「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

2019年5月19日 / 20:50

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば損な役回りを引き受ける人間味あふれるキャラクターとして描かれている。ユーモアたっぷりに可児を演じる古舘寛治が、役に込めた思いや「憧れの俳優」と語る役所広司との共演のエピソードなどを語ってくれた。

可児徳役の古舘寛治

-大日本体育協会内で、嘉納治五郎とほかの面々の板挟みになる中間管理職的な可児は、視聴者の共感を得やすいキャラクターだと思います。古舘さんご自身はどう感じていますか。

 とても共感しやすいです。組織の中で働き、時には愚痴を言ったり、酒を飲んで憂さ晴らしをしたり…。僕や視聴者の皆さんと一緒で、ごく普通の社会人として描かれているので、全面的に共感してしまいます。おかげで、楽しく演じることができます。

-穏やかな可児と厳格な永井道明(杉本哲太)は対照的な性格ですが、時には一緒に酒を飲んで愚痴を言い合うなど、2人のユーモアあふれるやりとりも見どころですね。

 永井さんとのやりとりは、可児の見せ場でもあります。宮藤官九郎さんが書かれた面白い脚本を、どれだけ面白く表現できるか。僕にとってはそこが勝負。できるだけいい芝居にしたいので、哲太さんと入念にせりふ合わせをして撮影に臨んでいます。

-SNSでも、「古館さんのお芝居が面白い」と好評です。

 俳優は見てくださる方がいて初めて完結する仕事なので、「面白い」と言っていただけるのは、とてもうれしいです。僕もSNSをやっていますが、そういう感想は、演じる上でものすごく力になります。

-可児は留学でダンスを学び、かなり印象が変わりました。演じる上では、そういう変化をどう考えていますか。

 俳優は一つ一つの場面をきちんと演じることが大事で、そういう変化を意識する必要はないのでは…というのが僕の考えです。大切なのは、「その役が何を欲して、どこへ向かっているのか」ということ。その意識さえきちんと持っていれば、どんなことをしてもその役でいることができます。それが可児の場合、よりよい体育教育を目指す、嘉納治五郎の理想のために尽くす、といったことになります。それさえ押さえておけば、たとえタイツを履いて踊っていても、可児でいることはできますから。宮藤さんの脚本も素晴らしいので、僕はそこに書かれていることをきちんと演じることだけを心掛けています。

-宮藤官九郎さんの脚本の魅力とは?

 宮藤さんの脚本は、一つ一つの場面が説明的でなく、とても面白く書かれているのが特徴です。同じようなシーンでも、せりふや細部に気を配って書かれていると、面白さは段違い。一見、気付きにくいところですが、簡単にできることではありません。それによって、芝居の良し悪しが変わってきますし、実力以上の芝居が生まれることもあります。ストーリー展開や全体の構成はもちろんですが、宮藤さんの脚本はその点がとても優れていると感じます。

-可児は嘉納治五郎と一緒の場面も多いですが、役所広司さんと共演した感想は?

 大河ドラマでこんなに長い間一緒にいられるなんて、自分はどれほど幸運なのか…と(笑)。実は、僕にとって役所さんは、中学生の頃から憧れの俳優でした。初めて役所さんを知ったのは、大河ドラマ「徳川家康」(83)。織田信長を演じる当時20代の役所さんの姿に、ものすごい衝撃を受けました。他の俳優とは明らかに違う存在感があって…。それ以来、日本の俳優の中で最も憧れてきた方です。そういう意味で、僕にとっての役所さんは、まさに可児徳にとっての嘉納治五郎。嘉納先生を尊敬し、その下で働く可児の姿には、役所さんに対する僕の気持ちがそのまま表れています(笑)。

-そのお話は、役所さんには?

 もちろんしました。この作品の前にも『キツツキと雨』(11)という映画でご一緒したことがあるので。そのおかげか、僕のことをかわいがってくれます。ありがたいですね(笑)。実は僕は、役所さんのなじみのすし屋で働いていたこともあるんです。その話をしたら、「今度一緒に」と誘ってくれたので、楽しみにしています(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top