【インタビュー】舞台「フリムンシスターズ」松尾スズキ「人を前にして笑わせたい、ということにこだわっているんだと改めて思いました」

2020年10月18日 / 06:00

 松尾スズキが、作・演出を務めるCOCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」が10月24日から開幕する。本作は、故郷・沖縄での忌まわしい過去を記憶から消し去り、東京の西新宿で暮らす女と、そこで出会った絶不調のミュージカル女優、女優の親友のゲイら、“狂った人間(フリムン)”たちが歌って踊るエンターテインメント。長澤まさみ、秋山菜津子、阿部サダヲらが出演する。松尾に、本作が誕生したきっかけや、本作に込めた思いを聞いた。

作・演出の松尾スズキ(ヘアメイク:遠山美和子(THYMON Inc.)/スタイリング:安野ともこ(CORAZON))

-シアターコクーンでは4年半ぶりの新作になりますが、本作はどんな発想から生まれた作品ですか。

 コクーンの芸術監督になって、新作を書き下ろそうとなったときに、ミュージカル「キャバレー」でご一緒した長澤さんに新作を書きたい、という思いがまずありました。同時に、秋山さんともしばらく新作をご一緒していなかったので、秋山さんを加えて、阿部を入れた3人が柱になる音楽劇をやれたらというのがスタートでした。女性同士の友情の話が好きなので、そういった話を書きたいな、という思いもあったんです。

-個性豊かなキャラクターたちはどのようにして出来上がったのですか。

 秋山さんは、僕が以前に撮った映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』という作品で、砂山美津子という、たちの悪い女優の役を演じてくれたのですが、その美津子が、今度は舞台に立ったらどうなるだろうというところから生まれました。そこに、その女優のファンだった女と、その女優にこびへつらってお小遣いを巻き上げようとしているゲイが登場し、絡んでいくことで、ファナティックな状態になっている瞬間を書きたかったんです。

-タイトルにある「フリムン」という言葉は、どこから生まれたのですか。

 「友情が沸騰する瞬間」の精神状態を表す言葉として使ったのですが、これは(島尾敏雄の)『死の棘』という小説に出てくる言葉で、 “何かに取りつかれたような状態”を指すそうです。この物語を考えていたときに、その言葉を思い出して、長澤さんの役は沖縄出身なので、同じ沖縄の言葉を使うのは面白いな、と。

 そこからさらに発展していき、沖縄出身の女性を登場させるならば、「ユタ」というシャーマンの存在を出そうと考えました。ユタは、先祖や霊の存在が日常生活の中に混在しているような状態の方々ですが、そういう方が実際に沖縄にいるということが僕にはすごく不思議で、同時にすごく面白い。それで、長澤さんは沖縄出身で、先祖にまとわりつかれて面倒くさい状態になっている女という設定が出来上がりました。秋山さんは、昔、自分の妹を車ではねてしまった、というトラウマを持っている女優。阿部は、10年前に2億円の宝くじを当てたのに、それを恋人に持ち去られてしまったゲイ。どこか欠落を抱えている3人がそろったときに、化学反応を起こして大きな生命のエネルギーを生むという話が、そこから出来上がりました。

-ミュージカルとして描いたことにはどんな狙いがあるのですか。

 もともとコクーンで、いろいろな生音が入る舞台を試していたんです。それは「キレイ-神様と待ち合わせした女-」から始まったものだったのですが、「キレイ」から20年たち、ここで試行錯誤の答え合わせをしたいという思いがありました。それで、もう1作ぐらいは本格的なミュージカルを作りたいと考えていたのですが、今回、新型コロナウイルスの影響で、図らずも時間がたっぷりできてしまい、音楽劇というには歌が多過ぎるほどできてしまったので(笑)。それで、今回はミュージカルと名乗ることで、自分の退路を断って作り上げることにしました(笑)。

-普段よりもたっぷりと時間をかけたことで、手応えも大きいのでは?

 いや、日々、状況が変わっていたので、書いては直して、書いては直して…の繰り返しでした。書いているのは、未来でも過去の話でもない、現在の話だったので、「今」が動き続けているというのは、大変な状況でした。その時々の僕の気分はどうしても反映されるものなので、情勢が変われば気分も変わってしまう。今年は、劇作家殺しの1年です(笑)。

-では、長澤さん、秋山さんには、どのような期待がありますか。

 秋山さんは、本格的なコメディー演技は久しぶりだと思います。長澤さんに至っては、もしかすると初めてかもしれない。でも、長澤さんは「キャバレー」でご一緒した時も、台本にないギャグで毎回、笑いを取っていたので、コメディーセンスがすごくある方だと思います。本気でばかをやったら絶対に面白くなるという確信があります。

-阿部さんについてはいかがですか。

 このところ、コクーンで阿部とやるときは、テーマを仕込んだ、重いものを背負う役が多くなってきたので、今回はコメディーセンスを全開にしたものを見せてもらいたいと思っています。切ない部分もありつつ、阿部が笑わせるところをいっぱい見たいと思って、そういうせりふをたくさん入れています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top