【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

2021年1月13日 / 10:00

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたドラマ。テンコを演じるのは、『かもめ食堂』(05)、「コートダジュールN゚10」(17)など、自然体の演技が独特の魅力を放つ小林聡美。毎回の多彩なゲストとの共演も見どころとなる本作の舞台裏を聞いた。

テンコ役の小林聡美

-全体に緩やかな時間が流れていて、ほっとするドラマですね。

 日常では、やらなければいけないことも多く、時間に追い立てられたりするのは仕方のないことかもしれません。でも、ちょっと目線を変えたり、見方を変えたりするだけで、目の前には緑があって、風が吹いていて、鳥が鳴いていて…。そういうことに気付くきっかけになる風景がいっぱいあるドラマだと思うんです。見てくれる方が、そういうふうに自分自身を緩めてあげられるような時間になればいいな…と思っています。

-今は、コロナ禍で日常が殺伐としがちですが、そういう点でも気持ちを癒やしてくれる気がします。

世界中で、人と距離を詰めるのが難しくなっている今、あんなふうに面と向かって、じっくり話をするのは現実的ではないかもしれません。でも逆に、このドラマを通して、そういう豊かな時間を一緒に体験していただけたらいいですよね。

-そんな物語の主人公・テンコさんの魅力は、どんなところだと思いますか。

 人をさりげなく迎え入れてあげられるところです。私は、人が家に来るとなったら「どうしよう…? これでいいの…?」と、おどおどしちゃいますけど、テンコさんは「いつ来ても大丈夫」といった感じで、初めて会ったお客さんにも安心感を与えて、いろんなことを話し合える。そういう“人間力”みたいなものは、すごいな…と。

-小林さんにも、テンコさんのように暮らしを楽しんでいるイメージがありますが。

 自分なりに暮らしは楽しんでいますけど、私はあんなに面倒見が良くないですし、部屋を整頓して、丁寧に食事を作って…みたいなことも全然。テンコさんとの共通点といったら、一人でいる、という境遇ぐらいで(笑)。

-テンコさんが小林さんそのものに見えたので、その答えは意外な気がします。

 私も子どもの頃に、お母さん女優として人気のあった方が、「私、おみそ汁なんか作ったことないわ」と言っているのを聞いて、「ええーっ!」と、すごいショックを受けたことがあります(笑)。きっと、そういうことなんでしょうね。

-第4話の、テンコさんが一人でご飯を食べるシーンも印象的でした。台本ではト書き2行だけの場面を、ものすごく長く時間をかけて撮っている上に、せりふもないのにテンコさんの心情がにじみ出ていて…。

 あれは私もびっくりしました。「長く撮っているけど、使うところは一部だけなんだろうな…」と思っていたのに、あんなに長く使われるとは(笑)。ただ、演じる上では「テンコさんだったらこう食べる」みたいな細かい分析をしたわけではないんです。それまでテンコという役をやってきたので、無意識に役として食べるようになっただけで。それが、あんな感じなんだろうな…と。

-すごく幸せそうに見えました。

 一人で気楽においしいものをたっぷり味わって「うれしいな」というときもあれば、「これ、誰かと一緒に食べられたらうれしいのにな」と思うときもありますよね。そんなふうに、常に一人で食べるご飯が楽しいわけじゃないですけど、一人で食べている人たちに、「一人で食べるのも、まんざら悪いものじゃないな」って寄り添うようなシーンになっていたらいいですね。

-舞台になるのは、静かな山奥にあるペンションですが、撮影の思い出は?

 去年の夏、長野で半月ぐらいかけて撮影したんですけど、スケジュール的にはすごくタイトだったんです。その日の芝居を終えたらすぐ、次の日のせりふを覚える…みたいな状況で。頭がパンパンで、同じ分量の仕事を東京でやっていたら、ものすごいストレスで病んでいただろうな…と思ったぐらいです。でも、あの場所には、いるだけで自然と癒やされる雰囲気があったんですよね。おかげで、物理的には大変でしたが、気持ち的には安心して仕事することができました。

-毎回の多彩なゲストの顔ぶれも見どころですが、印象的なエピソードは?

 役所(広司)さんが第1話のゲストなんですけど、撮影は一番最後だったんです。そうしたら、それまでは座って話をするようなシーンが多かったのに、役所さんがいらっしゃった途端、急に派手なアクションシーンになって。「これ、こういうドラマだったっけ?」と思うぐらい、テストのときから全開で走り回ってくださって、すごく楽しかったです(笑)。

-第5話の光石研さんとのミュージカルシーンも楽しいですね。

 あれも「これは大丈夫?」と思ったんですけど、松本(佳奈)監督のセンスを信頼して。照れたりして変に中途半端になると、せっかくのシーンが台無しですから、振り切ってやりました(笑)。でも、監督も面白がってくださったみたいで、笑っていたので「よかったな…」と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」孤立を深める信長の姿に見る大河ドラマの演出の妙

ドラマ2021年1月12日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月10日放送の第四十回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」は、タイトル通り、織田信長(染谷将太)に反旗を翻した松永久秀(吉田鋼太郎)が所有する名物茶器・平蜘蛛を巡る物語が繰り広げられた。その中で … 続きを読む

page top