役所広司「松坂桃李は俳優40周年のときは全裸で仕事…」 松坂「今回、そういうシーンはありませんから!」

2018年5月12日 / 16:00

相棒役を演じた役所広司(左)と松坂桃李

 映画『孤狼の血』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也、阿部純子と白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏が出席した。

 本作は、昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざがそれぞれの正義と誇りを胸に、生き残りを懸けて戦う様子を描いたハードボイルド作。役所が主人公のベテラン刑事・大上を、松坂がその相棒となる新人刑事・日岡を演じた。

 今年“俳優生活40周年”を迎えた役所は「ギリギリ体力が持ったかな…と。この作品に40年目に出会えてとても幸せでした」と感慨深げにコメントした。

 続けて「さっき松坂くんに『(デビューの)40年後は幾つ?』と聞いたら『60』と言っていた。僕のほうがちょっと上ですね」と笑うと、「松坂くんも40周年のときは、全裸で仕事をしているんじゃないでしょうか」と、公開中の映画『娼年』での“脱ぎっぷり”が話題となっている松坂に向かって冗談を飛ばした。

 すると松坂は「今回、そういうシーンはありませんから!」と慌てた様子を見せて会場の笑いを誘った。

 映画『日本のいちばん長い日』でも共演している2人。改めてお互いの印象を問われた役所は「松坂くんはかっこいいですからね~」と目を細めつつ、「自分の役をラストシーンまで繊細に積み重ねていく、ちゃんとしたプランを持った素晴らしい俳優さん。真っすぐな目の力が、共演者としても頼もしいです」と絶賛した。

 この言葉を受け、松坂は「恐れ多いです」としながらも、「自分が30になる節目で、もう一度役所さんと共演できたことがうれしい。僕の中では忘れられない、すごく特別な作品となりました」としみじみ語った。

 さらに役所に抱く思いを問われると「今回はバディ(相棒)という役柄の関係性もあり、勝手ながら親のような、師匠のような、そして大先輩といった、いろんなものが混ざっていますが、一番感じたのは、やっぱり大きくて、分厚く、そして遠いな…というのは感じました。かけがえのない時間でした」と語った。

(左から)音尾琢真、中村倫也、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子、ピエール瀧


芸能ニュースNEWS

「恋ぷに」スペシャル 石原さとみと綾野剛が“感動の再会” 「幸福感に包まれた楽しいドラマだった」

ドラマ2021年6月17日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はもっとDeepに -運命の再会スペシャル-」(日本テレビ系)が、16日に放送された。  本作は、海洋学者として地上で暮らす“人魚”の海音(石原)と、ツンデレ御曹司の倫太郎(綾野)の恋模様を描く「恋 … 続きを読む

北川景子「リコカツ」最終回は「きれいごとではない終わり方」 「ラストシーンまで誰がどうなるか分からない」

ドラマ2021年6月17日

 金曜ドラマ「リコカツ」(TBS系)の取材会が8日、オンラインで行われ、主演の北川景子が取材に応じた。  本作は、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”をした出版社勤務の咲(北川)と自衛官一家の長男・紘一(永山瑛太)の離婚から始まるラブストー … 続きを読む

千葉雄大「ウサギに懐かれる体質で…」 「魔性カリスマタイプ」と診断される

映画2021年6月16日

 映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』ぎっしりうさぎ“特盛”まみれイベントが16日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた千葉雄大、哀川翔、カジサックが登場した。  本作は、ビアトリクス・ポターの名作絵本を実写映画化した『 … 続きを読む

「着飾る恋」“駿”横浜流星VS“シャチ”向井理 「今週は完全に向井理に持っていかれた」

ドラマ2021年6月16日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第9話が、15日に放送された。  くるみ(川口)と駿(横浜流星)は、2人でレストランデートに出掛けるはずだったが、駿が仕事で時間に間に合わず、くるみは“シャチ”こと祥吾(向 … 続きを読む

「大豆田とわ子と三人の元夫」最終話に絶賛の声 「脚本の坂元裕二の真骨頂を見た気がした」

ドラマ2021年6月16日

 松たか子が主演するドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)の最終話が、16日に放送された。  とわ子(松)は考え抜いた末、小鳥遊(オダギリジョー)との4度目の結婚には踏み切らず、一人で生きていく道を選んだ。  とわ子の … 続きを読む

amazon

page top