役所広司「松坂桃李は俳優40周年のときは全裸で仕事…」 松坂「今回、そういうシーンはありませんから!」

2018年5月12日 / 16:00

相棒役を演じた役所広司(左)と松坂桃李

 映画『孤狼の血』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の役所広司、松坂桃李、江口洋介、真木よう子、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也、阿部純子と白石和彌監督、原作者の柚月裕子氏が出席した。

 本作は、昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざがそれぞれの正義と誇りを胸に、生き残りを懸けて戦う様子を描いたハードボイルド作。役所が主人公のベテラン刑事・大上を、松坂がその相棒となる新人刑事・日岡を演じた。

 今年“俳優生活40周年”を迎えた役所は「ギリギリ体力が持ったかな…と。この作品に40年目に出会えてとても幸せでした」と感慨深げにコメントした。

 続けて「さっき松坂くんに『(デビューの)40年後は幾つ?』と聞いたら『60』と言っていた。僕のほうがちょっと上ですね」と笑うと、「松坂くんも40周年のときは、全裸で仕事をしているんじゃないでしょうか」と、公開中の映画『娼年』での“脱ぎっぷり”が話題となっている松坂に向かって冗談を飛ばした。

 すると松坂は「今回、そういうシーンはありませんから!」と慌てた様子を見せて会場の笑いを誘った。

 映画『日本のいちばん長い日』でも共演している2人。改めてお互いの印象を問われた役所は「松坂くんはかっこいいですからね~」と目を細めつつ、「自分の役をラストシーンまで繊細に積み重ねていく、ちゃんとしたプランを持った素晴らしい俳優さん。真っすぐな目の力が、共演者としても頼もしいです」と絶賛した。

 この言葉を受け、松坂は「恐れ多いです」としながらも、「自分が30になる節目で、もう一度役所さんと共演できたことがうれしい。僕の中では忘れられない、すごく特別な作品となりました」としみじみ語った。

 さらに役所に抱く思いを問われると「今回はバディ(相棒)という役柄の関係性もあり、勝手ながら親のような、師匠のような、そして大先輩といった、いろんなものが混ざっていますが、一番感じたのは、やっぱり大きくて、分厚く、そして遠いな…というのは感じました。かけがえのない時間でした」と語った。

(左から)音尾琢真、中村倫也、江口洋介、役所広司、松坂桃李、真木よう子、ピエール瀧


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top