大石静「紫式部は、どんな生い立ちの中で『源氏物語』を書ける人間に成長していったのかを描きたい」 脚本家が2024年の大河ドラマに込めた思い【「光る君へ」インタビュー】

2024年1月1日 / 05:00

 1月7日からNHKで放送開始となる大河ドラマ「光る君へ」。平安時代、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた紫式部を主人公に、時の権力者・藤原道長との絆を交えつつ、その波乱の生涯を描いた物語だ。脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「ふたりっ子」(97)、「セカンドバージン」(11)など数々のヒット作を手掛け、「功名が辻」(06)以来、二度目の大河ドラマ登板となる大石静。放送開始を前に、作品に込めた思いを語ってくれた。

脚本家の大石静氏(写真提供=NHK)

ー脚本執筆に当たり、主人公・紫式部=まひろをどのような女性と捉えましたか。

 確かな一次史料が残っているわけではありませんが、紫式部は幼い頃に母を亡くし、暮らしは貧しかったらしいといわれています。そこから、生きることは不条理に苛まれ続けることだと知ってしまった女性なんだろうなと。だから、何事にも真正面から一生懸命に向き合う、というわけではなく、「人生はそんなにうまくいくわけがない」とやや斜に構えたようなものの見方で少女期を過ごしている。そういう沸々としたものが、文学者としての萌芽(ほうが)になり、やがてそれを表現してみたいという意欲が湧いてくる…。そんな生きざまをイメージしました。

ーなるほど。

 しかも、当時の一般的な貴族の女性たちのように「誰かの妻になりたい」と考えるだけではなく、「自分の使命は何なのか」と疑問を抱くほど、知的レベルも高かったのではないかと思います。同時に、藤原道長に思いを寄せ、道長から何度も「自分の妻になれ」と言われながらも、正妻だけでなく、妾もたくさんいる道長に嫁いで不自由な思いをしたくないと断り続ける自我の強さも持っている。「まひろ」という名は、1年間通して使い続ける上で、耳に心地よい音ということを考慮して決めました。

ー紫式部=まひろ役の吉高由里子さんに期待することは?

 吉高さんは、非常に明るく朗らかな方ですが、ふとした時に見せるもの悲しさや寂しさといった陰のある表情もとても魅力的です。そんなふうに陽と陰が同居しているところが、複雑な内面を持つ紫式部にぴったりだなと。彼女とはこれまで何度かご一緒しているので、今回改めて「こうしてほしい」とお願いしたことはありませんが、ご本人が伸び伸びやっていただければ、私が期待した通りの紫式部になると思っています。

まひろ役の吉高由里子(写真提供=NHK)

ーまひろと特別な絆で結ばれていく藤原道長について教えてください。

 横暴な政治を行っていたといわれる藤原氏ですが、それは「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることも なしと思へば」という道長の有名な歌、一首が理由です。でも、時代考証の倉本一宏先生によれば、決してそうではなかったと。災害時には、庶民のために助け小屋を作ったり、話し合いによって物ごとを解決し、400年にわたって大きな戦のない世を作ったりと、現代にも通じるレベルの高い政治を行っていたんだそうです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

上白石萌歌「好きという気持ちが一番大切な原動力」 尽きることのない「表現」への意欲【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月20日

 2011年に史上最年少で第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。近年ではNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」やドラマ「パリピ孔明」、「義母と娘のブルース」シリーズなど数々の映画やドラマに出演するほか、「The Cover … 続きを読む

「光る君へ」第六回「二人の才女」まひろと道長を待ち受ける波乱の予感【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月17日

「私は道長さまから遠ざからなければならない。そのためには、何かをしなければ。この命に、使命を持たせなければ」  NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月11日に放送された第六回「二人の才女」で、主人公まひろ(吉高由里子)が自分の思い … 続きを読む

北原里英「自分のお芝居を見つめ直すいい機会に」 全編アドリブ劇の異色ミステリーに挑戦 『劇場版 マーダー★ミステリー 探偵・斑目瑞男の事件簿 鬼灯村伝説 呪いの血』【インタビュー】

映画2024年2月17日

 元AKB48のメンバーで、現在は女優として活躍するほか、昨年は作家デビューも果たした北原里英。彼女が新たに挑んだのは、全編台本なしの即興劇(=アドリブ)で繰り広げられる異色ミステリーだ。推理小説の登場人物となった参加者が、話し合いながら事 … 続きを読む

【週末映画コラム】長尺映画を2本。ビクトル・エリセ31年ぶりの新作『瞳をとじて』/アリ・アスターの頭の中をのぞいてみたくなる『ボーはおそれている』

映画2024年2月16日

『瞳をとじて』(2月9日公開)      ミゲル・ガライ監督(マノロ・ソロ)の映画『別れのまなざし』の撮影中に、ミゲルの親友で主演俳優のフリオ・アレナス(ホセ・コロナド)が突然失踪し、行方不明に。状況からみてフリオは自殺 … 続きを読む

Willfriends

page top