【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

2021年1月13日 / 10:00

-小林さんと松本監督は『マザーウォーター』(10)や「コートダジュールN゚10」などでこれまで何度も組まれていますが、松本監督の印象は?

 松本さんは、初めてお仕事したときから、ちょっととぼけた独特のユーモアがすごく好きで。それが若い頃からの彼女の味だったんですけど、最近は30代半ばになって、ますますいい味が出てきたな…と。現場でもひょうひょうとしているんですけど、監督が面白がって笑っていると、こっちも安心できますし。

-時間がたって、相性がさらによくなってきたと?

 そうですね。じっくり話し合ったりすることは今もあまりないんですけど、信頼感みたいなものは作品ごとに深まっているような気がします。

-最後に、小林さんの考えるこの作品の見どころを。

 「こんなところで暮らしたら、本当に気持ちいいんだろうな」という体験を、このドラマを通してしていただけたらな…と。ご覧いただく方がどう感じるかは、私の手を離れていることなので、まずは毎回、ゲストを迎えて気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら…と思っています。

(取材・文・写真/井上健一)

「ペンションメッツァ」

 WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」1月15日(金)WOWOWプライムでスタート。毎週金曜深夜0時放送・配信【第1話無料放送】第1話放送後、WOWOWオンデマンドで全6話一挙配信。

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top