【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

2021年1月22日 / 08:00

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書き下ろし、自身の演出で何度も上演しているが、今回は演出に映像ディレクターの大根仁を指名。関ジャニ∞の横山裕が主演し、大倉孝二、森川葵、秋山菜津子が共演する。今回は、アキトシ役を演じる大倉に、作品への意気込みや仕事への姿勢について聞いた。

アキトシ役の大倉孝二

-「マシーン日記」は、これまで何度も上演されていますが、過去の作品はご覧になりましたか。

 出演が決まってからDVDで見させていただきました。出ると決まってから見たので、やっぱり俯瞰(ふかん)しては見られず、役者さんの芝居について、「この人すごいなあ」「よくこんなことを思いつくなあ」と思いながら見ていました。

-大倉さんが演じるアキトシの弟・ミチオを演じる横山裕さんの印象を教えてください。

 横山くんとはビジュアル撮影と取材のときに話したのですが、動物的にいろいろなものを測ろうとしている印象を受けました。「この人はどういう人なんだろう?」「どういう考え方をしているんだろう?」と。その人の本質を見極めているというか…。直感タイプなところが僕と近いなと思いました。きっと、お芝居に対してもそうなのではないかと思います。「マシーン日記」がどういう作品なのか、そもそも演劇とは何なのか…と考えながら、飛び込めるタイミングを狙っているのではないかと勝手に予想しています。これから稽古が始まるので、楽しみです。

-演出家の大根仁さんとタッグを組むのも初めてですが、どのような気持ちで挑みたいですか。

 「取りあえずやってみること」を意識したいです。「これをやりたい!」「こういう芝居をしたい!」と考えるのではなく、まず、やってみることを大切にしたいな、と。作品はみんなで作り上げるものですし、いい悪いの判断は大根さんに委ねながら作品を作っていきたいです。

-「取りあえずやってみること」を、演じる上で大切にしているんですね。

 だんだんと、そういう考えになってきました。経験を積む中で「こういうふうにやりたいと思ってできることではない」と感じて、そう思うようになりました。もちろん、今でも「こういう芝居をしたい」という気持ちはあります。ですが、そのときに何かをやろうと思ってもできるわけではなくて…。舞台に立っている時間も、ずっと続いている人生の一部でしかないことを実感してきたんだと思います。常に全力でいることしかやれることはないし、熱意だけは落とさないようにしたいです。

-どれもつながっていて、演じている瞬間も大倉さんの人生の延長線上にある感覚なんですね。

 そうです。だから「無理しているなあ」と思います。だって、思ってもいないのに、怒ったり、笑ったり、泣いたりしないといけないじゃないですか。呼吸しているように演じられる人もいるけど、僕は毎日無理しています(笑)。松尾さんのように、演じるだけではなく演出をすることもあるのですが、書いて、演出して、演じて…と、それぞれ頭を使う部分が違うので、全部やっている松尾さんは本当にすごいなと思っています。

-「無理しているなあ」と思いながらも続けられるのは、なぜなのでしょうか。

 お芝居の現場で打ちひしがれたことは、お芝居の現場でしか回収できないと思っているからでしょうか。もちろん大変なときもあるし、「向いていない」「やめたい」と感じることもありますが、「次はそんな自分の気持ちを回収できるように頑張ろう」と思えるから続けられています。それに、面白いものを作っている現場にいるときは、演じる、演じないとは関係なく、その空間にいられる喜びもあります。「ここで面白いものが創作されて、世に出るんだ」とわくわくしますし、その場に参加できていること自体が幸せです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】一人の人間が他者に与える影響力の大きさを知らされる『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』

映画2021年3月4日

 ベトナム戦争にまつわる実話を、ユニークな視点から描いた『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』が3月5日から公開される。タイトルは、エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説の一節「最後の全力を尽くせ」から取られている。監督・ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 世にも奇妙な君物語」黒島結菜「『これをやるのは嫌だな…』と思ったぐらい不気味で奇妙な話」 朝井リョウ原作のオムニバスドラマに主演

ドラマ2021年3月3日

 『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウの小説を原作にしたオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」が、3月5日からWOWOWで放送開始となる(全5話/第1話無料放送)。世の中を鋭い視点で見つめた斬新なアイデアを … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

舞台・ミュージカル2021年3月3日

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービ … 続きを読む

【インタビュー】映画『NO CALL NO LIFE』優希美青&井上祐貴、期待の若手俳優が挑む「若さ故の危うい恋」

映画2021年3月3日

 ホリプロ60周年を記念した映画『NO CALL NO LIFE』が3月5日から公開される。本作は、壁井ユカコの同名小説を原作に、親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の、痛いほどに切ない恋を描いた青 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

amazon

page top