平安時代の人よりも、現代の人の方が鈍くなったり、疎くなっているのかもしれません。まひろは、もう笑えるぐらい頑固。そういう人がどんどん言葉を紡いでいって、最後に残った大切なものを探す物語なのかなと感じているので、皆さんにはそれを見届けていただけたらと思います。

(取材・文/田中雄二)

(C)NHK

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

「携帯に鶴瓶さんの顔のシールを貼って、『この人は私の旦那さん』と頭に刷り込みました」 中条あやみ『あまろっく』【インタビュー】

映画2024年4月10日

 通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門(こうもん)」によって水害から守られている兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観もバラバラな家族が、さまざまな現実に立ち向かう中で次第に一つになっていく姿を描いた人生喜劇『あまろっく』が、4月12日(金)の … 続きを読む

「このドラマでは東京がメインキャラクター」「これからどうなるのって、1週間ドキドキ、イライラしながら待つ時間を過ごしてほしい」アンセル・エルゴート、渡辺謙「TOKYO VICE Season2」【インタビュー】

ドラマ2024年4月9日

 WOWOWとHBO Maxによる日米共同制作のドラマシリーズ「TOKYO VICE」のSeason2が、4月6日(土)からWOWOWで日本独占放送・配信開始となった。1990年代の東京を舞台にしたこのクライムサスペンスで、主人公の新聞記者 … 続きを読む

Willfriends

page top